就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

フォローアップミルクの必要性はある?飲み方や気をつけたいこととは

フォローアップミルクの必要性はある?飲み方や気をつけたいこととは

1日の摂取量は守るようにしよう

フォローアップミルクには栄養が豊富に含まれているため、飲み過ぎると赤ちゃんの肥満に繋がることがあります。また、食前に飲むとお腹がいっぱいになってしまって、離乳食が十分に食べられなくなる場合もあります。

フォローアップミルクは、食事を済ませた後に飲むように調整しましょう。なお、1日の摂取量も守るようにしてください。

生後9~11カ月の赤ちゃんであれば、200mlを1日2回、食後には40~120mlを1日3回飲むのが目安です。満1歳以上の場合では、1日2回で合計400mlが標準量です。このくらいの時期の赤ちゃんは、体重に個人差があるため、与える量は、月齢だけでなく体重も参考にしながら増減させてもよいでしょう。

牛乳アレルギーの場合は医師と相談を

本来、牛乳はカルシウムが豊富に含まれており、子どもの成長と発達を支えてくれる重要な飲み物ですが、前述のとおり、1歳前の赤ちゃんは飲むことができません。そのため、1歳の誕生日を迎えるまでは、フォローアップミルクが牛乳の役割を果たします。

しかし、フォローアップミルクに比べて牛乳は甘さが足りないため、いざ牛乳が飲める年齢になっても牛乳が嫌いで飲まないというケースがあり、与え方には注意が必要です。

また、フォローアップミルクには牛乳の成分が含まれているので、牛乳アレルギーのある赤ちゃんには与えることができません。もし与えるとすれば、低アレルギーのものがよいですが、購入する前にまずは小児科の医師に相談してみましょう。

まとめ

成長期の赤ちゃんは、離乳食から必要な栄養素をしっかり摂ることが大切ですが、離乳食の量には個人差があり、さらに「好き嫌い」や「食べムラ」があると、離乳食だけで栄養バランスを保つことは難しいですね。

このように離乳食では摂取しにくい栄養素を補うため、フォローアップミルクが活躍します。そのまま飲むのはもちろん、離乳食の材料としても使えますよ。虫歯や過剰摂取、アレルギーなどには気をつけつつ、上手に活用して、赤ちゃんの健やかな成長をサポートしたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事