就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

フォローアップミルクも哺乳瓶で与える?様々な飲み方や注意点とは

フォローアップミルクも哺乳瓶で与える?様々な飲み方や注意点とは

赤ちゃんにミルクを与えるときに使うものといえば、哺乳瓶がパッと思い浮かぶママは多いと思います。では、フォローアップミルクの場合はどうでしょうか。哺乳瓶がよいのか、別の方法がよいのか迷うママもいると思います。フォローアップミルクとは何か、どのように与えればよいのか、与える際の注意点をご紹介します。

フォローアップミルクについての基礎知識

飲む目安は離乳食開始後から1歳ごろまで

市販されているフォローアップミルクのパッケージを見ると、生後9カ月~3歳ごろまでがフォローアップミルクの飲用期間とされているものが多いですよね。生後9カ月ごろというと、離乳食が3回食に進んで栄養を離乳食から摂れるようになるころですね。

離乳食の進み具合は子どもの発達やママの考え方の違いにより、必ずしも生後9カ月の時点で3回食になっているわけではありません。パッケージに記載されている生後9カ月を目安にするよりも、離乳食が3回食になったころに始めるとよいですよ。

また3歳ごろまで飲用可能とされるフォローアップミルクですが、1歳になりアレルギーの心配がなく牛乳が飲めるようになると、牛乳に切り替えるママが多いようです。

離乳食だけでは不足しがちな栄養を補う

赤ちゃんに離乳食を与えるときには、できれば栄養バランスを考えて食べてもらいたいと思いますよね。ですが食べ物に慣れていない赤ちゃんは、ママが思うような栄養バランスがよい食事を食べてくれるとは限りません。

好みの問題やアレルギーの問題などがあり、栄養が偏ってしまったり不足してしまったりすることがありますよね。このように不足しがちな栄養素を補う目的で与えるのが、フォローアップミルクです。

赤ちゃんの成長に必要なたんぱく質と脂質が含まれ、離乳食ではどうしても不足しやすい鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルが多く配合されていますよ。赤ちゃんにフォローアップミルクを与えることで、これらの栄養が手軽に補えるのです。

牛乳とフォローアップミルクの違いは?

1歳ごろになると、アレルギーの心配がなければ牛乳が飲めるようになってきます。このころにフォローアップミルクを続けるか、牛乳に切り替えるかで迷うママが出てきます。

一般的に、コスト面は牛乳の方が低価格で経済的な負担が少ないですよ。また牛乳はすぐに飲め、調乳の手間もかからないため手軽ですよね。たんぱく質や脂質、カルシウムなどは牛乳の方が多く含まれる栄養素となります。

一方で、鉄分やビタミン類はフォローアップミルクの方が多く配合されているものが多くあります。とくに鉄分やDHAといった栄養素は牛乳にはほとんど含まれません。

食の傾向やアレルギーの有無、経済性などを考慮して、子どもにどちらが合うのかをママが考えて選ぶとよいですね。

フォローアップミルクは何を使って飲む?

はじめは哺乳瓶でも大丈夫

フォローアップミルクを飲み始める生後9カ月くらいになると、ママの中にはそろそろ哺乳瓶の卒業を考え始める方が増えてくるころですよね。卒乳も視野に入れて、フォローアップミルクは哺乳瓶を使わない方がよいのではと思うママもいるかもしれません。

赤ちゃんが哺乳瓶を愛用していて、ほかのものではフォローアップミルクを飲まない場合、はじめは哺乳瓶で与えても大丈夫ですよ。目安として1歳半ごろまでに哺乳瓶が卒業できればよいので、慌てて哺乳瓶を卒業を考える必要はありませんよ。

個人差がありますし、子どもの様子を見ながら少しずつ哺乳瓶を使う回数を減らし、徐々にコップやストローマグなどのほかの道具が使えるようになるとよいですね。

ストローマグは10カ月ごろから使える

おっぱいや哺乳瓶の乳首を吸うときと、ストローを使って飲み物を飲むときにはいくつかの違いがあります。舌の動かし方や呼吸の仕方が異なるそうです。そのため、母乳を飲んでいたり哺乳瓶でミルクを飲んでいたりした赤ちゃんが、ストローマグを上手に使えるようになるには時間がかかります。

ストローを使えるようになるのは、10カ月ごろだといわれています。もちろん、赤ちゃんによっても個人差がありますしストローの感覚に好き嫌いがあるため、すべての赤ちゃんには当てはまりません。

哺乳瓶を卒業する前に、少しずつストローマグの練習を始めるのがおすすめです。哺乳瓶に執着が強い赤ちゃんも、ストローマグが使えるようになるとすんなり卒業することがあるようですよ。

使い方の練習も兼ねてコップで

ストローマグを使ってみたものの、赤ちゃんがストローを嫌って練習できないという悩みを持つママもいるようです。このようなときには思い切ってコップ飲みの練習を兼ねて、フォローアップミルクをコップで与えるのもよいでしょう。

生後9カ月ごろは、両手でおもちゃを握って遊ぶ様子が見られるころです。物を掴む動作が上手になり、握力もついてきますよね。マグの取っ手を両手で掴んで持ち上げられるようになります。また、赤ちゃんの手のひらに収まるような小さなコップを使ってみるのもおすすめですよ。

最初は傾けすぎたり倒したり、振り回したりして中身をこぼすことが多いので、ママが手を添えて練習をしましょう。失敗することも多いですが、焦らずに練習できるとよいですね。

哺乳瓶でミルクを飲むときに注意したいこと

「哺乳瓶虫歯」の原因と対処法

乳歯が生え始めてきたときに哺乳瓶を使っていると、「哺乳瓶虫歯」になると聞いたことがあるママもいるかと思います。

この哺乳瓶虫歯ですが、哺乳瓶を使っていると必ずなるわけではありません。哺乳瓶でミルクを飲みながら眠る癖があったり、長い時間哺乳瓶でミルクを飲んだりと、口の中にミルクが残る時間が長くなることで虫歯のリスクが高まりますよ。

フォローアップミルクは離乳食後に栄養を補うためだけに与えるようにし、寝かしつけには使わないようにしたいですね。また、哺乳瓶でミルクを飲んだ後は白湯やお茶を与えて、口の中にミルクが残らないようにすることもよいですね。

ミルクが口の中に残りにくいストロー飲みやコップ飲みの練習を少しずつ行うこともおすすめです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事