就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬生まれの赤ちゃんに必要な肌着!用意する枚数や種類、目安を知ろう

冬生まれの赤ちゃんに必要な肌着!用意する枚数や種類、目安を知ろう

冬生まれの赤ちゃんの出産準備、悩みますよね。冬は寒くて洗濯物も乾きにくいし、どんな種類の肌着をどれくらい用意したらよいのか、知りたいママも多いと思います。短肌着、コンビ肌着、長肌着などのそれぞれの特徴を知って、何を何枚用意すればよいかを考えてみましょう。

肌着にはどのような種類があるの?

一番よく使う「短肌着」

出産準備品のリストには「短肌着」や「長肌着」、「コンビ肌着」などいろいろな種類の肌着の名前がありますよね。どれを買えばよいのか迷ってしまうママも多いでしょう。

「短肌着」は「たんはだぎ」と読んで、肌着の中で一番よく使います。丈が短い肌着で、生まれてすぐから半年くらいまでは大活躍してくれます。

素材や厚みはいろいろですが、綿100%で、前を合わせて紐で結ぶタイプが多いです。袖は半袖が一般的です。

赤ちゃんは体温調節がまだうまくできないので、短肌着は汗を吸い取ったり、体温調節を助けたりする役割をしてくれます。素肌の一番近くで赤ちゃんを守ってくれる大切な肌着です。肌着の中でも一番活躍してくれるのが短肌着、と覚えておくとよいですね。

裾がめくれにくい「コンビ肌着」

「コンビ肌着って何?」というママも多いかもしれないですね。コンビ肌着は丈が膝下くらいまであって、足元にスナップがついていて留められるようになっている肌着です。

短肌着の丈を長くして、足元にスナップをつけたような感じです。このスナップがポイントなのです。

コンビ肌着は基本的に短肌着の上に着せます。短肌着は前を紐で結ぶだけなので、はだけてお腹が出やすいですが、コンビ肌着を着せてスナップを留めれば裾がめくれてお腹が出る心配はありません。

スナップは留めなくてもよいので、赤ちゃんの成長に合わせて使い分けるとよいでしょう。素材はもちろん、色や柄もいろいろあって、おしゃれなものならお出かけに着ていっても大丈夫です。使い勝手のよい肌着です。

使用期間は短い「長肌着」

丈が短い肌着が短肌着なら、長肌着は丈が長い肌着だと予想がつきますよね。そのとおりで、短肌着の丈を長くしたのが長肌着で、短肌着の上から重ねて着せます。

長肌着は前を紐で結ぶだけなので、はだけやすいのが欠点です。赤ちゃんが足をバタバタさせるようになると、お腹が出てしまうこともあります。

また、股下の分かれたベビー服を上から着せるようになると、股下の分かれていない長肌着は少し不便です。ですので、コンビ肌着で代用してもよいでしょう。

出産準備リストには必ず入っていると思いますが、長肌着を使う期間は思ったより短くて、出番も少ないです。お祝いで短肌着と長肌着のセットをいただいたりするので、購入するときは数は少なめでよいでしょう。

何をどのくらい用意しておけば安心なの?

短肌着は通年素材を4~5枚用意しよう

短肌着は生まれてすぐから大活躍してくれます。新生児の時期は着替えさせる回数が多いので、最低でも4~5枚は準備しておきましょう。

冬は寒くて洗濯物が乾きにくかったり、出産後は思ったように洗濯できなかったりするかもしれません。赤ちゃんは汗かきなので、冬でも汗をかいたり、ミルクを吐いたりして汚れてしまうことも多いです。

素材は綿100%のものが吸湿性も肌触りもよいのでおすすめです。同じ綿でも生地はいろいろありますが、通年素材のものが使いやすいでしょう。

2種類くらい買って比較してみて、買い足すときの参考にしてみるのもよいでしょう。たとえば、違う素材のものを買ってみて、どちらが使いやすいかをチェックするのもよいですね。

使いまわしのきくコンビ肌着は3~4枚を

使い勝手のよいコンビ肌着もそろえておきたいですね。洗濯のことも考えて、枚数は3~4枚を目安にするとよいと思います。

冬生まれの赤ちゃんは短肌着の上に着せるものが必要なので、コンビ肌着を着せて、さらに寒ければベビー服を重ねます。

新生児の頃は足元のスナップは留めないままにしておくと、おむつ替えがしやすいです。足を動かすようになってきたら、スナップを留めてお腹が出ないようにしてあげましょう。

暖かくなったら、短肌着とコンビ肌着やコンビ肌着とベビー服の組み合わせで外出もできます。股下が分かれているので、ベビー服を重ねても股下がもたつくこともありません。

まずは3~4枚で様子を見て、足りないようなら買い足すとよいでしょう。

長肌着は使用期間も短く出番が少ない

さて、悩むところが長肌着をどれくらい準備しておくかです。ママが赤ちゃんの頃は、きっと長肌着を使う人が多かったと思います。

長肌着もとりあえず買っておこう、あった方が安心という場合は、枚数は少なめで買っておくとよいと思います。コンビ肌着で長肌着の役目も果たせますし、長肌着が使える時期は案外短いので、コンビ肌着を中心に準備してもよいでしょう。

赤ちゃんの動きが活発になって足を動かすようになると、長肌着ははだけてしまいやすいですし、上から重ね着するときに股下が分かれていなくて不便に感じることもあります。

長肌着を買うときは、使用期間が短いことや出番が少ないことを考えて枚数を決めましょう。迷ったら、先輩ママに聞いてみるのもよいですね。

肌着を用意する際に気を付けておきたいこと

基本は短肌着とコンビ肌着を組み合わせよう

たくさん肌着の種類があって、どうやって着せたらよいの?と思うかもしれませんね。まずは短肌着を着せて、その上からコンビ肌着を着せましょう。

コンビ肌着の代わりに長肌着でもよいですが、使う期間や使いやすさを考えるとコンビ肌着の方がおすすめです。新生児の頃は、コンビ肌着の足元のスナップは留めなくてもよいでしょう。

基本は短肌着とコンビ肌着を着せます。さらに寒い冬は上からツーウェイオールなどのベビー服を着せましょう。生まれてすぐの赤ちゃんは体温調節がまだうまくないので、寒さに合わせて調節してあげます。

洗濯の回数や寒さで必要な枚数も変わってくると思いますが、まずは短肌着とコンビ肌着の最低限の枚数を用意して様子を見てみましょう。

着せすぎに注意して動きやすい服装に

冬生まれだと、つい寒いからたくさん着せたくなりますよね。赤ちゃんは体温調節が苦手だし、冷えて風邪を引いたらかわいそうと思うママが多いでしょう。

でも、たいてい部屋の中は暖房が効いていますし、生まれたばかりの赤ちゃんは布団で寝ているので、寒さにそんなに神経質になる必要はないでしょう。お風呂あがりやおむつ替えのときに温度に気をつければ大丈夫です。

むしろ、着せすぎに注意してあげましょう。赤ちゃんの体温は大人より高く、大人と同じ数の汗腺を持っているので汗をかきやすいです。ときどき汗をかいていないかチェックしてあげましょう。

着せすぎると動きにくくなることもあります。適度に着せて、動きやすいようにしてあげましょう。

長袖より半袖の方が使いやすい

冬生まれだと寒いから半袖より長袖がよさそうですよね。でも、肌に触れる肌着は半袖の方が使いやすいと思います。

たとえば、長袖のものを2枚重ねて着ると、下の袖がめくれあがってしまって着せにくいし、もたついたりします。半袖の肌着でも上から長袖のものを重ねればよいですし、新生児の時期は寝ていることが多いので、布団などで温度調整できるので寒いこともありません。

半袖なら、暖かい季節になっても使えます。兄弟が夏に生まれてもおさがりとして使えるので経済的です。

それから、あまり分厚い生地のものはおすすめしません。暑くて汗をかいたり、もたついたりしてしまうことがあるからです。通年着せられる素材の半袖を買っておくとよいですね。

まとめ

冬生まれの赤ちゃんの肌着は短肌着とコンビ肌着を中心に準備するとよいでしょう。短肌着は赤ちゃんの素肌に着せて、その上にコンビ肌着を重ねます。あとは、寒さに合わせてベビー服を着せてあげましょう。

枚数は、短肌着を4~5枚、コンビ肌着を3~4枚準備しておいて、足りなければ買い足していきましょう。

肌着は綿のもので通年素材が使いやすくおすすめです。好みもありますが、半袖の方が長い期間使えてもたつかず便利です。これで冬生まれの赤ちゃんの肌着の準備はばっちりですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018