就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児と一緒に楽しく入浴!一緒にお風呂に入るときの方法と注意点は?

乳児と一緒に楽しく入浴!一緒にお風呂に入るときの方法と注意点は?

赤ちゃんとの入浴は、「シャワーを使ってもいいの?」「体調不良のときはどうするの?」など、分からないことが多くお風呂に入れるのが不安になるママもいますよね。ここでは、赤ちゃんと楽しく入浴するために注意したいことや、お風呂で楽しめるおもちゃなどをご紹介します。

ベビーバスから大人と一緒のお風呂に!

乳児の入浴は1カ月健診のあとから

新生児期の赤ちゃんをお風呂に入れるときは、沐浴をするように出産した産婦人科や病院から指導がありますよね。「どうして赤ちゃんは、大人と一緒にお風呂に入ってはいけないの?」と思う方もいるかもしれません。

新生児期の赤ちゃんは体が小さく抵抗力も弱いので、ウイルスや菌などに感染しやすいです。ですから、生後1カ月をすぎるくらいまでは大人と一緒のお風呂ではなく、ベビーバスで沐浴をしてあげましょう。

赤ちゃんの1カ月健診で何も問題がなく、お医者さんから了承を得られれば一緒にお風呂に入れますよ。「1カ月をすぎたけど、一緒にお風呂に入るのは怖い」というママは、ベビーバスが小さくなければ沐浴を続けても大丈夫です。

乳児にシャワーをかけても大丈夫?

赤ちゃんと一緒にお風呂に入ることは、体を清潔にする以外にもたくさんのメリットがあります。赤ちゃんと一緒にお風呂に入ることで、パパやママが赤ちゃんとたくさんスキンシップをとれたり、赤ちゃんのお肌に異常がないかチェックできたりします。

最近では、体を洗い流すときにシャワーを使用する家庭も多いですよね。「1カ月健診で異常がなければ、赤ちゃんにもシャワーで洗い流していいの?」と思う方も多いかもしれません。

赤ちゃんにシャワーをかけることは、月齢が小さいときはしてはいけないという決まりはありません。赤ちゃんが嫌がらなければ、生後1カ月をすぎた赤ちゃんからシャワーを使用することができますよ。首がすわっていない赤ちゃんは手でしっかり支えてあげることが大切です。

温泉や銭湯に一緒に入っても大丈夫?

赤ちゃんと一緒に入浴できるようになると、「温泉や銭湯にはいつから連れて行っていいの?」と思う方も多いですよね。赤ちゃんが温泉や銭湯に入ってもよいかは、調査した論文などが存在していないので「絶対に入ってはいけない」ということはありません。しかし、1歳を迎えるまでは避けておいたほうがよいでしょう。

温泉や銭湯は、お家のお風呂と違い温度が高めの所もあります。また、お湯の成分によっては赤ちゃんのお肌が荒れてしまう可能性も考えられます。ですから、抵抗力の弱い赤ちゃんの間はお家のお風呂に入れるほうが安心ですよ。

1歳をすぎて温泉や銭湯に連れて行く場合は、排尿や排便には気をつけなければなりません。おむつがとれていない子と一緒に入浴するのを嫌がる方も多いですよ。

乳児に使える入浴剤で一緒にリラックス

大人と同じ入浴剤はいつから大丈夫?

大人の場合、お家のお風呂に入るときに入浴剤を使う方も多いですよね。「お風呂でリラックスするために入浴剤を使いたいけど、赤ちゃんにも使っていいの?」というパパやママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんを入浴剤が入っているお風呂に入れるのは、生後3~4カ月以降が安心でしょう。新生児の頃は、乳児脂漏性湿疹がでやすかったり、お肌が安定していなかったりして、入浴剤が赤ちゃんのお肌を刺激してしまい、お肌のトラブルがおきる可能性があります。

大人と同じ入浴剤を使う場合は、表示成分や注意書きをしっかり読み、赤ちゃんが使用しても安全かを確認してからにしましょう。保湿を目的とした入浴剤は、赤ちゃんにも使えるものが多いですよ。

入浴剤を使うメリットデメリット

大人と同じ入浴剤を使用する場合、赤ちゃんにはさまざまなメリットとデメリットがあります。メリットとデメリットをしっかり確認した上で、赤ちゃんに安全な入浴剤を使ってあげることが大切でしょう。

入浴剤を使うメリット
・赤ちゃんのお肌は乾燥しやすいので、入浴剤で保湿できる。
・お湯の熱さが赤ちゃんにダイレクトに伝わらないように、お肌を保護できる。
・お風呂のお湯に含まれる塩素が、お肌に必要な脂分や、ミネラルを奪うことを防ぐことができる。

入浴剤を使うデメリット
・入浴剤が赤ちゃんのお肌を刺激してしまい、肌トラブルをおこすことがある。
・表示成分や注意書きを必ずチェックしなければならないので、面倒。

大人と同じ石けんやボディタオルは1歳から

赤ちゃんはお肌が敏感なため、低刺激の全身ベビーソープや、ベビー用シャンプーなどを使用しますよね。赤ちゃんが成長していくと「いつから大人と同じ石けんを使えるの?」と疑問に思うパパやママも多いのではないでしょうか。

ベビーソープは、いつまで使用するという明確な決まりは特にありません。ですが、0歳児はお肌も敏感で皮膚トラブルをおこしやすいため、大人と同じ石けんを使うのは1歳をすぎてからがよいでしょう。

ボディタオルもベビー石けんと同様に1歳をすぎてから、大人と同じものを使ってもよいでしょう。しかし、お肌が敏感な子や、大人と同じものを使用するのが心配なママは、ベビー石けんや、ガーゼを使い続けても問題ないですよ。

入浴しても大丈夫?体調が悪いときの入浴

体調不良や予防接種後の入浴は控えよう

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗もよくかくため、体を清潔に保つために毎日お風呂にいれますよね。しかし、赤ちゃんが体調不良のときや予防接種をしたあとは、お風呂に入れてもよいのか悩むママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが体調不良のときは、無理にお風呂に入れる必要はありません。高熱があるときにお風呂に入れると、さらに熱が高くなってしまう危険性があります。熱がなくても、体調が悪く普段と比べてご機嫌が悪いときも、お風呂に入れず様子を見たほうがよいでしょう。

また、予防接種後の入浴を控えたほうが安心です。予防接種のあとは、赤ちゃんが熱を出したり、体調が悪くなったりすることがあるので注意が必要ですよ。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj