就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの砂場遊びはいつから?注意点やグッズと公園以外での砂遊び

赤ちゃんの砂場遊びはいつから?注意点やグッズと公園以外での砂遊び

公園は赤ちゃんやママにとっては大切な憩いの場です。なかでも砂場は小さい子どもに大人気ですね。泥んこになって遊ぶ姿は可愛らしいですが、いつごろから砂遊びをさせてもよいのでしょうか。砂場で遊ぶときの注意点や楽しい砂場グッズのアイデアを集めました。

赤ちゃんが砂場遊びをはじめる時期と注意点

赤ちゃんの砂場遊びはいつからがいいの?

公園デビューを果たし、外の景色を眺めるだけだった赤ちゃんも徐々に遊具や砂場で遊びたい気持ちが芽生えます。お座りや立つことができるようになれば、砂場で遊ぶこともできるようになります。

早い子であれば生後9カ月ごろから砂遊びをはじめることができますが、なんでも口に入れてしまううちはちょっと待った方がよいかもしれませんね。多くのママの経験では、1歳から1歳半ごろになると砂を口に入れることなく遊ぶことができるようになったそうです。

とはいえ、まだまだ興味本位で砂や石、砂まみれのおもちゃを口に入れてしまうことも考えられますので、ママは近くで目を離さないように見守りたいですね。3歳ごろになればお友だちと仲よく砂遊びができるようになります。

砂場の状態を確認してから遊ぼう

砂場はどこの公園にもある定番ですが、その管理がどうなっているかはそれぞれ大きく違います。地域住民の意識によっては、毎日夕方になるとビニールシートをかぶせるようにしている公園もあります。

これは、猫の排泄を防ぐためで、夜の砂場は野良猫たちの格好のトイレになってしまうからです。猫の糞だけでなく、たばこの吸い殻やガラスの破片、枯れ葉などのゴミにも注意が必要です。

定期的に掃除がされている、年に一度砂の入れ替えをしているかどうかも砂場を選ぶポイントです。衛生的に管理されている公園や砂場はママにも信頼され子どもたちが多くいます。

自宅から少し遠くても、子どもが毎日遊ぶ場所ですので、安全に遊べる砂場を探したいですね。

ママは赤ちゃんから目を離さない

砂場の砂の中には猫の糞やゴミも紛れていることがあるため、ママは赤ちゃんが口に入れないかひやひやしますがしっかりそばについていれば誤食を防ぐことができます。衛生的な心配ももちろんありますが、砂場は人気の遊び場なのでほかの子どもも多く遊んでいます。

小さな赤ちゃんから活発な幼児までいますので、ときにはおもちゃの取り合いになったり、砂をかけられて目に入るなどのアクシデントに見舞われることも。そんなときにママが近くで見守っていれば、事故を未然に防いだり、ケンカになる前におもちゃの譲り合いを促すことができます。

こうしたトラブルはよくあることですが、このときの対応次第でよいママ友ができるきっかけにもなりますので冷静な対応を心がけましょう。

赤ちゃんとの砂場遊びに活躍するグッズ

赤ちゃんに人気の砂遊びセット

砂遊びは砂のざらざらした感触、さらさらと流れる動きなどを感じるだけでも楽しいものですが、スコップやバケツなどがあるともっと楽しくなります。公園に行くなら、砂場遊びの定番がそろった「砂遊びセット」は一つそろえておきたいですね。

バケツ、スコップ、シャベル、じょうろがセットになったものが多く、カラフルで小さな子どもの手にも持ちやすい大きさです。人気のキャラクターがモチーフになった型がついているものもあります。

砂場セットはほかのおもちゃと違って飽きることなく長く使えるのもポイントです。また、同じものがいくつあっても同じ砂場で遊んでいる子どもとシェアすることができるので、たくさんの砂場グッズを持って遊びにくる子もいますよ。

家庭にあるものでも砂遊びができる!

砂場セット以外でも砂場で楽しく遊ぶことができます。むしろ、家庭で何気なく使っているものの方が喜ぶ子どももいるほどです。

とくにキッチンで使わなくなったお玉やしゃもじ、子ども用のスプーンやフォークなどは砂場でのおままごとに最適です。砂を食材に見立てて、お皿に盛ったりお茶を淹れてくれることもありますよ。

空のペットボトルや牛乳パック、ゼリーやプリンのカップも定番です。砂を入れてシャカシャカ振ったり、砂を入れて型抜きしたりと子どもの自由な発想で遊ぶことができます。

家庭の中で使わないものや捨てるものがあったら、一度砂場で使えるかどうか考えてみてもよいかもしれませんね。ただし、ケガの危険性があるため、壊れたものの利用は避けましょう。

服が汚れるのを防ぐスモックや砂場着

子どもが砂場で遊ぶようになると、なぜか自宅まで砂だらけになってしまうことがあります。子どもの靴の中やポケットから大量の砂が出てきたという経験をしたママも多いのではないでしょうか。

砂場で遊ぶときの醍醐味といえば、豪快に服を汚して泥まみれになることです。水を使って砂遊びをするのは子どもにとってこれ以上ない楽しさです。

泥んこの服や靴下をみるとママもげっそりしますが、少しでも負担を減らすため砂場用のスモックや砂場着を用意しましょう。砂場着とは、撥水加工がされたロンパースタイプで思いっきり遊んでも中の服が汚れません。

砂だらけの服を洗濯すると洗濯機が壊れる可能性もありますので、予洗いするかしっかり砂を落としてから洗うようにしましょう。

公園の砂場が不衛生で心配なときは?

自宅に砂場を作ってみよう

近くに安心して遊べる砂場がみつからないときは、自宅に砂場を作って遊んでみましょう。自宅に庭があるときはホームセンターなどに売っている砂場枠を用意します。

庭の広さや設置したい場所によって選ぶとよいでしょう。なかに入れる砂は衛生面からも「抗菌砂」という砂を購入して入れた方が安心です。

砂場枠は小さなものでも砂をたっぷり入れた後はかなりの重量になります。大きなものは簡単には移動できませんので、室外に放置する場合は雨やゴミ、猫対策としてカバーを用意します。

日当たりがよすぎるのもプラスチック製の砂場枠を傷めますので注意しましょう。砂場枠は砂だけでなく夏場はプールとしても使えますので、庭やマンションの1階であれば最適ですね。

室内用の砂遊びセットで遊ぶ

マンションの2階以上である場合や庭にスペースがないときは室内で遊べる砂場を用意してみてはいかがでしょうか。室内で砂遊びとはぞっとするような光景を思い浮かべてしまいますが、室内専用の砂は飛び散りにくく、しっとりとした質感で取り扱いが楽になっています。

専用の砂場枠もあるので、その中で遊ぶようにすれば無限に散らかすことは避けることができます。それでも砂がこぼれることがありますので、念のため周りには新聞紙やピクニックシートを敷いておくと後片付けが楽になります。

砂場の砂と違いカラフルな砂や、キャラクターをテーマにした小物がついているセットもあるので、遊びの幅が広がります。雨の日など外で遊べないときにも大活躍しそうですね。

子どもが遊べる施設で砂遊びを楽しむ

大型ショッピングモールや商業施設にある室内遊技場、プレイルームやプレイグラウンドとも呼ばれる施設をご存じでしょうか。利用料を払って遊べる子ども向けの施設ですが、このなかに砂場が設置されていることがあります。

この砂場がかなり優秀で、砂は殺菌済み、真っ白でサラサラ。裸足で遊んでも危険な異物を踏む心配がなく安心です。

風で砂が巻き上がる心配もなく、区切られたスペース内で遊ぶので公園から飛び出していく心配もありません。特殊な砂はとても軽く、専用の砂をはらうブースで風によって砂を吹き飛ばせば、またお買い物ができる服の状態になるのも嬉しいですね。

公園の砂場で遊んだ後は、お風呂に直行が一般的なことを考えると画期的です。

まとめ

砂場で遊ぶことで、子どもは想像力を育み情緒を安定させることができるというメリットがあります。ほかにも、お友だちと遊ぶことで協調性や社会性も養えます。

一見汚いように見える砂遊びですが、少し不衛生な環境に身を置くことで抵抗力をつけ身体を強くする効果もあるそうです。とはいえ、汚すぎるのはやはり問題ですので、しっかり管理された砂場を選ぶ、室内で砂遊びをするなど、工夫して砂の不思議な魅力と触れ合いたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR