就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

0歳でも手遊びはできる!手遊びの種類と効果をチェックしよう

0歳でも手遊びはできる!手遊びの種類と効果をチェックしよう

手遊びの魅力といえば、道具も必要とせず、いつでもどこでもできることだと思います。言葉がまだ通じない赤ちゃんでも楽しめる遊びのひとつなのです。どのような種類があり、どのような効果をもたらしてくれるのか、手遊びの活用法を紹介していきます。

親子で楽しむ手遊びとその効果

「手遊び」とはどういうもの?

手遊びとは、音楽の歌詞の内容にあった手や指の動きをする、歌と手の動作がひとつになった遊びのことをいいます。中には手先だけでなく、腕や体全体を使ってリズムに合わせて動かすものもあります。

乳児期の子どもは、意味はわからなくてもジッと見ていたり、真似をしようとしますよね。子どもの目の前で指先を動かしてみると不思議そうな顔を浮かべながらも、興味を示したり、注意をひくものです。そして、ママやパパが楽しそうに歌を歌ってくれると、子どもにも楽しさは伝わっているのです。

道具も必要としない、場所もとらずに楽しめる遊びがあるのは嬉しいですね。親子で遊びながら、楽しいコミニュケーションができる遊びのひとつだと思います。

「手遊び」に期待できる効果とは?

手を使う遊びなので、手先が器用になることが期待されます。そして、手は外部の脳とも言われており、手遊びでは左右の手をバランスよく使うため、脳を活性化して発達を促してくれます。

歌と動作がひとつになった手遊びは、繰り返し行うことでリズム感を養ったり、反射機能を発達させることもできます。歌の長さも短く、子どもが覚えやすいよう身近な言葉が歌詞に使われているので、言葉の学習にもなります。覚えた言葉に興味や関心を持つキッカケにもつながるでしょう。

歌詞の面白い部分、手の動きの楽しい部分などでは、一緒に笑ったり、大きな動きをすることで、子どもたちのコミュニケーション能力の向上につながります。遊びながら養うことができるので嬉しいですね。

そもそも0歳児に手遊びはできるの?

言葉をまだ理解できない0歳児でも楽しく手遊びはできます。ねんね期のころは、ママが手を叩いて音をだしてみたりすることで反応をします。「いないいないばあ」の遊びもオススメです。顔にガーゼを当てながら遊んだりと、手でする以外にアイテムを使ってみると良いですよ。

うつ伏せができるころには、手足もよくバタバタと動かすようになりますよね。子どもと同じ目線になり、リズムに合わせて手のひらで床を叩いてみたりしてみてください。子どもが真似をするよりも、ママが子どもの動きを真似てみることで楽しく遊ぶことができます。

おすわりができるようになるころは、膝にのせてみることも楽しいです。子どもの成長過程によって遊びかたの変化をつけることができます。

手遊びはどこで、どうやって知るの?

「子育て支援センター」で学ぼう

住まれている地域の子ども支援センターや、児童館などで、専門の講師の方による手遊びのイベントを開催していることがあります。たくさんの歌や、手遊びの種類を教えてくれるので、いろんな手遊びを体験できるひとつの手段です。

子ども支援センターは、いろんな子どもが利用する場なので、月年齢の近いお友達と一緒に手遊びができるいい機会だと思います。自分の子どもやお友達が、どの手遊びが一番楽しそうにしているのか、それぞれの好みを発見できるかもしれません。情報交換ができる場でもあるので、お友達がよくやる、新しい手遊びも知ることができます。

無料で利用できる施設がたくさんあり、手遊びのことも知ることができるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

「手遊び動画」を活用してみよう

インターネットが普及している現代では、スマートフォンの機器でも、気軽に調べることができます。さまざまなサイトにわかりやすく手遊びのやり方を動画で紹介しています。

動画だと、歌のメロディーやリズムも知ることができますね。私も実際活用したことがありますが、どのタイミングで、どのような動きをするのか、目でみることができるので、覚えやすいと思いました。はじめてでも、観ながら真似ができるので、知らなくてもすぐ手遊びに挑戦ができますね。家にいながらでも、たくさんの種類を知ることができます。

手遊びには決まったルールはないので、動画をヒントに、自分なりにアレンジをしたり、オリジナルの手遊びを作ってみるのもいいと思います。

「手遊び本」をチェックしてみよう

可愛いイラストでわかりやすく手遊びを紹介している本がたくさんあります。指の動作など、ひとつひとつ細かく説明しているので、マイペースに練習することができ、コツが掴みやすくなります。イラストがたくさんのったカラフルな本もあれば、写真で紹介している本もあります。

歌の歌詞を載せていたり、楽譜のように音符が載っているものもあります。本の読み聞かせをしている感覚で歌を覚えるのもいいと思います。振りの解説を載せている本もあり、覚えやすいような工夫がされていると思いました。

月年齢ごとや、シーン別などを目次にてわかりやすく一度で確認することができるので、探しやすいです。最近では、DVD付きの書籍も販売されていたりしますね。

今日から始める赤ちゃんと手遊び

おねんね赤ちゃん期「フランスパン」

赤ちゃんの体をフランスパンに見立てて遊びます。手や足の全体を優しくなでながら歌います。歌詞はこちらです。

これはおいしいフランスパン
バターを塗ってぺたぺた チーズを塗ってぺたぺた
ジャムを塗ってぺたぺた クリーム塗ってぺたぺた
はいできあがり ぱくぱくぱく~

「ぱくぱくぱく〜」の部分は、ツンツンと軽くつつきながら、食べる真似をしてみてください。言葉をまだ理解できない赤ちゃんでも、くすぐったくて笑ってくれるかもしれません。

この歌詞を参考に、いろいろアレンジしてみるのもオススメです。お風呂上がりのときに、オイルなどを使用するとベビーマッサージにもなります。挑戦してみてはいかがでしょうか。

《ふれあい遊び》フランスパン♪〜低月齢から出来るマッサージ〜

低月齢からできるマッサージ遊びです♪
手や足も歌いながらマッサージして親子のコミュニケーションを取りましょう♪

おすわり期「一本橋こちょこちょ」

赤ちゃんをくすぐっていく手遊びです。歌詞はこちらです。

いっぽんば~し(手のひらを指す)
こ~ちょこちょ(手のひらをくすぐる)
たた~いて(手のひらを優しく叩く)
つ~ねって(手のひらを軽くつねる)
階段登って(手首から肘にかけて指を使って登っていく)
こちょこちょこちょ~(脇の下をくすぐる)

この手遊びは、地方によって若干の違いがあるようです。例えば、関西圏では「階段登って、滑って、裏から登って、こちょこちょこちょ〜」だったり、関東圏では「階段登って降りてきて、裏から登って、こちょこちょこちょ〜」と歌っているそうです。

どの地方での歌い方でもおもしろそうですね。家庭によってアレンジしてみてはいかがでしょうか。

【手遊び歌】いっぽんばしこちょこちょ

おすわり期「うまはとしとし」

ママやパパが体全体を使ってする遊びです。歌詞はこちらです。

うまは としとし
ないても つよい
うまは つよいから
のりてさんも つよい(ぱかっ ぱかっ)

馬をイメージしながらやってみるといいと思います。家の中で遊ぶときは、両膝にのせて上下にゆらして、「ぱかっ ぱかっ」のあとに優しく「ドスン!」と膝の間から落としてみてください。

おすわりが安定している赤ちゃんには、四つん這いになり、支えながら背中にのせ、リズムよくお馬さん歩きをしてあげます。早くしてみたり、ゆっくり歩いてみたりと、子どもが一番気に入ってくれるやり方を見つけてみてください。

外出先でもできます。抱っこをした状態で飛び跳ねるようにして遊んでみるのもオススメです。

うまはとしとし(歩き始めの頃のわらべうた遊び)

まとめ

言葉をまだ理解できない、0歳からでも手遊びはできます。

手先が器用になったり、コミニュケーション能力の向上に繋がったりと、赤ちゃんにとって、遊びながらさまざまな効果をもたらしてくれるのは嬉しいですよね。

いろんな手遊びのレパートリーを増やして、子どものお気に入りを探したり、オリジナルの手遊びを作ってみてください。

手遊びを知れる場やツールを活用して、ぜひ親子でコミュニケーションの時間を楽しみ、きずなを深めていってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018