就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児へ白湯は飲ませる?先輩ママたちの体験談やメリットデメリット

乳児へ白湯は飲ませる?先輩ママたちの体験談やメリットデメリット

離乳食を始める前の赤ちゃんに白湯は必要なのでしょうか。母乳やミルクとは別に、水分補給として飲ませたほうがいいのかな?と悩むママもいらっしゃると思います。ここでは、乳児へ白湯を飲ませる場合のメリットとデメリット、白湯の作り方や白湯を飲まないときの対処方法や先輩ママの体験談などを紹介します。

乳児に白湯はOK?メリットとデメリット

乳児に白湯を飲ませるメリット

赤ちゃんには白湯を飲ませるべきなのでしょうか。育児の考え方は時代により少しずつ変わっていくものですが、現在では、「必ずしも赤ちゃんに白湯を飲ませる必要はない」と考えられており、ママの判断次第で飲ませても飲ませなくてもよいとされています。

では、白湯を飲ませるメリットとは一体何でしょうか。

・水分補給
夏場、粉ミルクだと消化器官への負担が心配な場合でも、白湯ならこまめに水分補給することができます。

・ミルクや母乳以外の味に慣れる
普段と違う味に慣れることで、離乳食がスムーズにスタートできるといわれています。

・便秘解消
水分を補うことで排便が促されるといわれています。オリゴ糖を少量混ぜるとさらに効果的との意見もありますよ。

乳児に白湯を飲ませるデメリット

赤ちゃんに白湯を飲ませることへのメリットがある一方で、デメリットもあります。母乳やミルクでしっかりと水分が摂れていれば、あえて飲ませなくてもよいかもしれませんね。

白湯を飲ませるデメリットをチェックしてみましょう。

・ミルクや母乳の量が減る
白湯でお腹が満たされてしまい、大切な栄養源であるミルクや母乳の哺乳量が減ってしまう心配があります。

・白湯を作る手間がかかる
水道水や市販のミネラルウォーターを煮沸して白湯を作るのは、結構大変。ミルクの調乳に便利なウォーターサーバがあれば手間はかかりませんが、母乳派のママの場合は、白湯のためだけに高額なウォーターサーバを用意するのはためらってしまうかもしれません。

白湯を飲ませている派、そうでない派の意見

白湯を飲ませているママの意見を聞いてみると、第一に挙げられるのがやはり「水分補給のため」でした。母乳の場合は赤ちゃんが求めるだけ与えてよいとされていますが、粉ミルクの場合は消化器官の負担や栄養面から、一日に飲ませる目安量が決まっていますよね。

しかし、猛暑が続く夏やお風呂上りには水分不足が心配です。そんなときに白湯を飲ませている、というママが多数でした。

白湯を飲ませていないママの意見としては、「必要ないから」でした。母乳が充分飲めていて、おしっこも問題なく出ているようであれば、水分が足りていると判断できます。

特に水分を追加で与える必要性を感じないため飲ませていない、というママが多数のようです。

乳児に白湯を飲ませる場合の作り方

白湯の作り方。雑菌に気をつけて!

赤ちゃんに飲ませる白湯は、一度沸騰させて殺菌・塩素除去してから人肌程度まで冷まして作ります。作るときの注意点を確認してみましょう。

・やかんのフタは外す
塩素などの有害物質を蒸発させるため、やかんのフタは外して沸騰しましょう。

・15分以上煮沸する
水道水に含まれる塩素は、5分程度煮沸した状態だとトリハロメタンという発がん性物質に変わる恐れがあるといわれています。15分以上煮沸することでそれらも除去することができるそうです。

・作り置きしない
一度沸騰させて塩素が除去された水は、殺菌効果がなくなり雑菌が繁殖しやすくなります。調理器具や容器は清潔に保ち、長くても1日で使い切るようにしましょう。

量は母乳やミルクに影響がない程度

白湯はどのくらいの量を飲ませてよいのでしょうか。

乳児に与える一日の水分量は、体重1kgあたり100mlが目安といわれています。ただし、夏場の外出時などは大量に汗をかきますので、この目安量に汗をかいた分を追加して考えましょう。これはミルクや母乳を含んだ量ですので、足りない分を白湯で補うことになります。

赤ちゃんにとっては、ミルクや母乳が唯一の栄養源ですので、これらを第一に考えてください。ミルクや母乳だけでは水分が足りていないと感じた場合、1回あたり10~20ml程度に分けて少しずつ飲ませましょう。

なお、一度に大量に飲ませると体調をくずす危険がありますので、少量ずつ飲ませるようにしましょうね。

白湯を飲ませるタイミング

水分補給のための白湯は、たくさん汗をかいたあとに飲ませてあげるとよいでしょう。たとえば、お風呂上りや暑い夏の外出時、夏場のお昼寝のあと、高熱が出ているときなど、赤ちゃんが汗びっしょりになっていることがあると思います。母乳やミルクでは足りなそうな場合、白湯を足してあげるとよいかもしれませんね。

母乳やミルクをしっかり飲んでいるのにおしっこがあまり出ていない場合には、水分が不足している可能性が高いです。白湯などで水分を補うことを考えてみるとよいかもしれません。

なお、新生児のうちは栄養がたくさん必要です。できるだけ母乳やミルクを飲ませてあげるようにしましょうね。一般的に、白湯は生後2カ月くらいから飲ませてよいといわれているようです。

乳児が白湯や麦茶を飲まないときは?

飲まない、嫌がるときは無理に飲ませない

厳しい夏の暑さのなか、脱水症状などを心配するママの気持ちとは裏腹に、白湯を嫌がる赤ちゃんもいます。母乳やミルクは甘い味がするのに対し、白湯は甘味がないため赤ちゃんにとって飲みづらいことがあるようです。

そんなとき、ベビー用のイオン飲料や果汁なら飲んでくれるかな?と考えるママもいるかもしれませんが、あまりおすすめはされていないようです。

イオン飲料や果汁には糖分が含まれており、虫歯の原因になったり、お腹が満たされてしまって肝心のミルクや母乳が飲めなくなったりという心配があります。また、甘い味にばかり慣れてしまうと、白湯やお茶をますます飲まなくなったり、離乳食を始めるときにつまづいたりすることもあるそうです。

白湯を嫌がる場合、なんとかして別のもので水分を補給しようとは考えず、あくまで母乳やミルクを水分補給の中心と考えるようにしましょう。また、白湯を飲まないということはのどが渇いていないということかもしれません。

最初は飲まなくても、時期がくればいずれ飲むようになります。様子を見つつ少しずつ慣らしていくようにしましょう。

少しずつ慣らしてみよう

白湯を飲まないのには、白湯自体を嫌がっている場合と、哺乳瓶を嫌がっている場合とが考えられます。

白湯自体を嫌がっている場合は、本当に喉が渇いていたり、時期がきたりすればいずれ飲むだろう、と気長に様子を見ていきましょう。スプーンなどでごく少量ずつ与え、味に慣らしていってもいいかもしれませんね。白湯は嫌がるけれど麦茶なら飲む、という赤ちゃんの場合は、水分補給は麦茶でする、と割り切ってしまってもよいでしょう。

哺乳瓶を嫌がっている場合は、スプーンやスパウト、コップなど、いろいろな手段を試してみてください。とくに完全母乳の赤ちゃんの場合は哺乳瓶を嫌がることが多いようです。哺乳瓶のメーカーや乳首の形状を変えると飲んでくれるかもしれませんので試してみてもいいかもしれませんね。赤ちゃんへ薬を飲ませるときのスポイトなどを使ってみたというママもいました。

月齢が上がり、離乳食をスタートする頃になれば、なんらかの手段で少しずつ飲めるようになってくるはずですので、焦らずゆっくりと慣らしていくようにしましょう。

夏の暑い時期に水分補給として白湯や麦茶を

乳児に飲ませる麦茶の作り方や量

白湯が苦手でも、麦茶なら喜んで飲んでくれるという赤ちゃんもいます。白湯と同じくらいの量と温度を目安に、麦茶を飲ませてみてもいいかもしれませんね。

麦茶はカフェインが含まれておらず、赤ちゃんの時期から安心して飲ませることができます。市販のベビー麦茶は生後1カ月から、と表記してあるものがほとんどで、新生児期を過ぎれば与えてよいこととなっています。

家で作った麦茶を与えるときには、白湯と同じようによく沸騰させたお湯で煮出し、白湯で薄めて飲ませるようにしましょう。煮出しただけでは、赤ちゃんにとっては濃く、苦みを感じる場合があるそうです。

どれくらい薄めればよいか分からない場合は、市販のベビー麦茶を参考にしてみてもよいかもしれません。

麦茶を飲ませるタイミング

麦茶を飲ませるタイミングについては、白湯と同じく喉が渇いていそうなタイミングに飲ませるとよいでしょう。お風呂上りや、夏場の外出時、お昼寝の後など、汗をたくさんかいて水分を補給したほうがよさそうなときに飲ませてみてください。

嫌がるのを無理に飲ませる必要はありません。嫌がるということは、喉が渇いていないのかもしれません。離乳食がスタートするまでは母乳やミルクが栄養補給と水分補給の中心ですので、そちらをしっかり飲ませてあげるようにしましょう。

離乳食がスタートしたら、食後に飲ませるなどして、少しずつ麦茶の味にも慣れていってもらえるといいですね。最初は嫌がっていても、様々な食材に慣れるにしたがって、麦茶も飲んでくれるようになるはずですよ。

麦茶のメリットとデメリット

麦茶のメリットやデメリットはどういった点があるのでしょうか。

【メリット】
・ミネラルが豊富に含まれている
・火照った体を冷やす効果がある

水分補給だけでなく、健康増進にも役立つ麦茶。小さなうちは母乳やミルク中心にしても、赤ちゃんの成長とともに、積極的に飲ませてあげるとよいかもしれませんね。

【デメリット】
・作るのに手間がかかる上に保存がきかない

白湯と同様、雑菌が繁殖しやすく長期保存に向かない点がデメリットとなります。赤ちゃん用は大人用以上に保存状態や衛生面に気を付けなければなりません。水出しはやめて、必ず煮出して作るようにしましょう。市販の麦茶をうまく活用してもいいかもしれません。

白湯を飲ませたor飲ませなかった体験談

白湯を飲ませたママたちの体験談

白湯を飲ませたというママの話をチェックしてみましょう。

「生後2カ月頃から飲ませていました。最初はスプーンで少しずつ、慣れてきたら哺乳瓶で飲ませました。完母だったので、普段哺乳瓶を使う機会がなかったのですが、今後のために慣れさせておきたかったので白湯で哺乳瓶の練習をしていました。お風呂上りのタイミングで20ccくらい飲ませていました」

「ミルク派だったので、喉がかわいたときに好きなだけ飲ませるというわけにもいかず、お風呂上りには白湯をあげていました。白湯は必要ないという意見もあり、あげると何か支障があるのではと心配する方もいますが、私たちの母親世代はお風呂上りに白湯を与えるようにと指導されていたようです。私自身もそうやって健康に育ってきたので、特に心配せずに水分補給としてあげていました」

「暑い時期、脱水症状が心配で飲ませようとしましたが、母乳大好きだった我が子ははじめ嫌がって飲みませんでした。飲まなくてもいいけれど飲んでくれたら安心、という気楽な気持ちで差し出しているうちに、次第に飲んでくれるようになりました」

白湯を飲ませなかったママたちの体験談

反対に、白湯を飲ませなかったというママたちの話もチェックしてみましょう。

「産院で、母乳が出るならほかの水分は必要ないといわれ、離乳食を開始するころまでは母乳のみでした。母乳は時間やタイミングなどは気にせず、赤ちゃんが欲しがるときにいつでもあげてよいと指導されていたので、お風呂上りにもいつも母乳を飲ませていました」

「白湯を飲ませようとしたこともありますが、白湯を作って、哺乳瓶を消毒して…という毎回の手間が面倒で、結局楽ちんな母乳に頼りました。外出時などに人目が気になる場所でもこまめに水分補給したい、というときには白湯に慣れておくと便利かもしれません」

「母乳やミルクで必要な水分は取れていると聞きました。月齢が低いうちは、お風呂に長時間入ることもありませんし、季節柄とくに脱水が心配になるようなこともなかったので、離乳食開始まで白湯は飲ませませんでした」

「夏場、入浴後に白湯を飲ませてみたところ、すごい勢いで飲んでいました。授乳量に影響が出そうだったので、白湯はやめて授乳しつつそのまま寝かしつけるようにしました」

まとめ

離乳食開始前の赤ちゃんに白湯を飲ませるか飲ませないかについて、どちらが正解、ということはありません。ママが「飲ませたほうがよさそうだ」と思ったら飲ませてもよいし、「白湯は必要なさそうだ」と思ったら飲ませなくてもよいのです。ママがよいと思う方法で水分を補給してあげてくださいね。

迷ったときには周りの先輩ママや子育て支援窓口などでも相談できます。とくに正解のない赤ちゃんとの生活には悩むことも多いと思いますが、気負わず楽しく過ごせるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018