就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティアジャスターは簡単に手作り!100均で節約アイテム

マタニティアジャスターは簡単に手作り!100均で節約アイテム

妊娠してお腹が大きくなってくると、マタニティウェアを買おうか悩む方は少なくありませんよね。しかし、マタニティウェアは着用期間が短く種類も少ないため、購入を躊躇する方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、マタニティアジャスターを簡単に手作りする方法などについてご紹介していきます。

マタニティアジャスターってなんだろう?

妊娠中も妊娠前のボトムスを履く方法

「マタニティアジャスター」は、妊娠中お腹が大きくなってからも、妊娠前のボトムスを履くことができるようになる、便利アイテムです。

マタニティ用のボトムスは短い期間しか使わないものの、そこそこ購入費用がかかりますし、種類が少なくなかなかおしゃれを楽しむことができないですよね。また、妊娠前に履いていたボトムスを、お腹が大きくなってからも履きたい、と思う方もいらっしゃると思います。そんな方におすすめしたいアイテムがマタニティアジャスターなのです。

マタニティアジャスターは妊娠中に必ず購入しなければいけないものではありません。しかし、妊娠中もさまざまなボトムスを履くことができるため、一つ持っていると便利ですよ。

産後体型が戻るまで使える

出産する前は、産後すぐに体型が戻ると思っていたものの、実際には思いのほか時間がかかった、という方は少なくありません。そのため、産後すぐであっても、妊娠前のボトムスを履くことができないことがよくあります。

そんなときもマタニティアジャスターが大活躍してくれます。名前に「マタニティ」と入っているものの、妊娠中はもちろん、出産してから体型が戻るまでの期間についても使うことができるのです。

産後にマタニティ用のボトムスを履くと、ウエスト周りが大きすぎてずり落ちてしまうこともよくあります。そのため、妊娠中にウエスト周りが大きくなりすぎてマタニティアジャスターが使えなくなってしまったとしても、産後まで処分せずにとっておくようにしましょう。

サイズや色と使用期間について

マタニティアジャスターはフリーサイズのものが多く、ボトムスのウエストのサイズをどれだけ伸ばすことができるのかで、自分に合ったサイズかどうかを判断します。比較的お腹が小さい時期に購入する場合は、できるだけウエストのサイズを伸ばせるものを選ぶと安心ですよ。

また、色はブラックのものが一般的ですが、ネイビーやグレー、ベージュ、ホワイトなど、さまざまな色があります。そのため、色違いでいくつか購入し、ボトムスの色に合わせて変えてもよいかもしれませんね。

お腹の出方は人それぞれですから、使用期間も人それぞれです。妊娠後期には使えなくなった、という人もいれば、臨月まで活用した、という人もいますし、産後体型が戻るまで使うこともできます。

マタニティアジャスターの種類って?

ベルトタイプのデザインは種類もいろいろ

マタニティアジャスターは大きく分けると、「ベルトタイプ」と「腹巻タイプ」があります。ベルトタイプは、ゴムベルトをボトムスのボタンに付けて使うもので、腹巻タイプは、腹巻にベルトタイプのアジャスターが付いているものです。

それぞれの特徴や使い方などについてご紹介していきますので、自分に合うものを見つけてみてくださいね。

まず、ベルトタイプのマタニティアジャスターは、ベルトとおし部分で留めるか、ホック部分で留めるかによって以下の二つに分かれます。

・ゴムベルトタイプ
左右のボトムスのベルトとおしに、ゴムベルトを付けて使います。ウエストのサイズに合わせてゴムが伸びてくれます。

・ボタンタイプ
ゴム製のアジャスターベルトの穴にボトムスのボタンをとおし、ウエストを延長します。アジャスターベルトについたボタンをボトムスのボタン穴にとおして使います。こちらもウエストのサイズに合わせてゴムが伸びてくれます。

ベルトタイプはボトムスのファスナーが大きく開いてしまいショーツが見えてしまう可能性があるため、心配な方はお手もちの腹巻を併用してみてくださいね。

デザインが腹巻タイプ「ベリーベルト」

続いて腹巻タイプのマタニティアジャスターですが、こちらのタイプは開いたファスナー部分を腹巻が隠してくれるため、ショーツが見える心配がないというメリットがあります。

また、お腹をすっぽり包んでくれる大きめの腹巻の真ん中にベルトタイプのアジャスターが付いているデザインのものが多いため、お腹を冷えから守ってくれたり、折り返して使うとベルトを隠したりできるというメリットもあります。

そのなかでも少し変わったデザインのマタニティアジャスターが、オーストラリア生まれの「ベリーベルト」です。オーストラリアでは多くの産院で支持されているほど、一般的に使われています。ベリーベルトは、ベルトをあて布にとおし、ベリーベルトの穴にボトムスのボタンを、ベリーベルトのボタンをボトムスのボタン穴にとおして使います。

また、「ボトムに足・腰が通ったら、あとはベリーベルトにおまかせ」をコンセプトにしていて、かなり長い間使うことができます。また、ウエストゴムのボトムスを履いているような使い心地なので、お腹が苦しくなりにくいという特徴があります。

お手軽マタニティアジャスターの作り方

平ゴムでつくる手作りアジャスター

手作りと聞くと少し難しそうなイメージがありますよね。しかし、実は簡単に手作りすることができます。100均で揃う材料も多いので、少しでも出費を抑えたい、という方におすすめです。

まずは、平ゴムを使ったアジャスターの作り方をご紹介します。

【材料】
・平ゴム(ボトムスのベルト幅くらいのゴムを3cmくらい)
・ボタン

【作り方】
1.ボトムスの開いたウエスト部分に合わせて、平ゴムをカットする
2.1の片方の端にボタンを縫い付ける
3.1のもう片方の端にボタン穴を作れば完成

ヘアゴムでつくる手作りアジャスター

27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC