就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代の主婦が抱えている悩みとは?改善策や新しい自分の見つけ方

30代の主婦が抱えている悩みとは?改善策や新しい自分の見つけ方

30代主婦のママが抱える悩みとは、どのようなものでしょうか。まったく悩みがないというママは、おそらくほとんどいないでしょう。ほかの同世代ママたちがどのようなことで悩み、どうやって解決しているのか気になりますよね。そこで今回は、30代の主婦が抱える悩みとその改善策を紹介していきます。

30代の主婦に多い悩みとは何か

自分のやりがいについて悩んでいる

専業主婦のママは、家事育児に対する報酬があるわけではないので、どうしてもやりがいを感じにくくなってしまいます。どんなに完璧にこなしていても、誰にも褒められず、認められず、「やって当たり前」と思われてしまうと、何のために頑張っているのか分からなくなるということもあるでしょう。

結婚出産を経験するまでバリバリ働いていたママは、特にこの悩みを感じやすい傾向にあります。幼い子どもを育てていると、社会とのかかわりが希薄になり、愚痴を聞いてくれたり悩みを相談したりする話し相手がなく、ストレスに感じることもあるでしょう。

「こんなはずじゃなかった」「もっと認められたい」と悩んでいる30代の主婦は意外と多いのです。

ワーママが一度は悩む家庭と仕事の両立

女性の社会進出が進み、結婚・出産を経ても仕事を続けているというママは多くなってきています。「自身のキャリアのため」「家計を助けるため」など目的は様々ですが、共働き世帯は年々増加傾向にあります。

正社員、派遣社員、パート、アルバイトなど、雇用形態にもバリエーションがあり、家庭との両立を考えながら自分に合った働き方を選ぶことができます。しかし一方で、仕事と家事の両立に悩むママは多く、結果的に退職を選ぶことも少なくないようです。

イクメンパパが増えたとはいえ、全体としてはまだまだママの家事負担が大きい傾向にあります。特に、一番手のかかる幼児期の子どもを育てている場合、思うように家事が進まずストレスを感じてしまうでしょう。

教育資金や住宅ローンなどのお金の悩み

30代の主婦が抱える悩みとして、最も多いのが「お金の悩み」です。子どもの教育資金、住宅ローン、自動車ローン、各種保険、老後資金など、子育て世帯は収入に対して支出が多くなりがちな年代ともいえます。

日々の生活費も、幼い子どもがいると何かと必要になりますよね。今まさに必要なお金と、将来的に必要になるお金、どちらもバランスよく配分していかなければなりません。しかし多忙な中で、夫婦がお金のことをじっくり話し合う機会を持つのは難しいでしょう。

「もっとお金があればなぁ…」と考えるときりがありません。夫婦どちらかが独身時代のような金銭感覚を持っていると、お金の悩みは尽きないでしょう。夫婦で家計の問題点を見直すところから始めてみるとよいかもしれませんよ。

30代の主婦が抱える悩みの改善策とは

目標を立てて達成するやりがいを感じよう

「やりがい」は人それぞれ感じる基準が違いますよね。主婦になって、家事育児にやりがいを感じないというママでも、小さな目標を立てて一つ一つ達成していくことで、自分なりの満足感を味わうことができるでしょう。

例えば「今日は押し入れを完璧に整理する」「排水溝をピカピカにする」など、日常の小さな目標でよいのです。やり終えたときの達成感は自分にしか分からないかもしれませんが、それが積み重なることで、今の生活に満足感を得ることに繋がります。

分かりやすい目標としては「100万円貯める」「大型テレビの購入費用を捻出する」など、貯蓄に関するものがおすすめです。あくまでも達成可能な目標にすることがポイントですよ。

家庭と仕事の両立は完璧を求めない

真面目で仕事熱心なママにありがちなのが、完璧にこなせないときに自分を責めてしまうということです。専業主婦で家事育児をしていても、すべてを完璧にやるというのは至難の業です。

仕事を持ちながら家庭のことまでなんでもやろうとすると、どこかでストレスが爆発してしまう危険性があります。ワーママに必要なのは、「適度な手抜き」です。自分で完璧主義や頑張り屋さんの自覚があるママは「頑張らないように頑張る」とよいですよ。

少し抜けがあるくらいの方が、パパや子どもが手伝ってくれる可能性もあります。主婦業は「マルチタスク」といわれる難しい仕事なのです。上手に手を抜きつつ、家事と仕事を両立している自分の能力を褒めてあげてくださいね。

将来のマネープランを書き出してみよう

年収が多くても少なくても、お金の悩みというのは大抵の主婦が抱えているものです。そもそもなぜお金で悩むのか。それはズバリ、将来のマネープランが漠然としているからでしょう。

いつどのタイミングでどれだけの資金が必要になるのか明確になっていれば、後はそれに向かって計画的に貯蓄していくだけです。パパとお金の話をする時間を作って、ライフプラン、マネープランを書き出してみましょう。

住まい、教育費、保険、老後資金など、少し難しい話になるかもしれません。ファイナンシャルプランナーなど、お金の専門知識を持ったプロに相談するのもよいでしょう。自分たちに必要なお金が見えてくると、悶々としていた「お金の悩み」はきっとすっきりしますよ。

30代から新しいことを始めてみよう

趣味を活かして起業することもできる

新しいことを始めたい、自分で何かを作り上げたいと思っているママ、子育てしながらでも起業することは十分に可能です。起業といっても、社員を雇うような大きな会社ではなく、自宅で趣味や特技を活かした仕事をするなら、ひとりでも始められますよ。

〈在宅でできる趣味を活かした仕事〉
・お稽古教室…ピアノ、そろばん、英語、習字、ダンス、クラフトなど
・リラクゼーションサロン…マッサージ、ネイル、エステなど
・IT関連…ライター、プログラマー、WEBデザイナー、データ入力など
・ネットショップ…アクセサリーやハンドメイド品の販売など

在宅起業は、子育てと両立しやすいのがメリットですね。中でもIT関連の起業なら、比較的簡単に始めることができますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj