就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋でも布団を蹴る赤ちゃん、原因と風邪をひかせないための対策

秋でも布団を蹴る赤ちゃん、原因と風邪をひかせないための対策

明け方寒そうなときだけ布団をかける

日中と夜間の寒暖差がはげしく、大人でも油断をしているとすぐに風邪をひいてしまう秋の時期。安定しない天気のせいで赤ちゃんが体調をくずしてしまうことも多々あることでしょう。

気温に合わせて自分で衣服の調整ができない赤ちゃんにとって、早朝の寒さは寝冷えのもとになってしまいます。寝はじめるときに布団や毛布を嫌がったり、寝ている最中に布団から出たりしていても、部屋の温度が下がるにつれて赤ちゃんの体温も徐々に下がってしまいます。

朝方に布団がないままでいると、やはり風邪をひいたりお腹をこわしたりしてしまいますので、赤ちゃんの体温が奪われてしまう前に気づいたときに布団をかけ直してあげることが大切ですね。

どうしようもないときは諦めよう

赤ちゃんが寝冷えをしてしまわないようにと何度も布団をかけ直すのは大変なこと。「きちんと布団をかけたままでいるかな」と心配ばかりしているのはストレスになりますし、パパやママも寝不足になってしまいますよね。

たしかに心配ではありますが、赤ちゃんのお腹や背中さえあたたかければ大抵の場合は大丈夫なものですので、あまりにも寝相が悪い場合には諦めも肝心です。どうしても心配であれば、以下の方法も試してみるのもよいですよ。

・肌着をあたたかい綿素材のものにかえる
・腹巻きつきのパジャマを使用する
・通気性のよい綿素材の腹巻きをつける
・スリーパーを使う
・足元が冷えているときには、靴下ではなくレッグウォーマーをつけてあげる

まとめ

徐々に寒くなっていく秋の季節には、赤ちゃんが風邪をひいてしまわないだろうかとママはつい心配になってしまいますね。とくに冷え込む朝晩には寝冷えが心配なあまり、赤ちゃんが布団を蹴っていないだろうかとわざわざ起きてしまう方もおられるのではないでしょうか。

赤ちゃんが布団から出てしまうことは多々ありますが、やはりそれには理由があります。ぜひ神経質になりすぎずに、記事を参考に理由を探っていただき、赤ちゃんの様子に応じて対応してくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND