就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがいるママ必読の育児漫画。泣いて笑って元気になれる漫画9選

子どもがいるママ必読の育児漫画。泣いて笑って元気になれる漫画9選

毎日育児や家事に追われて忙しいママも、一度ゆっくり気分転換してみませんか。忙しいママにおすすめしたい、子育ての合間に一息つける漫画をご紹介します。漫画を読む習慣がないママでも、読めば気持ちが変わるかもしれません。同じ悩みで共感し、笑って泣いてストレス発散できるそんな1冊がきっとあります。

育児中の悩みやあるあるに思わず共感

「ママはテンパリスト」東村アキコ

29歳で出産した東村アキコ先生が、息子ごっちゃんを実際に育てた育児記録を面白いギャグ漫画にした作品です。初めての出産や育児で、なにかと気持ちがいっぱいいっぱいになっているママの様子が描かれています。

たとえば、母乳で育てているときの失敗談や子どもが入院したときの話などでも、大変に思えることなのに笑える表情や言葉で描かれています。この漫画を読むとたくさん笑えて育児の疲れがリフレッシュできますよ。

育児中のママだけでなくパパにも共感できる内容で育児の参考になりますし、悩みや子どもの成長などで自分の子どもと共通することがあり「そういう子どもの行動分かる!うちの子もしてたよね」「しゃべりだしたら大変だったね」などと夫婦の会話が盛り上がる作品です。

「ぼっち育児楽しんでます」鳥頭ゆば

人気ブロガーの鳥頭ゆばさんが、出産や育児のことを描かれた漫画です。旦那さんの転勤で引っ越すことになり、知らない土地でひとりぼっちで育児をしているママの気持ちや様子がリアルに伝わってくる作品。

出産するまでに自分が思い描いていたのは、雑誌に掲載されているような、おしゃれなママで余裕のある子どもとの時間。でも実際は、知らない土地でママ友はなかなかできず、旦那さんの仕事の帰りが遅いという現実の中で生活しているようです。

頼れる家族や友人が近くにいなくて、ひとりで育児を頑張っているママはストレスと不安でいっぱいなのではないでしょうか。ネガティブな気持ちも少し回復させてくれそうなかわいいイラストの漫画です。

「あかちゃんのドレイ。」 大久保ヒロミ

赤ちゃんとママとの日常のやり取りを自虐的に描いている作品です。本当の育児は楽しいことばかりではない、というより大変なことのほうが多いのだろうなということがたくさんあり、共感できる内容になっています。

ママの助けがないと何もできない赤ちゃんの気持ちを汲み取って、何でもいうことを聞いてママなのにドレイのような生活が読んでいて笑えますし、「そういう気持ちになるなる」と自分が育児でイライラしている気持ちが同じで元気をもらえます。

ストレスを抱えたママが言葉の分からない赤ちゃんに対して、まともな話をしているシーンは何度読んでも面白くニヤニヤしながら読み進められます。育児中の息抜きにおすすめの漫画です。

育児と家事と仕事に忙しい働くママ向け漫画

「おにぎり通信~ダメママ日記」二ノ宮知子

2人の息子の育児をしている漫画家の二ノ宮知子先生が、長男を出産してからのことを面白く描いたギャグ漫画です。育児や家事は主にパパがしている家庭の日常で、パパの協力で仕事に復帰して頑張っているママの生活が分かりやすく伝わってきます。

仕事をしているからという理由で育児や家事をパパに任せて、面倒くさいことは何でもうまくパパに頼んでいます。たまには育児をしなければと思い子どもの世話をしたりしますが、普段していないと子どもが懐いてくれなくて泣かれたり、嫌がられたりしているのが「やっぱそうなるよね」と笑えます。

また、次男のときは頑張ろうと母乳で育てた結果、断乳できずに仕事をしにくくなってしまったところなんかに共感できるおすすめの漫画です。

「ひだまり保育園 おとな組」坂井恵理

さまざまな家庭の育児スタイルが1話完結で描かれてる作品です。働くママならひとつは体験し、実感したであろうことがシンプルな絵で描かれています。

基本的には、保育園に通っている子どもがいる家庭の話で、働くママが育児と家事の両立で大変なのにパパが分かってくれなかったり、シングルマザーの大変さだったり、専業主婦のほうが意外に疲れたりなどいろいろな考えが分かります。

育児は楽しく笑えることばかりではなく、つらいことや悩まされることもたくさんありますよね。この漫画には自分と重なる部分があり、悩みを抱えているのは自分だけではないのだと思えることがありますので、育児中のママだけでなくパパにも読んでほしい1冊です。

「眠れぬ森の育児」奥山佳恵

女優の奥山佳恵さんが、実際に妊娠してからの妊婦時期の過ごし方や出産、育児について、オリジナルのイラストと文で表現した一冊。

明るい印象の奥山さんが重度の産後ブルーになるほど大変だったという育児のことを、正直に書かれていて育児中のママに共感できる部分がたくさんあるのではないでしょうか。妊婦時期のことも多く書かれており、育児で疲れているときに読むと、出産前に赤ちゃんが生まれることを楽しみにしていた気持ちを思い出し元気が復活するかもしれません。

ママだからいろいろと我慢して、愚痴をこぼすこともなかなかできないと思っていたけれど、自分だけでなくみんな育児の悩み・イライラを抱えているのだとすっきりした気分にさせてくれます。

子育て中にほっと一息。泣いて笑える漫画

「毎日かあさん」西原理恵子

漫画家である西原理恵子さんが2人の子どもの育児体験をもとに描かれた作品です。平凡な日常にありそうなことが絵や文章で面白く表現されています。

子どもの成長は考えていたより早く、小さくてかわいかった頃から気がついたら反抗期、子離れもしないといけない…そういう感覚が子育て中のママや子育てがひと段落したママに人気。

「うんうん、そんなこともあるよね」「娘ってそういう態度するよね」などと、身近に感じられることがたくさん盛り込まれていて、笑って共感できる部分が多いのではないでしょうか。

そして最後は感動をとどけてくれるのが西原理恵子先生です。14巻までありますがどれも最後はいつも目がうるっとするような気持ちにさせてくれます。

「東京ひよっ子3人暮らし」たかはし みき

イラストレーターのたかはしみき先生が、息子を出産した直後から、1歳半年までの成長と夫婦2人が育児に奮闘している姿を描いた作品です。

初めての育児に備えて妊娠中はマタニティ雑誌や育児本を読んでいろいろ学んでいたのに、いざ自分の子どもの世話をしようとすると、思っていたようにはいかずに苦労してるエピソードが満載。

パパは仕事で帰りが遅く育児にも積極的になってくれないという不満を持つママの気持ちが表現されているのですが、絵と文字の雰囲気がほっこりした感じに見せてくれます。

赤ちゃんの首がすわったり、ハイハイできるようになったりしていく成長の様子が細かく描かれていて、子育て中のママに懐かしさを感じさせてくれます。

「おびえる?子育て日記」 園田花 ヨウ

ブログで子育て日記を描かれていた園田花ヨウさんが、2人の息子を育てる大変さを漫画にした作品です。4コマ形式で描かれていて読みやすいので、育児と家事で忙しいママにおすすめです。

男の子の子育てはこんなにも大変で体力を奪われる感じになるのだと分かります。男の子のママだけでなく、活発な女の子を育てているママでも「うちの子も同じことをするなあ」と共感できる行動や発言があるのではないでしょうか。

ママは常に「今からコレして、次は掃除をして…」などと頭の中で考えていますが、子どもがいると予定通りにはいきませんよね。息子を大切にしながらも、ときどき魂の抜けたような視線を向けてしまう様子にニヤニヤしてしまいます。

まとめ

育児や家事で疲れたときは漫画を読んでリフレッシュしてみるのはいかがでしょうか。育児や仕事が忙しいと誰かに話す時間がありませんよね。

育児漫画は今回ご紹介したもの以外にもいろいろありますので、お気に入りを探してみてください。同じ悩みを抱えながら子育てを頑張っているママがいることが励みになり、落ち込んでいた気持ちやモチベーションが上がりますよ。また、リフレッシュだけでなく漫画の中から育児のコツを学ぶこともできるのでぜひ読んでみてください。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018