就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園のママ友と喧嘩してしまったら?回避法や対処法について解説

保育園のママ友と喧嘩してしまったら?回避法や対処法について解説

ママ友とのトラブルはできるだけ避けたいですが、そう思っていても女同士、喧嘩になってしまうことがあります。子どものためにも速やかに仲直りすることが大事ですが、それよりも喧嘩をしないのが一番です。ママ友とのけんかの回避法やもしもの喧嘩に備えた対処法を解説します。

保育園のママ友とのトラブルの原因

子どもの喧嘩が原因に?

保育園への送迎時にもなかなか顔を合わせる機会がないママ友と「喧嘩になることなんてある?」と思うママもいるかもしれません。しかし、直接会わないとしても子どもを介して喧嘩に発展してしまうことがあります。

たとえば子ども同士で喧嘩をして、それがママに伝わったときに自分の子どもの言い分だけを鵜呑みにしてしまうことはないでしょうか。本当はお互い様であったり、我が子の方が先に手を出したりしたような場合、子どもが素直に言うとは限りませんし、ママは自分の子を信じたいものですよね。

よく会うママ友であれば、直接話をして事態の真相を確かめることもできますが、そうでないからこそなんとなくよくない印象を持ってしまったり根に持ってしまったりすることがあるようです。

悪口や噂が喧嘩に発展

女性は話好きで噂も広まりやすいといわれます。悪気なくしゃべったことが、自分の本意とは違った形で解釈されて悪口と捉えられてしまうこともないとは言い切れません。

噂話も自分が発端ではないのに、伝えただけ、聞いていただけで「噂を流された」と思われてしまうことがあります。自分のよくない話を他人から「◯◯さんが言っていたよ」と聞かされることほど悲しいことはありません。同時に腹も立ちますね。

これも、保育園で顔を合わす程度で直接言葉を交わしていないママであればあるほど、誤解したまま受け取ってしまいがちです。親しいママ友と一緒にいると話も弾んでしまいますが、そこにいない特定の誰かの話題に触れたり、噂話に同調しない方が賢明です。

嫉妬が原因になることも多い

自慢のつもりで言ったことではないことが、誰かにとっては自慢話に聞こえることがあるので注意しましょう。ママ友同士のトラブルでも多いのが、ママ自身のことだけでなく子どもの成績や才能、パパの仕事や年収などが嫉妬の原因になることです。

また、言葉にしていなくてもママの身に付けているものや乗っている車、マイホームなど、なにがきっかけで嫉妬されるか分かりません。こうなると、ママもなにに気を付けてよいか分からなくなりますが、どんなことにも嫉妬される可能性はあり、嫉妬は誰にでもある感情です。

嫉妬は誰かと比べることで湧き上がります。嫉妬をするなということではありませんが、それを表に出してトラブルにするようなことは避けたいですね。

ママ友との喧嘩を回避する方法とは

人間関係は分散させよう

ママが喧嘩を避けようと思っていても、周りのママたちの振る舞いによっては自分も巻き込まれてしまうことがありますね。そんなとき、保育園のママ友としか交友関係がないと、そのことで頭がいっぱいになり憂鬱な気持ちがなかなか晴れないことがあります。

普段から、保育園のママ友、会社の同僚、地元の同級生、趣味の友だちなど、たくさんの人たちとの交友関係を築いておくと一つのグループで問題が起きても気持ちの逃げ場ができます。ママ友だからと軽視するわけではないですが、子どもの卒園で付き合いがなくなるママもいるはずです。

なにかトラブルがあっても期間限定のお付き合いと割り切れば、気持ちを切り替えて大人としての対応ができるのではないでしょうか。

悪口と捉えられることは言わない!

ママ友が集まると、どうしても噂や悪口を聞いてしまう瞬間があるものです。自分が言わないように心がけていたとしても、その場に居合わせてしまったことが後で知られてしまうと一緒に言っていたように捉えられてしまうことがあります。

そうしたグループになるべく近づかない、その場にいないママや子どものことを話題にしないように気を付けた方がよいでしょう。相手に直接届かなかった言葉は、たくさんの人に言い伝えられるうちに悪意をトッピングされてしまうことがあります。

あいまいな言い回しや態度をとることも勘違いされる原因になりますので、はっきりとした態度でいることも大事です。相手から「噂や悪口は話せない人」と思われておくのがトラブル回避に有効です。

プライベートに介入しない

トラブルの原因にもあるように、パパの仕事や子どもの習いごとなどに踏み込むと嫉妬やよくない印象を持たれてしまうことがあります。パパがどんな仕事をしているかがママのステータスに影響するわけではないのですが、世の中には年収や住む家、学歴でマウントをしたい人がいるのです。

プライベートな話をしてしまうと、勝手に順位を付けられ見下されたり嫉妬されたりする可能性があります。家族のことなどを聞かれた場合は、具体的に答えすぎないように注意したいですね。

付き合いが浅いうちは、自己紹介の気持ちで色々なことを話したり聞いたりしてしまいます。相手がまだどんな人か分からないうちは、とくに話す内容や言葉を選んで会話をするようにしましょう。

保育園のママ友と喧嘩した場合の対処法

相手の土俵に乗らないことが大切

喧嘩をしたくなくても、喧嘩になってしまうことがあります。喧嘩にも色々ありますが、取っ組み合いや罵り合いをしたほうがまだ解決は早いのですが、ママ友同士の場合は無視をしたり水面下で嫌がらせをしたりするといったような陰湿なものになる可能性が大きいですね。

ママに非がある場合はきちんと謝ることが大切ですが、そうでない場合、心当たりがない場合は気にしないのが一番です。子どもに被害がある場合はなんとかしなければいけないですが、ママたちだけのトラブルならば相手にしないのが得策です。

無視や嫌がらせは相手の困った姿があってこそやる意味があるので、ママが反応しなければそのうち収まるはずです。同じ土俵に上がって対抗しようとしても意味がありません。

冷静になるまで距離を置くことも必要

ママ友は、しょせん子どもの保育園が同じというだけの縁です。子ども抜きでもずっと仲よくいられるママ友もいますが、すべてのママ友とそうした関係を築く必要はありませんし、不可能なことです。

そんなママ友とトラブルになったとき、相手が喧嘩腰になっているのにわざわざ近くに行く必要はありません。相手がなにに対して怒っているのか分からない場合はとくに、波風を立てないように距離を置いておくことが必要です。

ママ友も暇ではないでしょうから、時間の経過で怒りが薄れることもあるはずです。保育園の生活はいつまでも続くものではありませんので、仲のよくないママが数人いたとしてもあまり問題ではないと考える、気持ちの切り替えが大事ですね。

挨拶は欠かさずに続けよう!

相手から無視されていたとしても、大人として挨拶など最低限のマナーは維持しておいた方がよいでしょう。保育園はママが遊びに行く場所ではないので、挨拶さえしておけばほかに一言もしゃべらなかったとしても問題ありません。

無視するグループがいたとしても、挨拶をしてくるママと挨拶も返さないママ友とどちらが大人として正しいかが分かってくるはずです。それでも分からないような人たちであれば、はなから付き合う価値のない人たちと考えることができます。

向こうが無視するからと、ママの方からも無視してしまうと大人気ないだけでなく、解決の糸口もなくなってしまいます。いつか挨拶が返ってくると信じて、何度でも声をかけ続ける根気も試されますね。

まとめ

ママ友は怖いと思われがちですが、ママ友から本当の親友になれたという話も多く聞いたことがあります。ママ友とのトラブルをめぐってはたくさんの対処法や回避法が紹介されていますが、これはママ友に限らず人付き合いのマナーや基本にもつながることです。

保育園は子どもという共通点を介して、普段は関わらない違う年代のママとも知り合うチャンスです。多くのママがトラブルを避けたいと思っているはずですので、あまり警戒せずに自然体で付き合うこともポイントですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR