就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

0歳でも手遊びは楽しめる!手遊びの種類と効果をチェックしよう

0歳でも手遊びは楽しめる!手遊びの種類と効果をチェックしよう

手遊びの魅力といえば、道具も必要とせず、いつでもどこでもできることでしょう。言葉がまだ通じない赤ちゃんでも楽しめる遊びの一つですよね。ここでは、手遊びにはどのような種類があり、どのような効果をもたらしてくれるのか、手遊びの様々な楽しみ方をご紹介していきます。

親子で楽しむ手遊びとその効果

手遊びとはどういうもの?

手遊びとは、音楽の歌詞の内容に合った手や指の動きをする、歌と手の動作が一つになった遊びのことをいいます。中には手先だけでなく、腕や体全体を使ってリズムに合わせて動かすものもあります。

赤ちゃんは、手遊びの意味が分からなくても動きをジッと見ていたり、真似をしようとしたりしますよね。赤ちゃんの目の前で指先を動かしてみると不思議そうな顔を浮かべながらも、興味を示してくれるでしょう。そして、ママやパパが楽しそうに歌を歌うと、赤ちゃんにも楽しさは伝わりますよ。

道具も必要としない、場所も取らずに楽しめる遊びがあるのは嬉しいですね。親子で遊びながら楽しいコミニュケーションが取れるものなので、挑戦してみましょう。

手遊びに期待できる効果とは?

手遊びは手を使う遊びなので、手先が器用になることが期待されます。そして、手は外部の脳ともいわれており、手遊びでは左右の手をバランスよく使うため、脳を活性化して発達を促してくれます。

歌と動作が一つになった手遊びは、繰り返し行うことでリズム感を養ったり、反射機能が発達したりするようです。歌の長さも短く、赤ちゃんが覚えやすいよう身近な言葉が歌詞に使われているので、言葉の学習にもなりますよ。覚えた言葉に興味や関心を持つきっかけにもつながるでしょう。

歌詞の面白い部分、手の動きの楽しい部分などでは一緒に笑い合えますし、大きな動きをすることで赤ちゃんのコミュニケーション能力の向上にもつながります。遊びで赤ちゃんの発達を促すことができるのは嬉しいですね。

そもそも0歳児に手遊びはできるの?

言葉をまだ理解できない0歳児でも、楽しく手遊びはできます。ねんね期のころは、ママが手を叩いて音を出してみることで反応が見られるでしょう。また、月齢が低い時期は「いないいないばあ」の遊びもおすすめです。顔にガーゼを当てながら遊ぶなど、手でする以外にアイテムを使ってみるのも楽しいですね。

うつ伏せができるころには、手足をよくバタバタと動かすようになります。赤ちゃんと同じ目線になり、リズムに合わせて手の平で床を叩いてみてください。赤ちゃんが真似をするのを待つだけでなく、ママが赤ちゃんの動きを真似てみるのも面白いですよ。

おすわりができるようになると、ママの膝に赤ちゃんがすわって手遊びをするのもよいですね。赤ちゃんの成長によって遊び方に変化をつけましょう。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

赤ちゃんと手遊びを楽しむコツとは?

手指や体に優しく触れて安心感を与えよう

まだ言葉を話せない赤ちゃんと手遊びをするとき、「どう遊べばいいのか分からない」「赤ちゃんの反応が薄いので、楽しいのか不安になる」など、遊び方に悩むママは多いかもしれませんね。言葉を話せない赤ちゃんとでも、ママの触れ合い方で信頼関係をしっかり深めていけるでしょう。

手遊びは親子のスキンシップなので、赤ちゃんと遊ぶときは赤ちゃんの体や手指に優しく触れることが大切です。このとき、ママが緊張していたり、不安そうにしたりすると赤ちゃんまで気持ちが不安定になるので、優しい気持ちで触れるのがポイントですよ。

ママが優しく触れることで、赤ちゃんに安心感を与えられます。なるべくリラックスして触れ合えるように心がけましょう。

色々な手遊びで言葉の成長を促そう

手遊びにはたくさんの種類があるため、色々な種類の手遊びを覚えるのは少し大変かもしれませんね。しかし、手遊び歌は親子のスキンシップになるだけでなく、歌を聴くことで赤ちゃんの言葉の成長を促す効果が期待できるでしょう。

月齢が低い赤ちゃんでも、聴覚はママのお腹の中にいるときから発達しています。無言で赤ちゃんに触れるよりも手遊び歌で楽しみながら触れ合うと、色々な言葉を覚えられたり、言葉に興味を持ったりすることができますよ。

赤ちゃんはママの声が大好きなので、なるべくママの声で歌いながら手遊び歌で楽しみましょう。赤ちゃんが興味を持つように、明るい声でハキハキと楽しそうに歌うことを心がけてくださいね。

ママやパパが楽しむと、赤ちゃんも楽しい

会話ができない赤ちゃんと「どうコミュニケーションを取ればいいの?」「赤ちゃんの考えていることが分からなくて、どう触れ合えばいいのか悩む」など、赤ちゃんとどう接すればよいのか分からないというママもいますよね。

手遊び歌は赤ちゃんと簡単に触れ合って楽しめる遊びの一つですが、ママやパパが不安を抱えながら赤ちゃんに接すると、赤ちゃんまで心が不安定になります。最初は反応がなくても、何回も遊んでいくと少しずつ反応が見られるので、まずはママやパパが楽しみながら赤ちゃんと触れ合うようにしましょう。

ママやパパが笑顔で楽しんで手遊びをすれば、赤ちゃんも楽しい気持ちになります。赤ちゃんと触れ合うときはリラックスして、楽しむことを忘れないでくださいね。
40 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND