就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児と一緒に楽しく入浴!一緒にお風呂に入るときの方法と注意点は?

乳児と一緒に楽しく入浴!一緒にお風呂に入るときの方法と注意点は?

赤ちゃんとの入浴は、「シャワーを使ってもいいの?」「体調不良のときはどうするの?」など、分からないことが多くお風呂に入れるのが不安になるママもいますよね。ここでは、赤ちゃんと楽しく入浴するために注意したいことや、お風呂で楽しめるおもちゃなどをご紹介します。

ベビーバスから大人と一緒のお風呂に!

乳児の入浴は1カ月健診のあとから

新生児期の赤ちゃんをお風呂に入れるときは、沐浴をするように出産した産婦人科や病院から指導がありますよね。「どうして赤ちゃんは、大人と一緒にお風呂に入ってはいけないの?」と思う方もいるかもしれません。

新生児期の赤ちゃんは体が小さく抵抗力も弱いので、ウイルスや菌などに感染しやすいです。ですから、生後1カ月をすぎるくらいまでは大人と一緒のお風呂ではなく、ベビーバスで沐浴をしてあげましょう。

赤ちゃんの1カ月健診で何も問題がなく、お医者さんから了承を得られれば一緒にお風呂に入れますよ。「1カ月をすぎたけど、一緒にお風呂に入るのは怖い」というママは、ベビーバスが小さくなければ沐浴を続けても大丈夫です。

乳児にシャワーをかけても大丈夫?

赤ちゃんと一緒にお風呂に入ることは、体を清潔にする以外にもたくさんのメリットがあります。赤ちゃんと一緒にお風呂に入ることで、パパやママが赤ちゃんとたくさんスキンシップをとれたり、赤ちゃんのお肌に異常がないかチェックできたりします。

最近では、体を洗い流すときにシャワーを使用する家庭も多いですよね。「1カ月健診で異常がなければ、赤ちゃんにもシャワーで洗い流していいの?」と思う方も多いかもしれません。

赤ちゃんにシャワーをかけることは、月齢が小さいときはしてはいけないという決まりはありません。赤ちゃんが嫌がらなければ、生後1カ月をすぎた赤ちゃんからシャワーを使用することができますよ。首がすわっていない赤ちゃんは手でしっかり支えてあげることが大切です。

温泉や銭湯に一緒に入っても大丈夫?

赤ちゃんと一緒に入浴できるようになると、「温泉や銭湯にはいつから連れて行っていいの?」と思う方も多いですよね。赤ちゃんが温泉や銭湯に入ってもよいかは、調査した論文などが存在していないので「絶対に入ってはいけない」ということはありません。しかし、1歳を迎えるまでは避けておいたほうがよいでしょう。

温泉や銭湯は、お家のお風呂と違い温度が高めの所もあります。また、お湯の成分によっては赤ちゃんのお肌が荒れてしまう可能性も考えられます。ですから、抵抗力の弱い赤ちゃんの間はお家のお風呂に入れるほうが安心ですよ。

1歳をすぎて温泉や銭湯に連れて行く場合は、排尿や排便には気をつけなければなりません。おむつがとれていない子と一緒に入浴するのを嫌がる方も多いですよ。

乳児に使える入浴剤で一緒にリラックス

大人と同じ入浴剤はいつから大丈夫?

大人の場合、お家のお風呂に入るときに入浴剤を使う方も多いですよね。「お風呂でリラックスするために入浴剤を使いたいけど、赤ちゃんにも使っていいの?」というパパやママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんを入浴剤が入っているお風呂に入れるのは、生後3~4カ月以降が安心でしょう。新生児の頃は、乳児脂漏性湿疹がでやすかったり、お肌が安定していなかったりして、入浴剤が赤ちゃんのお肌を刺激してしまい、お肌のトラブルがおきる可能性があります。

大人と同じ入浴剤を使う場合は、表示成分や注意書きをしっかり読み、赤ちゃんが使用しても安全かを確認してからにしましょう。保湿を目的とした入浴剤は、赤ちゃんにも使えるものが多いですよ。

入浴剤を使うメリットデメリット

大人と同じ入浴剤を使用する場合、赤ちゃんにはさまざまなメリットとデメリットがあります。メリットとデメリットをしっかり確認した上で、赤ちゃんに安全な入浴剤を使ってあげることが大切でしょう。

入浴剤を使うメリット
・赤ちゃんのお肌は乾燥しやすいので、入浴剤で保湿できる。
・お湯の熱さが赤ちゃんにダイレクトに伝わらないように、お肌を保護できる。
・お風呂のお湯に含まれる塩素が、お肌に必要な脂分や、ミネラルを奪うことを防ぐことができる。

入浴剤を使うデメリット
・入浴剤が赤ちゃんのお肌を刺激してしまい、肌トラブルをおこすことがある。
・表示成分や注意書きを必ずチェックしなければならないので、面倒。

大人と同じ石けんやボディタオルは1歳から

赤ちゃんはお肌が敏感なため、低刺激の全身ベビーソープや、ベビー用シャンプーなどを使用しますよね。赤ちゃんが成長していくと「いつから大人と同じ石けんを使えるの?」と疑問に思うパパやママも多いのではないでしょうか。

ベビーソープは、いつまで使用するという明確な決まりは特にありません。ですが、0歳児はお肌も敏感で皮膚トラブルをおこしやすいため、大人と同じ石けんを使うのは1歳をすぎてからがよいでしょう。

ボディタオルもベビー石けんと同様に1歳をすぎてから、大人と同じものを使ってもよいでしょう。しかし、お肌が敏感な子や、大人と同じものを使用するのが心配なママは、ベビー石けんや、ガーゼを使い続けても問題ないですよ。

入浴しても大丈夫?体調が悪いときの入浴

体調不良や予防接種後の入浴は控えよう

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗もよくかくため、体を清潔に保つために毎日お風呂にいれますよね。しかし、赤ちゃんが体調不良のときや予防接種をしたあとは、お風呂に入れてもよいのか悩むママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが体調不良のときは、無理にお風呂に入れる必要はありません。高熱があるときにお風呂に入れると、さらに熱が高くなってしまう危険性があります。熱がなくても、体調が悪く普段と比べてご機嫌が悪いときも、お風呂に入れず様子を見たほうがよいでしょう。

また、予防接種後の入浴を控えたほうが安心です。予防接種のあとは、赤ちゃんが熱を出したり、体調が悪くなったりすることがあるので注意が必要ですよ。

入浴できない場合に身体を清潔に保つ方法

赤ちゃんが体調不良のときや予防接種のあとは、入浴を控える方が安心です。しかし、赤ちゃんは毎日たくさん汗をかくので、「お風呂に入れなくても、赤ちゃんの体を清潔にしてあげたい」と思うママも多いですよね。

赤ちゃんが入浴できないときは、体を清潔なタオルやガーゼで拭いてあげるとよいですよ。体を拭くときは赤ちゃんの体が冷えないように、部屋の温度をチェックしてから始めます。

拭く順番は
1.顔
目の際や口周り、首の付け根や耳の後ろもしっかり拭いてあげましょう。
2.体
赤ちゃんの体が冷えないように、拭く部分だけをバスタオルから出すとよいですよ。
3.髪
赤ちゃんの頭の下に洗面器を置き、髪を洗ってあげます。

ママが生理。親が一緒に入れないときの方法

パパが仕事で帰りが遅いため、赤ちゃんとはママが一緒にお風呂に入っているという家庭も多いですよね。ママが生理になったときは、どのようにすればよいのか不安になる方もいると思います。生理中でも、赤ちゃんと一緒に入浴することは可能です。湯船に入る前にシャワーで体をきれいに洗い流してから入るとよいですよ。

「生理中は湯船に入るのが、気になる」というママは、赤ちゃんだけを湯船に入れてあげましょう。ママが一緒に入らないと不安で泣いてしまう赤ちゃんも多いので、「大丈夫だよ」「気持ちがいいね」などと、優しく声がけをしてあげることが大切です。

ベビーバスが小さくなければ、ママが生理中の期間だけベビーバスで入浴させると入れやすいですよ。

お風呂場の事故に注意!安全対策と注意点

すべる床に要注意!乳児が転倒しないために

赤ちゃんはお家の中ですごすことが多いですが、お家の中でも事故が起こる危険性があります。特に、お風呂場での事故でケガや亡くなってしまう赤ちゃんもいるので、パパやママは注意が必要ですよ。

お風呂場の床は滑りやすいので、赤ちゃんが転倒する危険性があります。ママが1人でお風呂に入れるときは、ママが顔や頭を洗っている間、赤ちゃんから少し目を離すことがありますよね。そのようなときに、ハイハイや掴まり立ちをしたり、歩いたりして滑ってケガする事故が多いです。

お風呂場で赤ちゃんが1人で動かないように、ベルトつきのバスチェアに座らせるか、万が一転倒してもケガをしないように、バスマットを敷いておくと安全ですよ。

危険!石けんの誤飲 事故を起こさない対策

パパやママが赤ちゃんと一緒にお風呂に入っていても、入浴中に起こる事故は多いです。赤ちゃんの誤飲トラブルにも注意が必要ですよ。

赤ちゃんは、興味をもったものを口に入れる癖があります。石けんを口に入れてしまうこともあるので、入浴中もなるべく赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

石けんの誤飲事故を起こさないためにも、石けんはフタがついている容器に入れるようにするか、赤ちゃんの手の届かない高い場所に置くように工夫することが大切です。万が一、赤ちゃんが石けんを舐めてしまったら、母乳やミルクなどの水分をとらせて様子を見ましょう。

赤ちゃんが石けんを食べて嘔吐を繰り返したり、泣き止まなかったりしたときは病院に行くことをおすすめします。

少しの水でも溺れる!注意したいお湯たまり

「プールや海で溺れる子どもは多いけど、家庭のお風呂ではまさか」と思っている方もいるかもしれません。しかし、残念ながら毎年100人以上の赤ちゃんは、家庭の浴槽で溺れて亡くなっています。

浴槽にお湯を溜めている家庭は特に注意が必要です。赤ちゃんは水深10cmくらいの水でも溺れてしまう可能性があります。「お風呂の残り湯がちょっとあるくらいだから、大丈夫」と安心していると、取り返しのつかない事故が起きるかもしれません。

浴槽のお湯は常に抜いておくか、浴室に赤ちゃんが入れないようにドアを閉めておくことが大切です。赤ちゃんはハイハイや1人で歩けるようになると行動範囲が広がるため、お風呂場に興味をもつとママの目を離したすきに行ってしまう危険性がありますよ。

乳児との入浴を快適に。おすすめ入浴グッズ

身体を洗うときも安心!乳児用バスチェア

沐浴の時期が終わり、赤ちゃんとお風呂に入れることはママにとって楽しみなことも多いですが、「1人で赤ちゃんをお風呂に入れられるか不安」というママもいますよね。赤ちゃんと入浴するときは、乳児用のバスチェアを活用すると便利ですよ。おすすめの乳児用バスチェアをご紹介します。

・「アップリカ」のバスチェア
「アップリカ」のバスチェアは、新生児の頃~2歳頃まで長く使用することができます。赤ちゃんの成長に合わせて背もたれの角度を変えられますよ。ねんねの時期の赤ちゃんには、付属されているやわらかいマットを敷くとよいでしょう。

・「シンセーインターナショナル」のバスチェア
薄型のバスチェアで簡単に折りたたむことができるので、収納場所にも困らず使いやすいですよ。

入浴が楽しくなるお風呂のおもちゃ

「お風呂に入ると、毎回ギャン泣きするから大変」と、お風呂が嫌いな赤ちゃんに困っているママも多いですよね。お風呂嫌いな赤ちゃんも入浴するのが楽しくなる、お風呂のおもちゃをご紹介します。

・「アンパンマン どこでもシャワー」
赤ちゃんに人気のキャラクターの「アンパンマン」のおもちゃがあれば、お風呂タイムがとっても楽しくなりそうですね。浴槽に浮かべると自動的に水をくみ上げてシャワーを出してくれますよ。お風呂嫌いな赤ちゃんには「アンパンマンに会いに行こう」といって、お風呂に連れて行くとよいですね。

・「コンビ コップがさね」
大小のさまざまな大きさのコップで遊べるおもちゃです。お水をすくって「ジャー」と流す水遊びは赤ちゃんも大好きな遊び方ですよね。

頭を洗うときに困らないおすすめ便利グッズ

赤ちゃんの顔や頭を洗うとき、「暴れて洗わせてくれない」というママもいますよね。頭や顔を洗うときにママが困らないように、おすすめの便利グッズをご紹介します。

・「PIPBABY」ピップシャンプーハット いないいないばあっ!
頭や顔を洗うとき、シャンプーハットを使えば顔にお湯や泡がかからないので、ママも洗いやすいかもしれませんよ。また、子どもに人気のキャラクターのものを使えば、洗う時間も楽しくなりそうですよね。

・「ベビーイヤーキャップ」
「頭にお湯をかけられると、耳にお湯が入って嫌」という理由で泣いている赤ちゃんには、赤ちゃんの耳への水の侵入をしっかり防いでくれるイヤーキャップがおすすめですよ。

まとめ

赤ちゃんとお風呂に入るのは心配なこともたくさんあり、慣れるまでは不安に感じるママも多いですよね。お風呂に入る前は、赤ちゃんの体調やご機嫌などの様子を見てから入るようにしましょう。

また、赤ちゃんとの入浴をスムーズに進められるように、バスチェアなどの便利グッズやお風呂で使えるおもちゃを活用すると、お風呂嫌いな赤ちゃんも楽しんで入浴できるかもしれませんね。安全で楽しい入浴タイムにできるように工夫することが大切ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018