就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの車内放置はだめ!その危険性と万が一発見した場合の対処法

赤ちゃんの車内放置はだめ!その危険性と万が一発見した場合の対処法

赤ちゃんが車内に放置されてしまい、その後命を落とすなどといったニュースを見かけることがありますよね。赤ちゃんを車内に放置することは、どんな危険があるのでしょうか。また、放置してしまう理由とは…。放置されている赤ちゃんを見かけたときの対処法などもあわせて詳しくまとめてみました。

なぜ赤ちゃんを車内に放置してしまうの?

睡眠中で起こしたくないし乗せ降ろしが面倒

赤ちゃんは車のユラユラとした揺れがとても大好きです。車に乗っているうちにどんどん眠気を感じて気がついたらぐっすり夢の中というのが赤ちゃんのお決まりパターンなのではないでしょうか。

目的地に着いて赤ちゃんの気持ちよく眠っている姿を見ると、ママはまず赤ちゃんを連れていくのか、そのまま寝かせてあげたほうがよいのかと迷います。抱っこをしたときにせっかく寝ている赤ちゃんが起きてしまう恐れもありますし、そもそも寝ている赤ちゃんの体は重たいですし、乗せ降ろし自体も面倒です。

赤ちゃんが車で寝ていてくれればママも素早く行動することができるので、寝かせたまま急いで用事を済ませてしまおうと思うことが多いようです。

短時間で車も見えているし大丈夫という心理

赤ちゃんを車内に放置しておくことはママにとってもとても不安なことだと思います。しかし、コンビニや自宅の駐車場などだと、時間も短時間でありますし、なにより車も目視で確認することができる場合がほとんどです。

目に見えていないと不安感は大きくなりますが、目に見えていればきっと大丈夫だろうと気持ちに余裕ができてしまいます。ただ、遠目では車の存在自体は確認することはできますが、赤ちゃんの表情や仕草までは見えないこともあります。

チャイルドシートが後ろ向きに設置する月齢だと、まったくといってよいほど姿が確認できないので、危険度は一気に高くなります。車が確認できる=赤ちゃんの姿が鮮明に見えているというわけではありません。

まさかの慌てていて赤ちゃんの存在を忘れる

赤ちゃんを車内に放置しているケースは、ママが意識的に行っている場合と、そうでない場合があります。意識的でない場合とは、赤ちゃんの存在自体を忘れている場合です。

赤ちゃんの存在を忘れるなんて、まさかそんなことがあるのかと疑問に思いますよね。しかし、ママが慌てていたときなどには赤ちゃんのことを一瞬忘れてしまっていたということも実は多いのです。

どうしても指定の時間に済ませなくてはいけない用事があり、そんなときに限って赤ちゃんがとても静かに寝ていたりすると、存在をすっかり忘れてしまうのです。車を離れて身軽に動ける自分に気づいて、赤ちゃんを車内に放置してしまったと我に返るママや、車に戻るまでまったく気づかなかったということもあるようです。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

赤ちゃんの車内放置はどんな危険があるの?

熱中症の危険!車内が50℃を超えることも

赤ちゃんを車内放置することで、もっとも恐ろしいのが熱中症です。最近の夏は本当に暑くて、室内にいても熱中症になるともいわれていますよね。

真夏だけではなく、春や秋にも天気がよくて気温が高い日には熱中症になる恐れがあるのです。炎天下の車内では、温度が50℃を超えることもあり、たとえ、窓が開いていても、クーラーをかけていても熱中症になる可能性は十分に考えられます。

赤ちゃんの場合には、チャイルドシートに固定されているケースも多いですし、自分で暑いから外に出たいと訴えることもできません。パパやママが車に戻ってくるまでひたすら待つか、近くにいる誰かに気づいてもらえるまで待つしか方法がありません。

すぐに戻ってくるからという安易な考えはとても危険なのです。

車上狙いや車ごとの盗難、誘拐の危険性

日本はほかの国と比べると、治安がよい国だといわれていますよね。しかし、治安がよい国だといっても犯罪がゼロというわけではありません。

特に、車上狙い(車上荒らし)や車ごとの盗難は私たちにとって身近な犯罪の一つです。車を所持している以上、これらの犯罪の被害者になる可能性があるのです。

もしも、そのこれらの犯罪の被害者となり、その車内に赤ちゃんだけが乗っていたとしたら…。想像しただけでも本当に怖いですよね。赤ちゃんが車内に残された車ごと盗難された場合には、誘拐事件にもなってしまいます。

車だけの被害であればまた別のものに買い替えということは可能ですが、赤ちゃんの場合にはそうはいきません。万が一のことも頭に入れておくことが大切です。

エンジンや冷房をかけていても危険かつ違反

「エンジンや冷房をかけているから、短時間なら大丈夫だと思った」。実際に赤ちゃんを車内に放置した経験のあるパパやママからこのような声がありました。しかし、エンジンや冷房をかけていたとしても、赤ちゃんを車内に放置することはとても危険なことにかわりありません。

そもそも、エンジンをかけていること自体が道路交通法の違反に当たる行為であるとご存知でしょうか。駐車場内などでは適用されませんが、路上で車から離れる場合にはエンジンを止め、車が完全に停止して初めて離れることができるのです。

完全に停止した車内に、赤ちゃんを放置することは違反行為には当たりませんが、それでもさまざまなトラブルが起こる可能性を考えると違反行為に近い状態だといえるのではないでしょうか。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版