就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ友のマナーってどんなもの?忘れてはいけない礼儀と思いやり

ママ友のマナーってどんなもの?忘れてはいけない礼儀と思いやり

子どもが幼稚園や保育園、公園などに行くようになると、ママたちも仲よくなってママ友関係が始まる頃ではないですか?子どもたちが遊ぶようになるとママたちも友だち関係になっていくのですが、ママ友マナーって知っていますか?そんな仲よくなったママ友関係でも忘れてはならない礼儀や思いやりについてご紹介します。

ママ友との連絡手段の新マナーとは?

LINEグループに招待するときは事前連絡

最近のママ友同士での連絡手段は、LINEが流行っていませんか?仲よくなったママ同士はLINEの交換をします。

LINEの使い方が不安だと戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れるので大丈夫ですよ。LINE連絡は便利で、相手が自分のメッセージを読んだことも分かるので、ママたちの連絡手段として活躍しています。

ただ便利な反面、面倒な所も出てきます。ママ友の個人LINEは仲がよい人は教えてよくても、苦手な人に教えるのは…なんてこともよくあるのではないでしょうか。

ママ友同士でLINEを使ってグループトークをするときは、事前に個別でLINEグループに招待することを相手に知らせるとよいですね。ちょっとしたママ友同士の気配りが大切です。

LINEでの連絡には必ず返事をしなきゃいけない?

ママ友になりLINEを使って連絡を取り合うようになったら、LINEの返事をしないといけないですね。メールと違って、LINEはメッセージを読んだら既読と時間が表示されるので、読んだことが確認できます。

LINEの内容を読んだら、面倒でも可能な限りママ友に返事をしましょう。仲よくなったママたちも、初めはどんな人かも分からないので、LINEのやり取りするときはマナーを守って返事のメッセージを入れるとよいですよ。どうしても返信が難しい場合は、スタンプを返すだけでも印象は変わりるものです。

子どもたちの仲がよいのにママ同士のLINEトラブルで面倒なことになっては大変です。子どもたちが仲よくするためにも、ママ同士のLINEもマナーを守り関係をよくしましょう。

重要なことは出来るだけ電話や直接伝える

ママ友と、LINEのやり取りを始めるとLINEの連絡だけで済ましがちになってしまいます。便利なLINEも相手がLINEメッセージを見忘れてしまう…なんてことも出てきます。

LINEで重要なことを送るだけだと、見忘れていたら大変なことになってしまいます。LINEを見忘れていたママ友も自分が見忘れていたのに、LINEを送った相手に不満を持ちトラブルの原因になっては大変です。

重要なことはできるだけLINEメッセージではなく、伝えたいママ友に電話をかけたり直接会って話を伝えましょう。ママ友間のLINEトラブルをなくすためにも重要なことは直接本人に伝えることをおすすめします。

面倒かもしれないですが、ママ友とよい関係になっていきますよ。

ママ友が意外と気にするマナー違反とは?

子どもが悪いことをしても注意しない

幼稚園や保育園、公園などで出会った子どもたちは仲よく遊ぶようになると、楽しさのあまり、羽目を外して悪いこともしちゃいますよね。悪いことをしてしまったら、注意しましょう。

実は、仲よくなったママ友でも、中には子どもが悪いことをしても注意しないママもいて、他の人の迷惑になってしまうこともあります。そんなマナーを守れない親子をみて不満に思う人もいます。

子どもが悪いことをしても注意しないと、まわりに迷惑をかけてしまいマナー違反になりかねません。子どもたちも、新しい集団生活が始まりだすので、悪いことはきちんと教えてあげましょう。

ママが悪いことを子どもに教えてあげることで、子どもたちも成長していきますよ。


場をわきまえることができていない

子どもたちが仲よくなっても、ママたちが仲よくなるとは限らないですよね。色々な家庭環境があって、ママも色々な人が集まっています。

そんな、ママ友として付き合っていくときは、場をわきまえた行動をするようにしましょう。自分ではきちんとできているから安心なんて思うかもしれないですが、ママたちの判断基準はレベルが違うので大変です。

自分の子どもの自慢や自分勝手な行動をとってしまうと、ママたちから反感を買い、大変な目に遭ってしまうなんて話もあります。そんなことになっては、子どもたちも気まずいですよね。

その場をわきまえ、空気を読むことも大人の付き合いには必要です。自分の家庭環境をおしゃべりする前に、相手の話を聞いてあげることも大切ですよ。

礼儀がきちんとしていない

子どもが幼稚園や保育園、公園に行くとき、ママ同士の挨拶も大切になってきます。同じクラスだからといって、礼儀をわきまえないとトラブルの原因です。

自分の知らない所で、あの子のママは挨拶や礼儀がなっていないと、ママたちの噂になっては子どもにも迷惑をかけてしまいます。知らないママだとしても、挨拶や礼儀をきちんと日ごろからしておけば、ママ友トラブルも避けられるはずです。

ママは、人との付き合いをそんなに円滑にしなくても大丈夫だったとしても、幼稚園や保育園、公園では子どもが主役です。誰だれちゃんのママって、礼儀がないなんてママ友同士の噂になっては大変ですよね。

自分の子どものためにも、ふだんの挨拶や礼儀を心がけるようにしていきましょう。

いろんな所に潜むママ友のマナー

幼稚園バスを待つときのマナー

子どもが幼稚園に通い出すと、幼稚園バスに乗る子もいますよね。実は、幼稚園バスを待つときも、新たなママ友の関係が広がっていきます。

同じ幼稚園の年少から年長までの子どもたちのママが集まるので、ここでも気配りが大切になります。バスを待つルールもあるので確認しましょう。

幼稚園の先輩ママもいるので、会ったときに挨拶をしなかったり、幼稚園バスの乗る時間に遅刻したりするとママたちの間で、噂になっては大変です。

バス到着時間10分前行動や挨拶マナーもきちんとすれば、ママ同士の関係もスムーズにいきますよ。やむを得ない事情で遅れる場合は、連絡をしてまわりに迷惑をかけないようにしましょう。

最初は大変かもしれませんが、慣れれば簡単ですよ。

公園で遊ぶときのマナー

子どもが公園で遊ぶようになると、ママたちも話すようになっていきますよね。そこでもママ友関係が始まります。

子どもたちは幼いし楽しく遊ぶのですが、ママは子どもを見ながら、ママ友の関係を作っていきます。そんなママたちの話の中で、自分の家の自慢や、よその家の噂や悪口をいうのは止めましょう。

自慢や噂のせいでママ友の関係もトラブルになってしまっては困りますよね。公園のおしゃべりも気を抜くと大変です。

子どもは仲がよくても、あの家のママとはしゃべりたくない…なんてことになりかねません。自分の言葉一つで、ママ友の関係も壊れてしまっては大変ですよね。

おしゃべりが苦手な人は、相手の話を聞いてあげる聞き役に回るのもよいかもしれないですね。

自宅にお呼ばれされた時のマナー

幼稚園や保育園、公園デビューをした子どもたちで、今度は相手の自宅で遊ぼうなんてことになりませんか?仲よくなったママ友の家にお呼ばれしたときは、手ぶらで相手の家に行くのではなく、手土産や子どもたちが食べられるおやつなどを持って遊びに行きましょう。

子どもとママがセットだと考えて、相手に対するマナーとして覚えておくとよいですね。もし、手土産もおやつもなく相手の家で遊ぶと、ママ友の間でとんでもない親子だと噂の的になりかねません。

ちょっとした気配りがよい環境を作ります。また、行く時間や帰る時間も考えましょう。

長時間、家にいるのも迷惑になってしまいますし、すぐに帰っては逆に失礼ですよね。相手に合わせて時間も考えられるとよいですね。

まとめ

子どもが幼稚園や保育園、公園に行くようになるとママたちの関係も変わってきます。今までは、ママは単独の立場だったのが、子どものママとして親子セットでの新しいママ友関係が始まります。

子どもたちが仲よくなったら、ママたちも自然に仲よくなればよいですが、生活環境も年代もまったく違うので、難しいですよね。ママ友関係をよくするためには、どんなときでも相手に対して最低限の礼儀と思いやりを忘れないことが大事です。

子どもが楽しく生活していくには、ママのちょっとした気配りが大切かもしれないですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018