就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児と一緒にお出かけしよう!子連れで楽しめる場所や準備すること

4歳児と一緒にお出かけしよう!子連れで楽しめる場所や準備すること

出かける前にぐずってしまう。電車の中で騒いでしまわないか心配。など、せっかくのお出かけなのに、困っているママも多いと思います。4歳児は、きちんと伝えればちゃんとわかってくれる時期です。それを踏まえた出発をスムーズにするコツや、電車内での過ごし方、近場と遠出のお出かけ先などのオススメをご紹介します。

子連れでお出かけする前に準備すること

予定をわかりやすく伝え、出発をスムーズに

準備を整えて、いざ出発!というときに子どもがぐずってしまうと、出鼻をくじかれたような気持ちになりますよね。出発をスムーズにするコツは、前もって子どもに「〇日に××へ遊びにいくよ!」と伝えておくことです。4歳児は言葉のわからない赤ちゃんではないのと、自我もしっかりでてくる頃です。

例えば大人どうしで遊ぶ約束をするとき、お互いに都合のよい日時や場所を決めますよね。一方的に決められるとあまりよい気分ではないのと同じように、子どもも、どこに行くのかもわからないし、今自分にはやりたいことがある!という感情も芽生えているはずです。

わかりやすくカレンダーなどにシールを貼ったり、行く場所の特徴を教えたりして、予定を子どもと共有してみましょう。

電車では混雑を避け早めの行動を心がけて

子連れの電車移動は周囲への気疲れなどで、どうしても気持ちがピリピリしてしまうママも多いのではないでしょうか。ピリピリ感が子どもにも伝わり、せっかくのお出かけが楽しい雰囲気にならないのは残念ですよね。

「どうしたら騒がないか、どう躾たらいいのか」と考えるよりも「いかに車内で子どもと楽しく過ごせるだろうか」に考えを変えてみませんか。慣れない満員電車のなか、長時間立ちっぱなしの環境は大人でも辛いですよね。子どももぐずる原因になりますし、周囲にも迷惑がかかると予測できます。

混雑を避けた時間帯を選んだり、音の出ないスマホアプリを利用してみたり、周囲を気づかいつつも親子で楽しい電車の旅ができるとよいですね。

準備を万全に!持ち物一覧をチェック

近場と遠出用にあると便利なものを挙げていきます。

<近場の公園やショッピングモールなど>
・ハンドタオル
・ポケットティッシュ
・飲み物(子どもとママ用)
・絆創膏

<遠出のお出かけ>
・ハンドタオル
・ポケットティッシュ
・除菌シート
・飲み物(子どもとママ用)
・絆創膏
・子どもの着替え

子どもの着替えは滞在時間にもよるかと思いますが、近場でもお昼などを食べてから帰る場合は、汚したときにあると便利です。除菌シートも手洗いができない場合や、フードコートなどでテーブルを拭けたりできるので重宝します。ママのバッグは、両手があくリュックがオススメです。抱っこもしやすいですし、公園でも一緒に遊びやすいですね。

近場に行くなら軽い運動を取り入れる

遊具やシャボン玉など楽しみ方豊富な公園!

遠出しなくても、近くに公園があれば気軽にお出かけできますよね。4歳児は走り方も安定してくる頃で、走るスピードも調節できるようになってきます。せっかくなので、軽い運動もとりいれてあげるとよいかもしれません。ケンケンパや、だるまさんがころんだ、色鬼などのルールがある遊びなどが楽しめるでしょう。

公園はいつも手ぶらで遊具のみというママも、たまにはシャボン玉やボール、砂場セットなど遊具以外にも遊び方はたくさんあるので、子どもの視野を広げてあげると良いと思います。ボール遊びも、予期しない方向へ弾むボールを追いかけたりすることで、瞬発力を鍛えることに繋がります。また虫眼鏡で虫や花などを観察してみるのも、親子で楽しめると思います。

自転車デビューをしてサイクリングへ!

2歳頃からペダルのないストライダーなどで、プレ自転車デビューをする子どもも多いかと思います。4歳児になると体力もつきバランスをとるのもうまくなってくるので、自転車デビューをするのによい時期です。

自転車に乗っている子に興味をもったり、お友だちが乗っていて「乗りたい!」となったら、ぜひ自転車に乗る機会をつくってあげたいですよね。ストライダーなどで鍛えたのなら案外、初めから補助輪なしで乗れてしまう子どもも多いんですよ。

補助輪で練習中の場合は、うまく乗れるお友だちと一緒に練習してみましょう。お友だちからよい影響を受けたり、ライバル心からがんばれてしまうのも4歳児です!上手に乗れるようになったら、一緒にサイクリングを楽しみましょう。

ショッピングモールのイベントもおすすめ

よく身近なショッピングモールの広告に「〇〇モールに、✖✖レンジャーがやってくる!」みたいな宣伝をみたことはありませんか?大人だとあまり興味をもたないかもしれませんが、子どもにとってはヒーローに会える大チャンスです!ぜひ足を運びたいイベントだと思います。

イベント情報をネット検索で、エリアや開催日時、対象年齢を絞ってサーチしてみると、予約が必要なもの不要なもの、また料金が無料か有料かがあるようです。季節の行事に、ちなんだイベントなども開催しているモールも多いので、事前に検索してみるとよいでしょう。その日は1日、子どもとランチしたりイベントに参加したりして、親子の素敵な思い出になるとよいですね。

遠出するなら体験イベントがおすすめ

自然体験で五感に磨きをかけよう!

なんとなく遠出をするのもよいと思いますが、五感を刺激する自然と触れ合う体験ができたら素敵ですよね。親子で参加できる体験イベントはいろんなものがあり、場所によって魅力的な体験ができますよ。例えば川であれば、カヤック体験などがあります。森に囲まれた静かな湖をカヤックで楽しめます。

また農業体験などもあり、山の澄んだ空気のなかで、種植えからできる本格的な農業体験ができます。普段の暮らしとは少し違った田舎暮らしを満喫できそうですね。牧場体験も餌やりや乳しぼり、バターづくり、ソフトクリーム試食など、身近な食べものが作られる工程を学ぶのに、とてもオススメな体験だと思います。実際やってみたり、間近でみる臨場感は子どもにとってよい刺激になるでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC