就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ友が貰って嬉しい出産祝い!贈る際のマナー や注意すること

ママ友が貰って嬉しい出産祝い!贈る際のマナー や注意すること

「ママ友に出産祝いを贈りたいけれど、何がいいかな」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。できれば喜んでもらえる物を贈りたいですよね。ママ友に出産祝いを贈るときのマナーやプレゼント選びのコツをご紹介します。また、一緒にプレゼントを贈るママ友との間にはどんな気配りが必要なのかも知っておきましょう。

出産祝いを贈る際のマナーについて

出産祝いを渡す時期って?

一般的に出産祝いは生後7日〜30日以内に渡す風習があります。また、出産祝いのお返し(内祝い)は、お宮参りの頃にまとめて配送する家庭が多いようです。

ママ友が直接会いに行って、出産祝いを渡す時期は産後2〜3週間くらい経ってからにしましょう。あまり早くに会いに行っても体調が回復しておらず、疲れているかもしれません。

自宅に伺う場合は、相手に前もって都合のよい日時を確認してから会いにいきましょう。また、会いに行っても長居はせずに、短時間でお祝いの気持ちを伝えて帰りましょう。この時期は授乳の間隔も短く、長居をされるとママも赤ちゃんも疲れてしまいます。

また、相手が里帰り出産をしていてしばらく帰ってこない場合は、帰ってきてから渡しても問題ありません。

出産祝いの相場っていくらなの?

「出産祝いは気持ちが大切で金額は関係ない」というわけではなさそうです。お祝いを渡す方も渡される方も負担にならないよう、相場を知っておくことが大切です。

一般的な友人への出産祝いの相場は5,000円です。しかし、ママ友の場合、相場は1,000円〜3,000円くらいのようです。

出産祝いを渡したいほかのママ友がいる場合は、みんなでお金を出し合って贈りましょう。その場合集まった人数が多かったとしても、相場は5,000円〜10,000円です。

高額な物を渡してしまっても、受け取った方は内祝いのお返しを考えるときに負担となってしまうでしょう。また、相場よりも安いものを渡したのに、それ以上のお返しをされてしまうというケースもあるようです。

正しい熨斗とご祝儀袋の書き方

自分で熨斗(のし)やご祝儀袋を書くときに失礼のないよう、正しい書き方を知っておきましょう。

熨斗は水引の上、中央に「御祝」などの表書きを書きます。水引の下中央には送り主の名前を書きます。複数のメンバーで送るときは◯◯一同と書くのが一般的です。出産祝いの水引は、何度あってもいいお祝いごとなので蝶結びになっているものを選びましょう。

お祝儀袋は現金を直接包む内袋と外袋を用意します。

内袋には表の中央に金額を縦書きで書きます。このとき旧漢数字を使うのが一般的です。例えば1万円の場合、「金 壱萬円」と書きましょう。裏には左下に住所と名前を記入しますが、複数で送る場合は◯◯一同のみでよいでしょう。外袋の書き方は基本的に熨斗と同じです。

出産祝いにもらって嬉しいものは?

人気はやはり現金や商品券

出産祝いにもらって嬉しいもの1位はダントツで現金や商品券です。

贈る側としては、プレゼントを選ぶ手間をかけていないので、そっけない感じがするのではないかと心配になったり、値段が露骨に分かってしまったりするために物をプレゼントとして選ぶ人も多いと思います。しかし、物だと、相手の趣味に合わなかったり、プレゼントがかぶってしまったりと難しい面があると思います。

実際に現金や商品券を贈る場合は、できるだけ手書きのメッセージを添えましょう。そうすれば、そっけないなと思われることもあまりないと思います。また、現金を贈るときは、使い古されたお札を贈るのはマナー違反です。なるべく新札を用意しましょう。新札は銀行などで変えてもらうことができます。


出産祝い用のカタログギフト

値段がはっきりと分かってしまう、現金や商品券に抵抗を感じる場合、出産祝い用のカタログギフトはいかがでしょうか?

カタログギフトであれば、好きな物を選んでもらえるので、プレゼントがかぶってしまわないか心配する必要もないですよね。

カタログギフトは値段によってカタログの種類も選べるので、予算に合わせてカタログを選択しましょう。ママ友の場合、3,000円〜5,000円くらいのカタログを贈る方が多いようです。

また、カタログギフトはいろいろな会社から販売されています。出産祝いということだけあって、表紙もかわいいものが多いです。もし、ママ友が好きなキャラクターなどを知っている場合は、そのキャラクターが表紙になっているカタログを選ぶのもいいでしょう。

あって困ることはないおむつ

消耗品類も喜ばれる贈り物の1つです。特にオムツやおしりふきは毎日使うものなのでたくさんあっても大丈夫ですよね。

しかし、使用するメーカーなどにこだわりをもったママも少なくありません。どのメーカーを使っているのか、どのサイズが欲しいのかなどを相手に聞いてから贈るのが無難です。布オムツを使っている場合もあります。特に新生児用の紙オムツは1カ月ほどしか使えないことが多いので、たくさんプレゼントされても使い切れないという可能性もでてきます。

また、パンパースやムーニーなど赤ちゃんの肌にやさしいプレミアムタイプの商品がある場合があります。パンパースやムーニーを使っているといわれたら、プレミアムタイプのオムツを贈ってあげるとより喜ばれると思います。

出産祝いにもらっても困るものは?

出産祝いの定番オムツケーキ

「見た目もかわいいし、中身は消耗品のオムツだからいいかな」「オムツケーキは出産祝いの定番。間違いないでしょ」と思って、ついつい贈りたくなってしまうオムツケーキですが、意外と喜ばれないことも多いようです。

喜ばれない理由として、オムツケーキは場所をとります。置き場所に困ってしまうことや、オムツケーキに取り付けるスタイやおもちゃなども、相手のママの趣味に合わせるのは難しいことです。

また、オムツケーキは実際のオムツはたくさん入っているわけではないので、「同じ額のオムツのみをたくさんもらった方がいいのにな」と思う人もいるようです。

見ているだけで楽しくなるオムツケーキですが、出産祝いとしてママ友に贈る場合はやめておいた方がいいかもしれません。
40 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC