就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋の夜赤ちゃんが寝るときの服装は?冷えを防いで元気にすごそう

秋の夜赤ちゃんが寝るときの服装は?冷えを防いで元気にすごそう

急に寒くなると赤ちゃんの体調が心配ですよね。赤ちゃんが快適に過ごせるように、秋の気温変化、赤ちゃんの過ごしやすい室温、寝るときの服装、寝るときに注意するポイントをまとめました。秋はとくに気温差が激しい時期です。快適に過ごせるように参考にしてくださいね。

秋の気温変化と赤ちゃんの過ごしやすい室温

秋の温度変化を知ろう

秋の気配を感じてくると「朝と昼との気温差が大きいので体調管理をしっかり行いましょう!」という天気予報が定番となってきますね。では、本当に秋の1日は温度変化が激しいのでしょうか?

ウェザーニュースのホームページによると、最高気温と最低気温の差が一番あるのは春で、秋は1日の気温差はあまり大きくないようですね。では、どうして「体調管理をしっかり!」といわれるのでしょうか?

秋は夏から冬へと変化する季節ですね。そのため、夏仕様の体から冬仕様の体に切り替えが必要で、乗り遅れると体調を崩す原因になってしまいます。

また、秋は低気圧と高気圧が交代でやってくる季節ですので、1日の温度変化よりも日々の気温差が大きくなります。

赤ちゃんの体温調節の仕組み

大人でも赤ちゃんでも一緒ですが、食べた物を消化し、代謝することでエネルギーに変えます。そして、作られたエネルギーの7割以上が体温を保つために使っています。

体温を保つために指令を出すのは、脳の自律神経を司る部分で「体温を上げて!」と指令が出ると、体は血管を収縮させて熱を逃がさないようにします。反対に、体温を下げる場合は血管を緩めて熱を外に逃がします。

そして、筋肉や血管を弛緩させて熱を作りにくくし、汗を出す働きを活発にして体温を下げます。汗は体温調節で非常に大切な役割を果たしていますね。

人間は外の気温に左右されず体温調節ができる動物です。でも、赤ちゃんはこの体温調節機能が未熟なのでパパやママが気をつけてみてあげる必要があります。

赤ちゃんに適した部屋の温度

赤ちゃんの部屋は暑すぎても、寒すぎてもいけませんね。では、赤ちゃんの部屋はどれくらいの温度が最適なのでしょうか?

赤ちゃんに適した部屋の温度は20~25℃といわれています。

平均気温が20~25℃になる春や秋は、赤ちゃんはもちろん、パパやママも過ごしやすい季節ですね。日中はできるだけ窓を開けて、室内に新鮮な空気を取り込みましょう。

日中は、赤ちゃんの部屋は暖房の必要はなく、そのままの室温で過ごせるでしょう。ただし、夜は少し肌寒くなりますよね。

暖房は必要ないでしょうが、1枚タオルケットを多く掛けるなど、寝るときは対策をした方がよいでしょう。寝るときの服装は日中と同じ、肌着と長袖で十分ですよ。

寝るときに赤ちゃんになにを着せたらいい?

夜寝るときの服の選び方

赤ちゃんには自分と同じような服装をさせているパパやママは多いでしょう。自分が暖かいからこれでOK!と思ってしまいがちですが、とくに気温の変化が激しい秋の夜、赤ちゃんにとってパパやママと同じような服装で赤ちゃんは快適に過ごせているのでしょうか?

赤ちゃんは大人よりも体温が高いです。暑くなり過ぎないように注意しましょうね。パパやママよりも多くも着せたり、厚手のパジャマにしたりすることは、赤ちゃんの安眠を妨げてしまいます。

赤ちゃんが夜寝るときの服の目安は、生後2カ月くらいまでは、大人と同じくらい、生後3カ月を過ぎたころからは、大人より1枚少なめです。着るものは、昼間と同じような肌着とカバーオール、または赤ちゃん用の薄手のパジャマで大丈夫ですよ。

冷え防止にはスリーパーや腹巻を

秋の夜は急に冷え込むこともよくありますよね。赤ちゃんの冷え防止に役立つグッズを紹介します。

多くのママが冷え防止に準備しているものは、スリーパーです。足元まですっぽりはいるタイプや足を出すタイプなどいろいろなタイプがありますね。

赤ちゃんにかぶせ、ファスナーやボタンで閉じるだけなので使い方はとても簡単ですよ。寝相が悪くて布団から飛び出してしまう赤ちゃんにも安心で、赤ちゃんの動きを妨げず、暑すぎないと評判です。

腹巻も使いやすくかわいらしいものが増えているので、おすすめです。オープン腹巻はマジックテープで着脱できるので、とても楽です。簡単に着脱できるので、おむつ替えのときも腹巻がじゃまになることもありませんし、大きくなってからも使えますよ。

足の冷えが気になるならレッグウォーマーを

「やっぱり寒そう…」と赤ちゃんの足の冷えが気になるならば、レッグウォーマーがおすすめです。愛用しているママも多いですよね。

赤ちゃんの足が冷たいと「赤ちゃんに靴下をはかせなさい!」とおばあちゃん世代からいわれることもあるかもしれませんね。靴下ははかせても脱いでしまう赤ちゃんが多く、片方の靴下がなくなってしまうことも少なくありません。

そんなときは、レッグウォーマーをはかせましょう。ふくらはぎは第二の心臓といわれていて、レッグウォーマーをはかせることで血流がよくなり、体温が0.5℃上がるのだそうです。

歩き始めの赤ちゃんに靴下をはかせると、室内ではすべりやすくなり、転んでしまう恐れがあります。レッグウォーマーならば、安全に歩く練習もできますね。

寝るときの服装で注意するポイント

赤ちゃんが布団を蹴るのは暑いから

赤ちゃんが寒そうだからと厚着にして布団を掛けると、寝ているうちに布団を蹴ってしまうことが多いです。厚着の赤ちゃんは、寝ている間に体温が上昇してしまい、暑くなり、布団を蹴ってしまうようですね。

赤ちゃんは布団を蹴ることはできますが、自分で掛けることはできません。そのため、布団から出てしまった赤ちゃんは、朝方の冷え込みで冷えてしまい風邪をひくことがあります。

寝るときは布団を掛けることを考慮した服装、室温にしましょうね。寒そうだからもう1枚着せようかな~と思っても、そこは我慢。ちょっと薄着かな…というくらいでちょうどよいのです。

中には、布団を蹴る脚力がない赤ちゃんもいますので、静かに寝ていても赤ちゃんの様子は定期的に確認しましょうね。

靴下やミトンは必要ない

布団に全身を入れて寝かせたはずの赤ちゃんが、手をバンザイ、足を布団から出した状態になって寝ていることはよくありますね。寒くないのかな~と手足を触ると、すごく冷たい!

何度も布団に手足を入れても、すぐ出してしまうので、体が冷えてしまわないか心配になります。それなら、靴下をはかせて、ミトンをして、寝かせようと思いますよね。

でも、赤ちゃんがバンザイの状態で寝ているのには理由があります。バンザイをすることで赤ちゃんは手足から放熱して、体温の調節をしているようですよ。

寒い時期にバンザイで寝ていたら、手足を布団の中に入れたくなってしまいますが、体温調節をしている最中なので、そのまま寝かせてあげましょうね。

朝方急激に冷えるなら暖房を上手に利用

寝るときは、基本的に薄着で大丈夫な赤ちゃんですが、秋は急に冷え込むことも少なくありません。冷え込むときは、上手に暖房を利用しましょう。

住んでいる地域によりますが、暖房は、目安として、気温が15℃を下回ったときに弱い設定温度で使い始めましょう。赤ちゃんが暑くなっていないか、寒そうにしていないか、定期的に様子を見ながら適温を見つけましょう。

暖房をつける場合は、湿度や換気にも注意しましょうね。湿度は50~60%、換気は2時間に1回くらいが目安です。加湿しすぎは、カビ、ダニが増える原因になりますので、注意が必要です。

赤ちゃんのそばに温度計、湿度計を置いて、確認しましょうね。とくに風邪をひきやすい時期は室温と湿度の管理がとても大切ですよ。

まとめ

赤ちゃんは体温調節機能が未熟です。汗をかいていないか、顔色が悪くないかなど、パパやママが気をつけてみてあげる必要がありますよ。

基本的に赤ちゃんは暑がりです。厚着、布団の掛け過ぎは風邪をひく原因にもなりかねません。赤ちゃんは大人より1枚少なめの服装が目安です。冷えが心配な場合は、スリーパーや腹巻、レッグウォーマーがおすすめです。

急激に冷え込む場合は、暖房を利用しましょう。寒くなると風邪をひきやすくなりますね。赤ちゃんはもちろん、パパやママも快適に過ごせるように、室温や湿度、換気に十分注意してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018