就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

渋滞に最適なグッズで子どもも笑顔に!車内の過ごし方や快適アイテム

渋滞に最適なグッズで子どもも笑顔に!車内の過ごし方や快適アイテム

盆や正月に家族で実家に帰る途中、渋滞に巻き込まれてしまうことがありますね。子どもは「いつつくのー?」「動きたい!」と退屈でたまらない様子だし、渋滞はまだまだ続きそうだし、ドライバーのイライラはつのってしまいます。ここでは渋滞を乗り切るための、子どもが車内で楽しめる方法や快適なアイテムをご紹介します。

渋滞中子どもと一緒にどう過ごそう?

好きな歌を思いっきり歌っちゃおう

小さな子でも車内で楽しめるのが「歌」ですね。まだ自分で歌えなくても、聞きながらリズムを取っているだけで十分楽しめます。渋滞でちょっとイライラしていたママやパパも、歌を歌えば気分が晴れてきますよ。

車は自分たち家族だけのプライベート空間です。子どものリクエストに応えてみんなで歌うなど、カラオケボックスのようになっても誰にも迷惑をかけません。普段は聞けないパパの歌声を聞ければ子どもたちは大喜びしてくれるでしょう。

家で子どもがよく聞いているCDでもよいですし、今はスマホに好きな歌を手軽にダウンロードできますから、音楽を車内に持ち込むのは簡単です。遠出することがわかっていれば、子どもがはまっている曲をピックアップして準備しておくと、いつでも歌えますよ。

年齢に合わせたクイズやなぞなぞ遊び

言葉が話せるようになったら「クイズ」や「なぞなぞ遊び」もおすすめです。年齢や興味に合わせたクイズにすればより盛り上がりますよ。

ママやパパが即席でなぞなぞを作るなら、小さな子には動物や食べ物が答えになるクイズがおすすめです。最初は簡単な問題を出すと、子どもが乗り気になってくれますよ。まだ子どもの語彙が少ないので、問題を作るのは難しいですが、ヒントをつけ足しながら答えに導いてあげてくださいね。

恐竜の名前をたくさん知っている子や、アニメのキャラクターをよく知っている子には、それらを使ったクイズもよいでしょう。家族内クイズで「誰が一番ご飯をたくさん食べるでしょう?」「答えはパパでした!」など家族の秘密を暴くというクイズも、子どもは喜びますよ。

家族みんなでわいわい!言葉遊び

車内は、家族みんながとても近い距離にいます。普段はこんなに家族で近くに集まることは少ないですよね。ものは考えようで、これは絶好のチャンスだと思って、家族でわいわい楽しんでみましょう。

しりとりなどの言葉遊びをしてみたり、子どものお喋りを思う存分聞いてあげたりするのもよいですね。何に興味を持っているのか、園で何をしているのかなど、親子の会話をしてみましょう。

話題が尽きてきたら、車から見える景色を眺めて会話のネタにすることもできます。「後ろの車はどちらの方向に行くでしょうか?」や「次の信号は赤かな?青かな?」など、クイズのようにすると、子どもはより楽しみながら外を観察してくれますよ。

渋滞中子どもにぴったりなグッズとアイテム

間に合わないときも携帯トイレがあれば安心

渋滞で困るのがトイレです。子どもはギリギリになってから「トイレに行きたい」と言い出すので、探す時間がなくて困ってしまいますよね。

そんなときに便利なのが「携帯トイレ」です。車内で用を済ませることができるので、トイレを探す必要がありません。ペットシートを用意して用をたすときに下に敷いておけば、車内を汚す心配も少なくなりますよ。

携帯トイレの準備もおすすめですが、まずは「できるときにトイレをさせておく」というのが子連れ長旅の鉄則ですね。パーキングエリアに入れば、子どもが「今はしたくない」と言っても、念のためにトイレには連れて行きましょう。トイレに入ると不思議と用をたしたくなるものですし、少しでも出しておくと、次回のトイレまでの時間があきますよ。

ポータブルDVDプレーヤーでDVD鑑賞

子どもが長時間静かにしてくれるのが、DVD鑑賞です。好きなDVDや初めてのDVDなどは、食い入るように見てくれます。車内のモニターはナビを使うと子どものDVDには使えないので、できれば子ども用にポータブルDVDプレイヤーを持ち込みたいですね。

DVDは見せるタイミングも大切です。目的地に着くまでに最後まで見られたら、子どもは満足してくれるのですが、ストーリーの途中で到着して再生を止めると不満が残り、車から降りずに最後まで見たいと言い出しかねません。目的地までの時間を逆算して見始めましょうね。

車酔いしやすい子は、揺れる車内でじっと映像を見続けると酔ってしまうかもしれません。ママが様子を見ながら、ときには休憩を入れて見るようにしましょうね。

子ども向けアプリで渋滞時間もあっという間

スマホを使って子ども向けアプリで遊ぶという方法もあります。たくさんの種類があるので、子どもの好きなアプリがきっと見つかるでしょう。

知育アプリもたくさんあります。パズルや絵本、英語や算数などといったものや、子どもが消防士になった気分を体験できるものまで、年齢や好きなことに合わせて選ぶことが可能です。子どもの興味を引くよう絵柄や色使いも工夫されているので、楽しみながらお勉強までできてしまいますよ。

いつも手元にあるスマホなので、必要になればすぐに出せますし、荷物が増えるわけでもないのが嬉しいですね。アプリで遊ばせてもらえるから車の移動が好き、という子もいるくらいです。子どもが複数いる場合、スマホの取り合いにならないようにルール作りも忘れずにしましょうね。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版