就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の顔の肌トラブルを知ろう!スキンケアの方法とおすすめ品を紹介

乳児の顔の肌トラブルを知ろう!スキンケアの方法とおすすめ品を紹介

赤ちゃんの顔にできた赤くて痛そうな乳児湿疹。「早くなんとかしたい!」と思いますよね。今回は乳児湿疹の種類や原因、できてしまったあとのスキンケア方法を紹介します。乳児におすすめの刺激の少ない洗顔料や保湿剤も一緒に紹介しますので、最後までご覧くださいね。

顔にできる乳児湿疹の種類や原因は?

赤い、じくじくした「乳児脂漏性湿疹」

生後2~3カ月頃に顔にできる湿疹です。生後1カ月頃から頬や前額、顎に出てくる新生児ニキビと並んで、もっとも多く赤ちゃんの顔に見られる湿疹になります。皮脂腺の多い顔面や頭部、耳の周りにできやすいのが特徴です。赤く腫れあがったり、じゅくじゅくしたものや乾燥したものなど、様々な湿疹ができます。

原因は、性ホルモンの影響により過剰に分泌された皮脂が肌表面や毛穴に多く溜まってしまうこと。ほかにも、外からの汚れで炎症を起こしたり、赤ちゃんが顔を触ったり、ひっかいたりすることで悪化することもあるようです。

汗が原因でできるポツポツ「あせも」

新生児~生後2カ月頃のねんね期の赤ちゃんにできやすい湿疹です。細かい赤い湿疹がポツポツとでます。主に、首の周りや背中など蒸れやすい箇所にでき、かゆみをともなうのが特徴です。

原因は、汗腺が皮脂や汚れでつまってしまうことです。赤ちゃんは大人と比べ体温が高く汗をかきやすく、体の機能が未発達で上手に体温調節ができません。また、新陳代謝が活発なのですぐに皮膚が汚れてしまいます。赤ちゃんの汗腺は大人と同じ数ですが、体が小さく表面積も小さい赤ちゃんの汗腺は集中しており、汗や汚れでとてもつまりやすいのです。

カサカサした赤い湿疹「乾燥性湿疹」

生後3カ月以降から顔や体にできる湿疹です。肌を触るとカサカサしていて、ところどころに赤いポツポツした湿疹があり、かゆみをともないます。

原因は、皮脂の分泌量が減るためです。生まれてすぐの赤ちゃんは、ママからもらったホルモンの影響で皮脂分泌が盛んです。しかし生後3カ月頃からホルモンの影響がなくなり、皮脂分泌がぐんと減るため、赤ちゃんの肌はカサカサして乾燥しやすい状態になってしまいます。

また、赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟なため、衣服のこすれなど、外からの刺激でも湿疹ができることもあります。

「アトピー性皮膚炎」や「食物アレルギー」

アトピー性皮膚炎は、強いかゆみをともなう湿疹が出るのが特徴です。早ければ生後1カ月頃から症状が出始め、ピークは離乳食が始まる生後5~6カ月頃といわれています。ほとんどの赤ちゃんは1歳ぐらいまでに症状が出なくなるのですが、中には大人になってもアトピーに悩まされる人も多いようです。

離乳食が始まると、食物アレルギーに気をつけなければなりません。アレルギーの症状は、皮膚に湿疹や蕁麻疹ができ、強いかゆみがあります。症状がひどい場合はアナフィラキシーショックが起こることがありますので注意が必要です。

乳児湿疹の正しいケア方法について

泡だてせっけんを使った顔の洗い方を知ろう

赤ちゃんの湿疹は、顔・首から胸・頭の生え際など主に上半身、特に顔周辺に多く見られます。これは、よだれや、おっぱいやミルクの吐き戻し、皮膚の皮が重なっている部分の汗などで、すぐに汚れてしまうことが原因です。

妊娠前の母親学級や病院の沐浴指導で、赤ちゃんの顔は濡らしたガーゼで優しく拭き取るとよい、と教わったママも多いかと思います。けれども、乳児湿疹はガーゼで優しく拭くだけでは治りにくいものです。赤ちゃんは皮脂の分泌が盛んですので、せっけんを使って洗うことをおすすめします。

ベビー用の弱酸性固形せっけんをネットでよく泡立て、赤ちゃんの顔を洗いましょう。ポンプ式の弱酸性せっけんでも大丈夫です。このとき、赤ちゃんの肌に泡を乗せただけでは乳児湿疹はよくなりません。指の腹を使って優しくさするように洗う、もしくは柔らかいガーゼを使って優しくなでて洗いましょう。乳児湿疹が特にひどい場合は、一日に2回の洗顔もOKです。

ただし、ガーゼやタオルで強くこすると、皮膚が傷ついてしまいます。力加減を調節して洗ってくださいね。

乳児の肌の保湿を習慣にしよう

赤ちゃんの顔や体を洗ったあとは、しっかり保湿することが大切です。赤ちゃんの肌は大人の半分の厚さしかなく、皮膚のバリア機能が弱いのです。顔に乳児湿疹が出てしまう一方で、体はカサカサに乾燥していたりします。赤ちゃんの肌は夏でも乾燥しますので、しっかりと保湿しましょう。

カサカサの肌では、バリア機能が低下し、乾燥性の湿疹が出てくるおそれもあるのです。また、新生児からの保湿は、アトピー性皮膚炎やアレルギー症状などのリスクを下げるともいわれています。予防のためにもしっかりした保湿を心がけたいですね。

保湿剤はお風呂上りにすぐ顔と全身にたっぷり塗りましょう。5分以内が望ましいですが、ママのペースで問題ありません。手に保湿剤を取り、肌に優しく伸ばしましょう。そのとき、肌を摩擦しないように気をつけて、たっぷりつけるのがポイントです。特に乾燥が気になる部分は、保湿剤を重ね塗りするとかゆみが起きにくくなりますよ。

お風呂上りだけではなく、外出前と後も赤ちゃんの肌は乾燥しがちです。乾燥が気になったときは、いつでも保湿することを習慣にしてしまいましょう。

乳児におすすめの洗顔やケア用品3選

低刺激で保湿性が高い「アロベビー」

赤ちゃんへの保湿剤は低刺激で保湿性が高いものを選びたいですよね。そこでママにおすすめしたいのが、株式会社N&O Lifeが販売している「アロベビー ベビークリーム」です。

開発から生産まで国産にこだわり、ハマナエキス、セイヨウニワトコエキスなど天然由来成分と、オーガニックシアバターを贅沢に配合しています。99%が天然由来成分なので、赤ちゃんの肌を優しく保湿してくれます。

ベビークリームは無香料です。これならおむつ周りに使っても、臭いが気にならず快適に使えますね。

アロベビー商品は、赤ちゃん用品を取り扱う店舗で購入できます。近くに店舗がない場合は、ネット通販がありますから安心してくださいね。

全身の肌ケアにも使える「ベビーワセリン」

「ベビークリームも使ってみたいけど、どうせなら頭の先からつま先、乾燥した唇までまんべんなく1本でケアしたい!」というママには、ベビーワセリンがおすすめです。

健栄製薬のベビーワセリンは、肌に優しいワセリンの中でもとりわけ優しいといわれるものです。従来のワセリンよりも不純物をより少なくして作られているため、安心して赤ちゃんの肌をケアすることができます。

柔らかな塗り心地で、赤ちゃんのデリケートな肌を傷つけることなく守ります。もちろん、唇の乾燥にも使用OKです。香料、着色料、パラベンを含まず作られているので、新生児の頃から長く使うことができるすぐれものです。

ドラッグストアや赤ちゃん用品を取り扱う店舗にて購入可能です。

無添加「アラウベビー泡全身ソープ」

おすすめの保湿ケア用品を紹介しましたが、洗顔用品も紹介したいと思います。

SARAYAが販売するベビー用品の「アラウベビー泡全身ソープ」は、赤ちゃんの頭や髪の毛、つま先まで全身洗えるベビーソープです。無添加のせっけん成分で、合成香料、着色料や合成界面活性剤を使用していません。きめ細かいやわらかな泡が、赤ちゃんを優しく包みます。また、ポンプ式なので、ママが赤ちゃんを片手で抱っこしながら、簡単に泡を手に取ることができるのもよいですね。

アラウベビー泡全身ソープは、ドラッグストアや赤ちゃん用品を取り扱う店舗で購入可能なほか、楽天市場などのネット通販でも購入することができます。価格も安価でお財布に優しいので、コスパ重視のママにおすすめです。

まとめ

赤ちゃんの肌は月齢によって状態が変化し、そのために起こる肌トラブル(乳児湿疹)には様々な種類と原因があることをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

肌トラブルをできるかぎり緩和してあげるためにも、まずは洗顔と保湿のケアを習慣化させ、赤ちゃんが持つバリア機能を高めていきたいですね。丁寧な洗顔と充分な保湿の正しいスキンケアが、乳児湿疹の軽減や予防に役立ってくれます。今、乳児湿疹で悩んでいるママやパパはこちらの記事を参考に、赤ちゃんに合った洗顔料や保湿剤を見つけてみてください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018