就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが冬部屋で快適に過ごすには?部屋の温度や服装の調整方法

赤ちゃんが冬部屋で快適に過ごすには?部屋の温度や服装の調整方法

夜寝るときの布団のかけ方に注意する

寝ている間も快適な室温に保てていれば、必要以上に毛布や布団を追加しなくても問題ありません。布団などを重ねすぎると重たくて寝苦しいですし、赤ちゃんの体に熱がこもり過ぎてしまうので気をつけたいですね。

赤ちゃんが冬、夜に寝るときの布団は「綿素材の毛布かタオルケット+掛け布団1枚」という組み合わせがおすすめです。体が熱くなると寝汗をかきやすくなり、さらに寝汗が冷えて風邪をひく原因になるので、布団のかけ過ぎには注意しましょう。

また、赤ちゃんが布団を蹴り飛ばしてしまう場合には、あらかじめスリーパーを着せておくとよいですよ。スリーパーは長いベストのような形をしているので、脱げてしまうことなく毛布の代わりに足元までカバーしてくれます。

冬の室内で靴下をはかせる必要はない

赤ちゃんは足の裏で体温の調節をしています。そのため、冬でも室内の温度が赤ちゃんにとって快適な状態に保たれていれば、靴下をはかせる必要はありません。

赤ちゃんに室内で靴下を履かせると体温調節がうまくできなくなってしまって、体温が上がり脱水症状を起こす可能性があるので気をつけましょう。

もしも、赤ちゃんの足が冷たくて血色がよくない状態なら、室内の温度が下がっているのかもしれません。そういったときも靴下をはかせてしまうのではなくて、まずは部屋の温度が適温になるように調整してあげてくださいね。

足の冷え防止には、足の裏を覆うことなく足首やふくらはぎを中心に温められるレッグウォーマーの使用がおすすめです。

まとめ

赤ちゃんが冬部屋で快適に過ごすためには、室温と湿度の管理が重要になります。寒いからといって、服を着せすぎたり靴下をはかせたりすると、かえって赤ちゃんが体調を崩してしまうことがあるので気をつけましょう。

服装は月齢に合わせて、吸湿性の高いものを着せてあげることがポイントですよ。また、布団のかけ方を見直して、赤ちゃんが心地よく眠れるようにしてあげてくださいね。

体温調節機能が未熟な赤ちゃんが快適に冬部屋で過ごせるように、ママやパパがしっかりと環境を整えてあげましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND