就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの本棚をリサイクル絵本で揃える!世代を超える絵本のかたち

子どもの本棚をリサイクル絵本で揃える!世代を超える絵本のかたち

子どもによいとされる「絵本」。より身近に感じてもらいたいと、身近にたくさん置いてあげたいと考えるパパやママも多いと思います。そんなご家庭におすすめなのが「リサイクル絵本」です。今回は、実際にリサイクル絵本の販売を行なっているこども古本店の中島さんにリサイクル絵本についてお伺いしてきました。

子どもの絵本をリサイクルで!

絵本のリサイクルを行うこども古本店

今回お話を伺ったのは、絵本のリサイクルを行う「こども古本店」の中島さん。

中島さんは、本屋で働いたのち、リサイクル絵本の専門店としてネットショップをオープン。また子どもにもっと絵本を手にする機会を持ってほしいとの思いから、子どものいるところに絵本を持って行こうと「移動絵本屋 こども古本店」としてイベント会場でも絵本を販売。

イベントでは、絵本が持つ魅力を、子どもの環境を作るパパやママなど大人にこそ気づいてもらいたいとの思いから、親子で楽しめる絵本の読み聞かせライブも開催しています。多くの親子連れに人気の動く絵本屋さんになっています。
そんなこども古本店で扱う絵本は全てリサイクル。中島さんは「絵本は子どもが直接触れるものだからこそ、安心・安全であることが大事。だからこそお店で扱う絵本のリサイクルの方法にはこだわりを持っています。」と言います。

絵本を求めるパパやママは多い

絵本は子どもの想像力を育んだり、感情を豊かにするなど様々な効果があると言われており、実際に子どもが好きな時に絵本を手にできるように、家の本棚に絵本を常に揃えておきたいと考えているパパやママも多いようです。

ただ絵本をたくさん揃えるのは金銭的にも大変、図書館で借りると期限や返却の手間、読みたい時にすぐ読める環境にできないなど大変です。

「リサイクル絵本」は中古品ということもあり、比較的安価でたくさんの絵本を購入しやすいため、子どもがいつでも楽しめるように多くの絵本を揃えたいご家庭の利用が増えているようです、

安心・安全な絵本のリサイクル方法

リサイクルされる絵本はどんなもの?

こども古本店の場合、リサイクルされる絵本は全国からお店に届きます。

届く絵本の多くが、子どもが大きくなってしまい絵本を読まなくなったので、せっかくだから次の世代の子どもたちに届けばと思って送られることが多いそうです。お店では、素材の状態、痛みなど、次の世代に渡った時も、長く読んでもらえるかどうかプロの目でしっかりとチェック、査定し買い取られています。

絵本は子どもにとっても、大人にとっても思い出深いものなので、「大切な絵本をありがとう」という気持ちを忘れずに、買取に出された方にもお伝えしていると言います。

丁寧に行うクリーニング・メンテナンス

リサイクルした絵本を手にするのは、多くが小さな子どもたちです。こども古本店では、小さな子どもの手に触れる絵本が、安心・安全に読んでもらえるようクリーニングとメンテナンスにこだわっています。

まずは届いた絵本の表紙や裏表紙の汚れを、松の樹液などの自然素材が主成分の洗剤を使いながら、きれいに拭き取っていきます。洗剤をスプレーし、布やスポンジを使って1冊1冊丁寧にきれいにしていきます。
次に本文の破れや汚れをチェック。汚れは消しゴムなどで消し、破れている箇所があれば薄い和紙でできた専用テープを使って修復します。修正・修復の程度によってランク分けを行い、販売価格を設定しています。

ランク分けといっても、丁寧にメンテナンスも行なっているので、クリーニング後の絵本は本当にきれいになっており、一番良い状態のものだと、ほとんど新品同様と変わらないほどに。まるで新品みたいと驚く方も多いといいます。

こうしてクリーニング・メンテナンスを行うことで、次の子どもに安心・安全で長く読んでもらえる絵本を届けています。
40 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版