就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

節約しながらでもできるおしゃれ術!化粧品や洋服購入のコツも紹介

節約しながらでもできるおしゃれ術!化粧品や洋服購入のコツも紹介

子どもができると、将来のことを考えて節約しようと思うママが多いのではないでしょうか。一方で、ママになってもおしゃれをしたい、綺麗でいたいと思うのが正直なところですよね。そこで今回は、こだわると費用がかさみがちな化粧品代や洋服代を節約しながらも、しっかりとおしゃれできる方法についてご紹介します。

スキンケア重視の美肌で化粧品代を節約する

洗顔料を使わないのが肌にも財布にも優しい

洗顔料を毎日使っていると、1回の使用量が少なくてもあっという間になくなってしまいますよね。低価格にこだわり過ぎると、肌に合わないことも多く、結局は有効成分が入った高価なものを買っているというママもいるのではないでしょうか。

洗顔料を使ったほうがよいのか使わないほうがよいのかは、元々の肌の質や状態によって変わってきますが、人によっては使わないほうが肌に優しい場合があります。

それは、乾燥肌の人や皮脂の分泌が少ない人です。このような人が洗顔料を使って洗顔をすると、肌をコーティングしていた皮脂膜まで洗い流されてしまい、外部からの刺激を受けやすくなるでしょう。水やぬるま湯だけで洗顔してみて調子がよければ、その分節約にもなりますね。

高級エステよりオリーブオイルのマッサージ

乾燥肌やシミ、しわの予防として、エステに通ったり美容オイルを使ってマッサージしたりしているママも多いのではないでしょうか。しかし、エステは1回通うだけでもそれなりのお金がかかりますし、美容オイルも希少植物由来のものなどは高いですよね。

そこで、オリーブオイルを使って家庭でも節約しながらマッサージを楽しみましょう。食用で使われるのが一般的なオリーブオイルですが、実は肌とも相性がよく潤いの保持に役立ちます。

スキンケアで使う際は「エキストラバージンオリーブオイル」を選ぶとよいでしょう。抗酸化作用が高く、アンチエイジングなどにも効果が期待できます。オリーブオイルは、栓を開けた時点から少しずつ酸化が始まるので、できるだけ新しいものを使うのがおすすめです。

無添加のスキンケアコスメを手作りしよう

スキンケアのために化粧水は欠かせないアイテムですよね。保湿成分やニキビ予防のための殺菌成分、アンチエイジング効果のあるものなど、市販のものは自分の目指す肌に合わせて選ぶことができます。

肌への負担を考え、添加物フリーの化粧水を使っているママもいると思いますが、比較的高価なものが多く、節約したいママにとっては気になるところでしょう。そのようなときは、手作りの化粧水がおすすめです。

グリセリンと精製水を使えば、簡単に無添加の化粧水を作ることができます。作り方は、熱湯などで消毒した容器に、グリセリン1に対して精製水を9加えるだけです。無添加なこともあり日持ちはしませんが、どちらもドラッグストアなどで手に入る材料なので、ぜひ試してみてくださいね。

家族が笑顔になれる!おしゃれな家づくりを提案する「モリタ装芸」

PR

一生で一度の大きな買い物のマイホーム。「おしゃれなお家」「子どもとコミュニケーションが取りやすい間取り」「低予算で納得できるお家」など様々な思いが込められる家づくり。そんな思いを形にし、注文住宅からリノベーションまで住まいの提案を行っている「モリタ装芸」を紹介します。

節約おしゃれの購入術とコーデ術を紹介

購入するときは1着で4コーデができるか

可愛いと思って買った洋服でも、家に帰って手持ちの洋服と合わせてみると、どれもしっくりこなくて結局はあまり出番がないという経験はありませんか?ストレスが溜まったときに気晴らしで買った洋服や、たまたま立ち寄った店で一目惚れして買ったものは、実用性まで考えていないことが多く無駄遣いの原因になってしまうかもしれません。

長く愛用できる洋服を購入するためにも、目に留まった洋服は4コーデできるか考えてみましょう。事前にクローゼットの中を見渡してから買い物に行くと、お店でコーディネートを考えやすくなります。

流行のアイテムはデザインが特徴的で着回しが難しい場合もあります。店員さんにアドバイスをもらいながら考え、本当に買うべき1着を見つけられたらよいですね。

買うもので質重視か値段重視かを変える

洋服には、オールシーズン着回せる定番ものと、そのときの流行ものがあります。例えば、シンプルなニットや無地のトップス、黒のパンツやデニムなどが定番ものにあたるでしょう。流行ものよりもこうした定番ものを多めに持っておくことが節約のコツといえます。

また、何年も活躍することができる定番ものは、少しお金をかけて質の高いものを揃えるとよいでしょう。質を重視することで、出番が多くても劣化しにくい耐久性が期待できます。

反対に、流行ものの洋服は長くても1年後には型遅れとなって着なくなることが予想されます。そのため、こうした服は短期間だけ着る覚悟で、値段を重視して購入するとよいでしょう。質か値段か、洋服の位置づけによってメリハリをつけることが大切です。

アクセサリーで変化をつけておしゃれをする

洋服の枚数が少なくても、アクセサリーや小物のバリエーションがあると一気に雰囲気が変わり、おしゃれになります。人と会ったり会話したりするときには上半身が注目されやすいので、特にピアスやネックレスなど、顔周りのアクセサリーは雰囲気の異なるものをいくつか揃えておくと便利です。

また、スカーフやストールなどの小物で印象を変えることもできるでしょう。こちらはさりげなく可愛いアクセサリーとは違って華やかな雰囲気になります。

小物やアクセサリーであれば、洋服ほどお金をかけなくてもおしゃれで可愛いものが見つかるので探してみましょう。ただし、シンプルな服装であってもアクセサリーのつけ過ぎは、混沌とした印象を与えてしまうので注意する必要があります。

節約しててもおしゃれしたいママのコツ

ポイントサイトでポイ活をして購入する

「ポイ活」という言葉は最近話題になってきたので聞いたことはあるかもしれませんが、仕組みまではわからないというママもいるのではないでしょうか。ポイ活は、ポイントサイトで貯めたポイントをギフト券や電子マネーと交換し、それを使って買い物することをいいます。

例えば、ある大手ポイントサイトでは、サイト内に掲載されている広告を通してサービスを利用することでポイントが貯まっていくようです。サービスを利用すればするほどポイントは増えていくので、1日に数十分でもポイ活する時間を取れれば、手持ち金が減ることなく洋服や化粧品を購入できるでしょう。

また、通販サイトで出ているクーポンを使ってお得に買い物をするのもよいですね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事