就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳のコミュニケーション能力は?言葉の発達の目安と社会性

2歳のコミュニケーション能力は?言葉の発達の目安と社会性

子どもの発達に遅れがないか心配になるママは多いですよね。では、2歳児のコミュニケーション能力はどの程度なのでしょうか。今回は2歳児の言葉の発達の目安や集団生活について解説します。あわせてコミュニケーション能力を伸ばすためのポイントもご紹介します。

2歳の子どもの言葉の発達の目安

2語文ができるようになる2歳から2歳半

2歳になると子どもが使うようになる言葉の数は急激に増えます。「言葉の爆発期」ともいわれ、ほとんどの子どもが話せるようになる時期です。

使用する言葉の数は、2歳で300語、2歳半で500語ほどになります。この時期になると「わんわん、はしる」「まんま、いる」などの2語文ができるようになってきます。さらに、生活の中でママやパパなどの大人の言葉を物事と結び付けて理解できるようになりますよ。

また、「これなに?」「どうして?」など、疑問に思ったことをたくさん聞いてくる「第一質問期」に入ります。これは知的探求心や好奇心の芽生えです。同じことを聞いてくるため、面倒に思うこともあるかもしれませんが、子どもの質問には丁寧に答えてくださいね。

3語文ができるようになる2歳半から3歳

2歳半を過ぎるとより複雑な会話を理解することができるようになり、「ぼく」「わたし」など主語のある3語文を話せるようになります。独り言も増え始めるでしょう。

ママやパパの会話にも参加し、1日の出来ごとを教えてくれるようになります。指示の内容が簡単であれば、「おもちゃを片付けて、コップを取って、ママにちょうだい」など複数のことを同時に理解することもできますよ。

概念もわかってくるので、その場にないものでも考えることができるようになりますよ。さらに、3歳に近づくと、「だから」「でも」などの接続詞も使えるようになる子どもも増えてきます。

会話の内容はより大人に近いものになってくるので、言葉の発達を大きく感じられることでしょう。

言葉の発達は個人差も大きい

しかし、言葉の発達は個人差も大きいため、周りと比べて発達が遅れているかもしれないと感じても、まずは焦らず見守っていきましょう。

2語文を発することが多くなっても、言葉がつっかえたり、同じ言葉を繰り返したりすることが気になるという声も多くあります。これは急激な言葉の増加により、伝えたい言葉を瞬時に思い出すことができないためです。

言葉を思い出そうと、子どもは一生懸命考えているため「うーんと、えーっと」と同じ言葉を繰り返す様子が見られます。成長過程の一つと捉えるようにしましょう。

あまりにも発語が少なかったり、視線が合わなかったり、ほかにも気になる点があればかかりつけ医や子育て支援センターなど、専門機関に相談してみてくださいね。

2歳の子どもの集団とのかかわり方

ほかの子どもに興味が出てくる

自己中心的な言動が多かった子どもも、2歳を過ぎるとほかの子どもに興味が出てきます。

社会性が芽生え、ほかの子どもと遊ぶことが楽しいと感じるようになります。1人遊び中心だったのが、徐々に集団遊びが増えていきますよ。

例えば、保育園に通う子どもは保育士を仲立ちとし、気の合う子どもと会話や遊びを楽しむことができるようになります。ほかにも、おもちゃの取り合いになると、以前までは譲らなかった子どもも保育士が声をかけることで譲るようになってきます。

自分の思いを主張するだけでなく、大人の介入によって相手の思いを知り、おもちゃを譲り合ったり、代わりのおもちゃを用意したりする様子が見られるようになるのがこの時期の特徴です。

ごっこ遊びでやりとりができるようになる

大人が一緒であれば、2~3人のほかの子どもとごっこ遊びをするようになります。鬼ごっこ、かごめかごめ、しっぽ取りなど簡単なルールであれば楽しむことができるようになりますよ。

遊びの中で「順番」「交代」などの決まりがあることを知り、ごっこ遊びの中で、決まりを守ることができるようになってきます。自分の順番が来るまで待ったり、ほかの子どもの順番になると交代したりする姿が見られますよ。

また、遊びの中で「代わって」「いいよ」、「貸して」「どうぞ」などのやりとりが必要になることを学び、相手に自分の気持ちを伝えるようになっていきます。月齢が高くなるにつれて、相手の気持ちを考え我慢する姿も見られるようになりますよ。

1人遊びが好きでも心配ない

2歳を過ぎてもほかの子どもに興味を示さなかったり、1人遊びの方が好きだったりする子どももいます。将来、友だちができなかったらどうしようと不安になるのが親心ですよね。

「内向的な性格」なのかなと思うママもいるかもしれませんが、集団生活に溶け込むのが苦手な子どももいます。この場合、「温かく見守るタイプ」と焦らないようにしましょう。

また、集団生活の経験が少ないと、ほかの子どもとのかかわり方がわからない可能性もあります。「こうしてみたらどうかな?」と遊びの提案をしてあげると、ほかの子どもと遊ぶ機会が増えていくかもしれませんよ。

1人遊びが好きで心配なときは、ほかの子どもと遊ぶきっかけ作りをしてみましょうね。

2歳児のコミュニケーション能力を育むには

たくさん話しかけることがよい刺激になる

子どもの言葉の発達の基本はたくさんコミュニケーションを取ることです。子どもの発達が遅れているかもと感じたら、たくさん話しかけましょう。

科学的根拠は認められていないものの、言葉の発達には兄弟の有無やテレビの視聴時間などが関係しているのではないかといわれています。これは兄弟が少なかったり、テレビの視聴時間が長すぎたりすると会話が減ると考えられるからです。

子どもによってはママやパパの話していることを理解していても、自分からあまり発言しないこともあります。理解できていれば発達に問題はありませんよ。

たくさん話しかけることで脳に刺激を与え、話せるようになる言葉の数も増えていきます。家族の会話を楽しむ時間を積極的に作っていきましょう。

絵本は発想力や想像力を養う

絵本は発想力や想像力を養う教材としても注目されています。ある研究によると、絵本によって脳が活性化し、喜怒哀楽の感情表現が豊かになると報告されています。

2歳を過ぎると、簡単なストーリー性のある絵本の内容を理解できるようになります。絵本には独特の表現も数多く登場します。絵本の世界に入って、言葉の数を増やしていきましょう。

また、絵本の読み聞かせはママと子どもが1対1でかかわることができるので、子どもにとってママの愛情を感じる貴重な時間となりますよ。

スマホやテレビの画面に頼ってしまいたくなるママもいるかもしれませんね。しかし、絵本は脳によい刺激を与えます。お昼寝や就寝前など絵本を読む時間を作ってみてくださいね。

習い事などで同世代のお友だちとふれあう

集団生活や同世代のお友だちにかかわる機会が少ない場合は、習い事を始めるのもよいですね。2歳で習い事を始めるのは早いと感じるママもいるかもしれませんが、メリットもたくさんあります。

家庭で過ごすことしかなかった子どもにとっては同世代の子どもとふれあうことができるので、自然とコミュニケーション能力も高まっていきますよ。気の合うお友だちが見つかると、習い事だけでなくプライベートでも遊べる関係に進展することもあります。

習い事を選ぶときは子どもの気持ちを尊重してあげましょう。2歳はまだまだママやパパの温もりの中で育つことが大切です。習い事が忙しすぎて、ママやパパと過ごす時間が無くならないように気をつけてくださいね。

まとめ

2歳になると話したり、理解したりする言葉の数が増えます。しかし、発達には個人差も大きいので、遅れていると感じても焦らず見守ってあげることも大切です。

この時期はほかの子どもにも興味を示すようになります。ほかの子どもとふれあうことでコミュニケーション能力も向上していきますよ。あまり集団生活に馴染めないときは、きっかけ作りをしてあげてくださいね。

2歳はママやパパの温もりの中で育つことが大切です。家庭でもたくさん話しかけたり、絵本を読んだりして、ふれあいながら社会性を育てていきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj