就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃん連れで中部国際空港に行こう!セントレアの魅了を紹介

赤ちゃん連れで中部国際空港に行こう!セントレアの魅了を紹介

空港というと飛行機の旅で利用するイメージですよね。ですが、中部国際空港では空き時間を利用して赤ちゃんと一緒に食事や遊びも楽しむことができるんです。この記事では、中部国際空港の授乳スペースやおむつ替えコーナー、ベビーカーの貸し出しなど、赤ちゃん連れに嬉しいサービスと空港の楽しみ方についてご紹介します。

赤ちゃん連れに優しい中部国際空港の魅力

名古屋駅からのアクセスがよく便利である

愛知県の知多半島に位置するセントレア中部国際空港は、2005年に開港しました。セントレアから名古屋駅までは、いくつかの交通手段があるので、そのときの状況に合わせて使い分けられます。

一番早いのは名鉄線のミュースカイに乗る方法で、約28分で到着します。路線バスは1日に2本出ていて、所要時間は約60分です。

また、リムジンバスは9:15~22:15の間に2時間間隔で運行しています。80分ほどかかりますが、本数が多いので、いつも時間を気にしながら行動するママにとっては嬉しいですね。

荷物が多いときには貸切予約リムジンがおすすめです。家族やグループで利用できる定員9名のタクシーなので、赤ちゃんや小さな子どもと一緒でも周りを気にする必要がありません。

空港利用だけでなくグルメや遊びを楽しめる

セントレアは日本と世界各国を結ぶ拠点として、24時間たくさんの飛行機が発着しています。日本にとってなくてはならない空港ですが、赤ちゃんから大人まで一日中楽しめる観光スポットとしての側面も持ち合わせているのが魅力です。

レストラン街では、名古屋名物のひつまぶしはもちろん、和洋中様々なメニューを楽しむことができます。お土産店では、空港でしか手に入らない限定品を見つられますよ。

また、セントレアは空港の中に展望風呂があり、国内で唯一温泉に入りながら飛行機を見ることができます。スカイデッキは滑走路までわずか300mの場所まで行くことができ、飛行機の様子を間近で楽しめます。飛行機が好きな赤ちゃんや子どもにはとても嬉しいですね。

赤ちゃん連れへのサービスが充実している

空港は普段あまり行くことがないので、赤ちゃんと一緒に行っても大丈夫か不安になりますよね。セントレアは赤ちゃんに嬉しいサービスが充実しているので、安心して利用できますよ。

ミルク用のお湯は、案内所で提供されています。容器は自分で用意しなければならないので、哺乳瓶などを忘れずに持って行ってください。

また、一般トイレには男女ともに幼児用便座とベビーシートが設置されています。トイトレが終わって自分でトイレができるようになった上の子が一緒の場合などは、幼児用便座があると嬉しいですね。

小さな子どもたちが遊ぶことのできるプレイランド「こども広場」はセキュリティチェックを抜けた中にあります。飛行機に乗る場合は、搭乗時間までこちらでたっぷり遊ばせられますよ。

親子で一緒に中部国際空港を楽しむには

授乳室、おむつ替えなどの場所を確認しよう

授乳室は、一部のお手洗いを除いたほぼすべてのお手洗いに併設されています。ゆったりとした個室タイプで、おむつ交換台、授乳用椅子、洗面台を備えています。いつもと違う環境での授乳ですが、個室だと赤ちゃんも安心できますね。

授乳室は、4階に2カ所、3階に4カ所、アクセスプラザに1カ所あります。4階の授乳室は混雑しやすいので、比較的空いている3階の授乳室を利用するとよいですよ。

また、一部のトイレにはおむつ交換台が設置されています。おむつ交換台は4階と3階に2カ所ずつ、アクセスプラザに1カ所あります。数が多くはないので、あらかじめ場所を確認しておくと、急なおむつ替えのときも慌てずに対応できるでしょう。

ベビーカーを無料でレンタルするのも便利!

セントレアに限らず、空港はどこもとても広々としていて歩く距離が長いことが多いです。赤ちゃんが一緒の場合は、抱っこで歩き回るのは疲れてしまいますからベビーカーがあると便利です。

使い慣れたものを持参してもよいですが、荷物を減らすために空港でレンタルするのがおすすめです。3階の出発ロビーとアクセスプラザ案内所の2カ所で無料レンタルすることができますよ。

貸し出ししているベビーカーは、首が座る前の生後1カ月から48カ月まで使えるソフトタイプと、生後2カ月から36カ月まで使えるハードタイプの2種類があります。大人も長時間歩いていると疲れてしまうので、ベビーカーを上手に使って体力を温存しながら楽しめるとよいですね。

赤ちゃん連れに便利なターミナル直結ホテル

セントレアに隣接するセントレアホテルは、空港ターミナルビルと一体化しています。空港チェックインカウンターから130m、中部国際空港駅の改札からはなんと100mという至近距離にあります。

空港カウンター、駅改札口、バス・タクシー乗り場から客室まで段差のないバリアフリーで結ばれているので、ベビーカーでも安心して入ることができますよ。

一部の客室からは、滑走路の飛行機や、その向こうの沖を行きかう船舶を眺めることができます。エアポートビューを楽しめる客室に宿泊できるプランがあるので、飛行機や船が好きな子どもには嬉しいですね。

客室の窓は防音ガラスを使用しているので、飛行機の音はかなり軽減されています。赤ちゃんと一緒でも安心して泊まれますよ。

親子で楽しめる空港内のお店や施設

展望露天風呂やスカイデッキを楽しもう

2008年2月にリニューアルされた展望露天風呂は、国内で唯一飛行機を眺めながら入れる温泉です。ジャグジーやサウナ、ジェットバスといった数種類の温泉があり、外へ出て飛行機が見られる展望室もあります。

タオルの貸し出しがあるので、何かと荷物が増えがちなママには嬉しいですね。温泉のあとはレストランの座敷でゆっくりと食事ができますよ。

また、滑走路までわずか300mにあるスカイデッキも子どもに大人気です。開放時間は7:00~22:30までなので、朝と夜で違った表情を見ることができます。

スカイデッキの手すりの一部は、「フーのビューポイント」として子どもや車いすでも眺望が見やすいように改良されているので、ぜひ家族みんなで楽しみたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC