就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが冬部屋で快適に過ごすには?部屋の温度や服装の調整方法

赤ちゃんが冬部屋で快適に過ごすには?部屋の温度や服装の調整方法

赤ちゃんが寒い冬を快適に過ごすには、室温や服装の適切な管理が大切です。とはいえ、赤ちゃんに適した室温や服装について疑問だらけのママも多いのではないでしょうか?この記事では、赤ちゃんが冬部屋で心地よく過ごすためのコツをまとめています。ポイントをおさえて寒い冬も健やかに過ごしましょう。

赤ちゃんが冬快適に過ごせる部屋の温度は?

冬の日中に快適な部屋の温度は20℃前後

赤ちゃんは大人に比べると体温調節機能が未熟です。室温によって赤ちゃん自身の体温も左右され、発熱など体調を崩してしまうこともあるため、気温差が激しい季節には赤ちゃんに適した室温を保ってあげたいですね。

冬の日中は室温を20℃前後に設定すると、赤ちゃんが快適に過ごせます。冬は「冷えてしまうから」とついつい赤ちゃんに厚着をさせてしまいがちですが、室温がコントロールされているなら薄着でも大丈夫です。

厚着させると汗をかきやすくなり、身動きがとりにくくなってしまうため、日中に赤ちゃんが起きているときは肌着と長袖シャツ程度で丁度よいでしょう。あとは室温に合わせて、ベストやカーディガンなどを着させてあげてください。

寒い冬の夜は寝冷えに注意!暖房を活用して

冬の夜はグッと気温が下がるので、赤ちゃんの寝冷えには気をつけたいですね。赤ちゃんが快適に眠れるように、冬は夜でも暖房を活用して室温を20℃前後で保つことが理想です。

暖房器具にはエアコンやホットカーペット、オイルヒーターなどいろいろな種類がありますが、空気の乾燥を防ぐためにはエアコン以外のものを活用することが好ましいでしょう。

基本的に暖められた空気は天井の方へ上がってしまう性質があります。そのため、実際に眠っている床の付近では、設定した暖房の温度よりも低くなっていることもあるのです。

部屋全体の室温を均一にして、快適な状態を保つには、空気を対流させるサーキュレーターなどの併用をおすすめします。

冬は部屋の湿度が下がらないよう気を付けて

室温を快適な温度に保つことばかり意識しすぎると、見落としてしまいやすくなるのが「湿度」です。特に冬はもともと空気が乾燥しがちな季節であるだけでなく、暖房を使うことによってさらに空気が乾きやすくなります。

せっかく部屋を快適な温度に暖めたとしても、湿度が低い状態では風邪の原因となるウイルスにとって活動しやすい環境ということになってしまいます。風邪予防のためにも湿度の調整は大切なことです。

そこで、冬は部屋の湿度を約50%以上に保つようにしましょう。部屋の湿度を保つには加湿器が役に立ちますよ。加湿器がないのであれば濡れたバスタオルなどを干しておくだけでも、ある程度の加湿効果が期待できるといわれています。

寒い冬を乗り切る!冬に適した服装とは

生後2カ月頃までは大人より1枚多い服装に

生後2カ月くらいまでの、いわゆる「ねんね期」の赤ちゃんは1日のほとんどを眠って過ごします。

この時期の赤ちゃんは、体全体を動かすようなこともないので体から出される熱も少なく、皮下脂肪も少ないため熱が逃げやすい状態です。

そこで、体温を保つために赤ちゃんに着せる服の枚数の目安は、「大人よりも1枚多い枚数」ということになります。ただし、これは一つの目安なので、実際には室温や赤ちゃんの様子に合わせて調整してあげてください。

たとえば、赤ちゃんの背中を触ったときに汗ばんでいるようなら暑がっている証拠です。なお、この時期の赤ちゃんはおむつ交換が頻繁なので、おむつ交換しやすいように、足の部分が開きやすいドレスタイプの服がおすすめですよ。

生後3カ月以降は大人より1枚少ない服装に

赤ちゃんは生後3カ月になると、首や体がしっかりとしはじめて手足をよく動かすようになり、少しずつ皮下脂肪もついてきます。また、月齢が大きくなっていくのにともなって、個人差はあるものの寝返りやハイハイなどができるようになり、どんどん活発に動くようになるので、ねんね期よりもグッと運動量が増えます。

そのため、大人と同じくらいの枚数の服を着せてしまうと生後3カ月以降の赤ちゃんには暑すぎる、ということになるのです。そこで、「大人よりも1枚少ない枚数」を目安に服を着せましょう。

なお、体全体の動きが活発になるため、短肌着ではお腹が出てしまうのが心配ですね。そこで、冬の時期には冷えないようにお腹をカバーできるボディスーツタイプの肌着を選ぶママが多いようですよ。

冬服は吸湿性の優れた生地のものを選ぶ

赤ちゃんの冬服には、汗をかいてもしっかりと吸収してくれる吸湿性に優れている生地が使われているものを選びましょう。

おすすめは、「綿」です。綿は汗をかいたらその水分を吸収して、乾燥したときには水分を放出するので、乾燥の気になる冬にぴったりなのです。

同じように季節問わずソフトな肌触りが心地よい「フライス」も、吸湿性や通気性に優れています。なめらかな肌触りの「スムース」は、フライスより厚めの生地で保湿性が高いので肌寒い日におすすめです。

新陳代謝が活発な赤ちゃんは、夏はもちろんですが冬もたくさん汗をかきます。赤ちゃんの肌はデリケートなので、汗による肌荒れが心配です。汗をかいたらこまめに着替えさせてくださいね。

赤ちゃんが冬部屋で快適に過ごすためのコツ

温度湿度計を活用し部屋の環境を整える

自分で環境を整えられる大人と違い、赤ちゃんは自分ではできないため、誰かにやってもらうしかありません。赤ちゃんが冬の部屋を快適に過ごすには、ママやパパがしっかりと温度と湿度を管理してあげることが大切です。

夏の室内の適温は25~27℃とされていますが、冬は20℃前後が適温となります。一方、湿度は季節関係なく40~60%がよいとされています。そこで、温度湿度計を活用しましょう。

基本的に温かい空気は上の方にあがり、冷たい空気は下の方にたまります。赤ちゃんが実際にいるエリアの温度や湿度を計測するために、温度湿度計は赤ちゃんがいる場所の近くに置くことがポイントです。このとき、エアコンの風などが直接当たらないように注意しましょう。

夜寝るときの布団のかけ方に注意する

寝ている間も快適な室温に保てていれば、必要以上に毛布や布団を追加しなくても問題ありません。布団などを重ねすぎると重たくて寝苦しいですし、赤ちゃんの体に熱がこもり過ぎてしまうので気をつけたいですね。

赤ちゃんが冬、夜に寝るときの布団は「綿素材の毛布かタオルケット+掛け布団1枚」という組み合わせがおすすめです。体が熱くなると寝汗をかきやすくなり、さらに寝汗が冷えて風邪をひく原因になるので、布団のかけ過ぎには注意しましょう。

また、赤ちゃんが布団を蹴り飛ばしてしまう場合には、あらかじめスリーパーを着せておくとよいですよ。スリーパーは長いベストのような形をしているので、脱げてしまうことなく毛布の代わりに足元までカバーしてくれます。

冬の室内で靴下をはかせる必要はない

赤ちゃんは足の裏で体温の調節をしています。そのため、冬でも室内の温度が赤ちゃんにとって快適な状態に保たれていれば、靴下をはかせる必要はありません。

赤ちゃんに室内で靴下を履かせると体温調節がうまくできなくなってしまって、体温が上がり脱水症状を起こす可能性があるので気をつけましょう。

もしも、赤ちゃんの足が冷たくて血色がよくない状態なら、室内の温度が下がっているのかもしれません。そういったときも靴下をはかせてしまうのではなくて、まずは部屋の温度が適温になるように調整してあげてくださいね。

足の冷え防止には、足の裏を覆うことなく足首やふくらはぎを中心に温められるレッグウォーマーの使用がおすすめです。

まとめ

赤ちゃんが冬部屋で快適に過ごすためには、室温と湿度の管理が重要になります。寒いからといって、服を着せすぎたり靴下をはかせたりすると、かえって赤ちゃんが体調を崩してしまうことがあるので気をつけましょう。

服装は月齢に合わせて、吸湿性の高いものを着せてあげることがポイントですよ。また、布団のかけ方を見直して、赤ちゃんが心地よく眠れるようにしてあげてくださいね。

体温調節機能が未熟な赤ちゃんが快適に冬部屋で過ごせるように、ママやパパがしっかりと環境を整えてあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018