就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

酸素系漂白剤でお洗濯が変わる!子ども服に使えるママも安心の活用法

酸素系漂白剤でお洗濯が変わる!子ども服に使えるママも安心の活用法

界面活性剤や香料が入っていないもの

酸素系漂白剤のなかには界面活性剤や香料が入っているものもあります。どちらも肌荒れや炎症を引き起こすことがあるので、赤ちゃんや子どもの衣類への使用は避けたいですね。

「界面活性剤不使用」「香料不使用」と書かれた製品であれば安心して使うことができますが、「赤ちゃん用」や「無添加」と書かれている製品は成分表をチェックしましょう。

「赤ちゃん用」や「無添加」といった表記は法的なルールが定められていないため、界面活性剤や香料が入っていることがあります。

また、洗浄力や漂白力を高めるために蛍光増白剤や再汚染防止剤などが含まれているものもあります。ナチュラルな洗剤を選びたいというママは過炭酸ナトリウムなどの成分のみでできた洗剤を選ぶとよいでしょう。

洗浄効果重視でしっかり漂白したいなら

酸素系漂白剤は主成分である過炭酸ナトリウムや過酸化水素のほかに、洗浄力を上げるために様々な成分が加えられたものがあります。

界面活性剤は肌荒れなどを引き起こす可能性がある成分ですが、油を分解するなど高い洗浄力を持つ成分です。洗浄効果重視で選ぶなら界面活性剤入りを検討するのもよいでしょう。

界面活性剤は避けたいけれど、ある程度の洗浄力がほしいという場合は酵素入りの漂白剤がおすすめです。油や皮脂を分解する酵素や、たんぱく質を分解する酵素入りなら子どもの衣類もきれいになりそうですね。

通常の商品よりも濃度を高くした「濃縮タイプ」の漂白剤は少量でも高い洗浄力が期待できます。液にとろみがついたタイプはピンポイントの染み抜きに最適です。

まとめ

色柄物の洗濯にも使用できる酸素系漂白剤を使うと、しつこい汚れがつきやすい子どもの衣類をきれいに洗いあげることができます。

しかし、低刺激で安全といわれている酸素系漂白剤でも、成分と素材の相性によっては色落ちや変色を起こすことがあります。規定量や漬け置き時間など、使用法を守って使用してくださいね。

また、主成分のほかに界面活性剤や香料、酵素などが含まれていることがありますので、購入するときは成分表を確認して選ぶとよいでしょう。
26 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND