就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティママも紅茶が飲みたい!身体に優しくて安心な紅茶の選び方

マタニティママも紅茶が飲みたい!身体に優しくて安心な紅茶の選び方

「紅茶に含まれるカフェインが気になって、大好きな紅茶を我慢している…」というママはいませんか?たしかに、妊娠中のカフェイン摂取は注意が必要ですが、選び方に気をつけさえすれば、マタニティでも紅茶を楽しめるのですよ。身体に優しくて、美味しい紅茶をピックアップしましたのでご紹介しますね。

マタニティママの紅茶に注意が必要な理由

妊娠中のカフェイン取りすぎによる影響

カフェインの過剰摂取は、流産や早産、低体重児の原因になるといわれています。それは、お腹の中で赤ちゃんがおしっこをするとき、おしっことともに排出されるカルシウムの量がカフェインによって増えてしまうことによります。つまり、赤ちゃんがカルシウムを正常に吸収できなくなるのです。

また、ママがカフェインを摂取することで母体のアドレナリンが増加します。すると、赤ちゃんへの血流が低下し低酸素状態となり、発育障害が起こる可能性が出てくるのです。

ただし、カフェインは一日100ml以内なら摂取しても問題ないとされています。150mlの紅茶に含まれるカフェインの量は30ml程度なので、一日2~3杯くらいなら飲んでもよいと考えられるでしょう。

妊娠中は禁忌のハーブティーもある

「紅茶がダメなら代わりにハーブティーを飲もう」と考えるママもいるかもしれませんね。ですが、ハーブの種類によっては、子宮収縮を促したり、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えたりするため妊婦さんには禁忌とされているものもあります。

たとえば、ラズベリーリーフは「安産のお茶」ともいわれ、その名前から妊婦さんにぴったりのハーブのように思えますが、子宮痙攣効果があるので妊娠初期には禁忌となります。一方、母乳の分泌を促すため、臨月のママにはおすすめできます。

清涼感ある香りで気分をスッキリさせてくれるペパーミントやカモミールも、子宮収縮作用があり摂りすぎは危険とされています。

このように、禁忌のハーブティーはいろいろあるので注意しましょう。

加糖の紅茶飲料はカロリーが高いものも

紅茶飲料の中には砂糖を加えることで、甘みがあり飲みやすくなっているものがあります。

ただし、紅茶自体のカロリーは0kcalですが、糖分が入ることでグッとカロリーが高くなってしまいます。紅茶そのものは無糖であるため、紅茶飲料は全般的にヘルシーな印象もありますが、すべてがそうであるとは限らないのです。

ちなみに、炭酸飲料のコーラは500mlの量に角砂糖が約15個分入っている、などといわれています。加糖の紅茶飲料はコーラほどではなくても、コーラの半分の糖分(角砂糖7~8個分)が入っているという話もあります。

固形のものより液体は摂取しやすいので、無意識のうちに砂糖を大量摂取してしまうことになるため気をつけたいですね。

マタニティ期の身体に優しい紅茶の選び方

ノンカフェイン、カフェインレスを選ぶ

先ほど、「カフェインは一日100ml以内なら摂取しても問題ないとされている」ということを述べましたとおり、カフェイン量に注意し飲みすぎさえしなければ、普通の紅茶を飲んでもよいでしょう。

ですが、カフェインの量を気にして神経質になるよりも、ノンカフェインやカフェインレスのものを選ぶ方がストレスフリーで、紅茶を美味しく味わえるのではないでしょうか?

そこで、やはり妊娠中はお腹の赤ちゃんのことを考えて、紅茶を飲むとしてもできるだけカフェインの入っていないものを選ぶことをおすすめします。まったくカフェインが入っていないものは「ノンカフェイン」、カフェインの量が抑えられているものは「カフェインレス」として販売されています。

ハーブティーならマタニティブレンドが安心

ハーブティーは多くがノンカフェインなので、妊婦さんにもおすすめの飲み物です。ただし、薬効成分を含んでいるものもあるため、選び方には注意しましょう。

妊婦さんにうれしいリラックス効果のある一方で、飲みすぎると子宮を収縮させてしまうものや、抗酸化作用があるけれど、飲みすぎによって下痢症状を起こしてしまうものなど、飲む量に注意が必要なハーブティーは多くあります。

妊娠中でも安心してハーブティーを楽しむなら、はじめから妊婦さん向けにブレンドされている「マタニティブレンド」がおすすめですよ。妊娠初期、出産前後、授乳中など、それぞれのタイミングにあわせたブレンドもあるので、時期に合わせて飲み分けるのもよいですね。

紅茶専門店なら相談や試飲ができるところも

紅茶やハーブティーは風味もいろいろで、人によって好みが大きく分かれます。そのため、人から「美味しいから試してみて」と勧められたお茶でも、自分の好みではなかったという場合もよくあります。

また、妊娠初期のつわりの時期や、体調によって味覚が変わることもあるため、以前まで好きだった香りや味が受け入れられなくなってしまった、というのも珍しくないことです。

自分に合う紅茶を見つけるためには、専門店で相談したり試飲させてもらったりしましょう。同じ種類の茶葉でも、ブレンドの内容やメーカーによって味が違うケースもあり、新しい発見があるかもしれませんよ。

試飲がむずかしい場合、購入は少量にして味見してからにすると失敗が少なくなります。

妊婦も安心して飲める紅茶が買えるショップ

安心安全な世界のお茶専門店「ルピシア」

紅茶といえば「ルピシア」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

年間400種類以上のお茶を取り扱うルピシアでは、妊婦さんや小さい子どもでも飲めるノンカフェイン、カフェインレスの紅茶がバラエティ豊かに取り揃えられています。リーフティーだけでなく、ティーバッグになっている紅茶も豊富なので、手軽に飲めるのがうれしいですね。

店頭で実際の茶葉の香りをチェックすることもできますし、店員さんにお願いすれば気になるお茶の試飲もさせてもらえますよ。

ルピシアの人気商品の一つに、「ルイボスアールグレイ」があります。爽やかなベルガモットの香りを楽しめるノンカフェインの紅茶です。ハチミツやミルクを入れるのも美味しくておすすめの飲み方です。

妊婦専用ハーブティーが買える「アモーマ」

ママと赤ちゃんに特化したアイテムが揃っているナチュラルブランドの「アモーマ」。妊婦さん専用のハーブティーである「マタニティブレンド」が人気です。

「マタニティブレンド」は妊産婦ケアの専門家・浅井貴子さんと英国ハーバリストの共同開発によって誕生したお茶で、全国の産婦人病院でも採用されています。

ほかにも、妊娠後期や産後のママを応援するハーブティーがたくさんあります。妊娠初期から産後にも飲み続けているというママも多いようですよ。

通販専門のため実店舗はありませんが、育児用品販売店での取り扱いも増えています。また、育児を経験した女性スタッフによる電話相談もあるので、商品に関すること以外でも気軽に相談できるそうです。

美味しさで選ぶ「マリアージュフレール」

「マリアージュフレール」はフランス・パリの老舗紅茶ブランドです。35カ国500種類以上の紅茶を扱っています。

中でも、「マルコポーロ」は、結婚式場で披露宴のお食事の最後、デザートとともに出されることもあり、その本格的な味わいは、ぜひ紅茶好きにおすすめしたい一品です。が、残念ながらカフェインが入っています。

そこで、おすすめは「マルコポーロルージュ」です。こちらは「マルコポーロ」のノンカフェインバージョンなので、妊婦さんにも安心ですよ。

「マリアージュフレール」は美味しさはもちろん、素敵なパッケージも魅力です。フレンチシックな内装がおしゃれなティーサロンも展開しているので、パパとのデートにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ノンカフェインでも本格的な味を楽しめたり、妊婦さんの健康を考えたブレンドになっていたり、マタニティママでも美味しく飲めるように工夫された紅茶は豊富にあります。

「紅茶はカフェインが入っているからNG」とひたすら我慢するよりも、ママでも飲めるようなものの中からお気に入りを見つける方が、楽しみも増えるというものです。

カフェインの摂りすぎは気をつけたいですが、ストレスを溜め込まないようにすることも、マタニティライフを楽しむためには大切ですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018