就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園が大規模な場合!メリットや選ぶときのポイントを知ろう

保育園が大規模な場合!メリットや選ぶときのポイントを知ろう

子どもが長く通うことになる保育園を選ぶとき、どんな保育園が子どもに合っているのか、よく考えてから選びたいですよね。最近は大規模な保育園に加えて、小規模な保育園も増えてきました。大規模と小規模を比べたときの特徴やメリット、また保育園選びのポイントについてもご説明します!

大規模な保育園とは?小規模な園との比較

1クラスの園児が20人以上だと「大規模」

園児の人数が20人以上の保育園のことを、中規模や大規模な保育園といいます。(ここでは中規模も大規模としてお話しします。)大規模な保育園では、年長クラスになると1人の保育者が30人以上の園児を保育することもあるので驚きですよね。

一方、保育園全体の定員が6~19名と定められ、保育者1名につき園児3人までの保育と決められている保育園を小規模保育園といいます。小規模の場合は、人数も少ないため、マンションの一室や空き店舗などを利用して運営しているところもあります。

小規模保育園の制度は待機児童に多い0~2歳児の預け先として、2015年から新たに始まりました。そのため、古くから地域に根付いて運営されている保育園などは、大規模な保育園のことが多いでしょう。

2歳までの小規模保育園と違い6歳までOK

大規模な保育園は、一度入園すると小学校入学までの6歳まで同じ保育園に通うことができます。一方、小規模保育園の場合は原則として0歳~2歳までを預け入れているため、3歳以降に引き続き保育を受ける場合は、新たな預け先を探さなくてはなりません。

そのため、同じ園に長く通いたいという場合は大規模な保育園を選ぶことが多いようです。小規模保育園の場合、新たな保育先の候補は、6歳まで通える大規模な保育園や幼稚園などがありますが、定員の問題でスムーズに預け入れ先が決まらないこともあります。

このような園児のために、自治体によっては、3~5歳児が通うことができる施設を新設しているところもあり、受け皿の枠を広げる動きが目立つようになっています。

小規模ならアットホーム、大規模だと刺激的

小規模保育園と大規模な保育園は、園児の人数や施設の違いから雰囲気も違います。小規模保育園の場合は、施設もマンションの一室などが多く、また、保育士と子どもたちとの距離も近いため、アットホームな雰囲気です。

園児みんなで遊ぶとしても、少人数で和気あいあいと遊びます。一方、大規模保育園の場合は、園児の人数も多いため、園舎や園庭も広く作られています。

遊びも大人数で集まって派手に行われることが多く、運動会などのイベントも保護者を含めて大人数で行われます。そのため、とても刺激的な場だといえるでしょう。

どちらの保育園にもそれぞれのよさがあります。子どもの性格に合わせて、どちらの保育園に入園するか選ぶママも多いですよ。

子どもが大規模な保育園に通うメリット

多くの子どものなかで揉まれてたくましくなる

大規模な保育園に通うメリットは、触れ合う人の人数が多いということがいえるでしょう。0歳や1歳のうちは、直接的に人間関係を学ぶことはまだないかもしれませんが、お友達のことを意識できるようになる2歳以上になると、多くの人と触れ合うことで、自然と対人関係を学ぶようになります。

大規模な保育園で触れ合う人は、保育士の先生、同級生、下級生と年齢もさまざまです。このような環境にいると、小さい頃から自然と社会性を学ぶことができます。

ときにはけんかなどのトラブルもあるかもしれませんが、素直に謝ることや人に優しくすることを覚えるきっかけにもなります。大人数の友達と一緒に過ごすなかで揉まれて、たくましく育つ子どもが多いですよ。

園舎や園庭が広いのでダイナミックに遊べる

大規模な保育園の魅力は、園舎や園庭が広く、ダイナミックに遊べるという点もあります。子どもが走り回れるように園庭が綺麗に舗装してある園や、遊具がたくさんある園もあります。

保育士さんが見守るなかで、家ではなかなかできないダイナミックな遊び方ができるというのは、子どもにとってもメリットではないでしょうか。また、プールなども大きめに作ってある園が多いので、季節ごとの遊びも楽しむことができます。

また、園舎も広々としているので、雨が降っていて外で遊べなくても、園舎のなかで遊ぶことができます。広いホールがある園などでは、大人数でゲームやダンスをすることができ、室内でできる遊びも体を大きく使って楽しむことができるのは魅力的です。

イベントが多く、迫力もあり盛り上がる

大規模な保育園はイベントが多いのも魅力です。子どもが保育園で過ごす姿を実際に見ることができる保育参観や、成長を感じながら親子で楽しむことができる運動会、季節のイベントであるクリスマス会など、さまざまなイベントが催されます。

また、子どもの参加人数が多いため、それぞれのイベントは迫力があり、とても盛り上がります。子どもにとっても親にとっても、一つ一つがよい思い出になりますよね。

また、イベントは子どもがみんなで協力して、一つのことをやり遂げる大切さを学ぶ機会にもなります。イベントの出し物をみんなで練習したり、スムーズに進むように協力しあったり、イベントを通して社会性を学ぶことができることも、集団生活ならではの魅力ではないでしょうか。

子どもの保育園を決めるときのポイント

保育士と子どもたちの表情や雰囲気を確認

保育園を決めるときは、必ず見学にいって保育士と子どもたちの表情や雰囲気を確認しておきましょう。園のカリキュラムや設備などは見学しなくてもわかりますが、園の雰囲気は実際に見て感じないとわかりません。

保育士さんの雰囲気は、子どもに楽しそうに接しているか、保育士さん同士が仲よくしているか、という2点を見ておきましょう。特に、保育士さん同士がギスギスしていると、連携が悪いことで思わぬ事故をまねく可能性もあります。

そして、実際に過ごしている子どもたちの表情もよく見ておきましょう。子どもは嘘をつかないので、楽しければ満面の笑みで過ごしています。

子どもに笑顔がない、表情が乏しい、といった園は、カリキュラムがよくても、やめておいた方が無難です。

同じ学区の子の人数や小学校の規模も考慮

今住んでいる地域の小学校に通わせる予定であれば、小学校と同じ学区内にある保育園を選ぶと、同じ小学校に通うことになる友達と出会うことができます。保育園から一緒の友達がいると、小学校に入ってからの友達作りがスムーズになったり、長く付き合える友達と出会うことができたりするので、おすすめです。

逆に、別の地域や私立の小学校に通わせる予定ならば、その小学校の規模に合わせて保育園を選ぶとよいでしょう。例えば、通わせる予定の小学校が小規模であれば、保育園も小規模でもよいですが、小学校が大規模なのに保育園が小規模だと、小学校に入学したときに子どもが環境に慣れず、苦痛に感じるかもしれません。

子どもの性格にもよりますが、先のことまで予想して保育園を選ぶと安心ですよ。

子どもの性格やどう育って欲しいかが重要

保育園は、その園が子どもの性格に合っているか、そして親が子どもにどう育ってほしいか、ということを考えて決めることが重要です。それぞれの園に特徴がありますので、子どもの成長に適した環境を選びましょう。

例えば、小規模保育園であれば、少人数で穏やかな雰囲気で過ごせますし、大規模な保育園であれば、大人数で張り合いを持って刺激的な毎日を過ごせるでしょう。子どもの性格にとって、どちらが合っているか、考えて決めるとよいですよ。

また、家庭の教育方針もあらかじめ決めておき、保育園を選びましょう。どういうことを一番大切にして子育てをしていくのか、どんな大人になって欲しいのか、という点を決めておき、教育方針に合っている園を選ぶと、ぶれない子育てができますよ。

まとめ

子どもを長く通わせる保育園選びは、親であればとても迷うものですよね。大規模な保育園、小規模保育園、それぞれに特徴やよさがあります。

子どもの性格にはどちらの園が合っているのか、そして、どのような大人に成長してほしいのか、という点をよく考えて、その子にあっている方を選んであげましょう。また、保育園を決める際は、なるべくたくさんの園を見学し、雰囲気を感じてみてくださいね。

乳幼児期の環境は、子どもの成長にも大きく影響します。ぜひ、納得のいく園を選んでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018