就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

40代パパのファッションポイントは?おしゃれパパになれるアイテム

40代パパのファッションポイントは?おしゃれパパになれるアイテム

顔立ちや体型に「老い」の影が見え始める40代は、20代や30代に比べてダサい印象になりがちです。若いときはかっこよかったパパも、40代になった今はなんだかダサいと感じているママも多いのではないでしょうか。今回は40代パパのファッションポイントやおしゃれパパになれるアイテムを紹介します。

40代のパパがダサく見える原因とは?

物持ちがよすぎてずっと同じ服

子どもが生まれると子どもの教育費や服の購入に費用がかかるため、パパやママの服はどうしても「後回し」になりがちです。独身の頃に比べると服を買うことが減ったというママも多いのではないでしょうか。

男性は女性に比べるとファッションに関心が薄い人が多く、「新しい服を買うのは、古い服が着られなくなったときだけ」ということも珍しくありません。

しかし、ファッションには流行があります。変化が緩やかな男性のファッションの場合、2~3年前の服なら問題ないかもしれませんが、10年以上前の服はさすがに「流行遅れ」ですね。

物持ちがよいのは一つの美徳ですが、ずっと同じ服を着ているパパは、どうしてもダサくなってしまいます。適度な間隔で買い替えることが重要です。

おしゃれより機能性にこだわる

男性は女性に比べて「機能的」なものを好む傾向が強く、ファッションに関しても「おしゃれさよりも機能性重視」という人が少なくありません。

例えば、大きなポケットがたくさんついた太めのカーゴパンツは、収納力に優れ脱ぎ着がしやすいアイテムです。しかし、シルエットが重く、野暮ったい印象になりやすいというデメリットがあります。

また、バッグや靴、腕時計なども機能性の高いアイテムは「すっきりしたデザイン」になりにくく、機能性が高いほどダサくなりがちです。

機能性が高いアイテムを選ぶことはよいことですが、機能性にこだわりすぎると「おしゃれさ」を見失いやすくなります。機能性を重視して服を選ぶパパは「ダサいパパ」になりやすいので注意が必要です。

カジュアルとダサいの境界線が分からない

職場にいる時間が長いパパは、スーツや制服といった「私服以外」の服を着ている時間も長くなります。そのため、ファッションは「仕事用」と「家用」の2種類しかないというパパも多いようですね。

こんなパパにありがちなのが、ビジネス用のスーツ以外はすべて「カジュアル」だと思っているパターンです。

家で過ごすときに着る、よれよれのTシャツやハーフパンツ、だぼだぼのジャージも「カジュアル」だから、買い物やお出かけのときに着てもよい…というのは、さすがに「適当すぎてダサい」といわざるをえません。

10代・20代であれば「カジュアル」として受け入れられていたファッションかもしれません。しかし、40代になると「だらしない」という印象になってしまいます。

40代パパのファッションポイントは?

カジュアルよりきれいであることを意識

男性でも女性でも、どの年齢層でも「これはない」と判断されるファッションといえば、やはり「清潔感がないファッション」ではないでしょうか。

肌が美しく体型がすっきりしている10代や20代であれば、多少傷みがある服でも「ワイルド」に見えるかもしれません。しかし、40代は20代に比べると外見の「清潔感」が失われるため、マイナスイメージになってしまいます。

「きれいに見えること」は「おしゃれ」とは少し違いますが、少なくとも「ダサく見えない」というメリットがあります。「おしゃれな服」がイメージできないパパも、「きれいな服」ならイメージしやすいのではないでしょうか。

40代パパは「カジュアル」よりも「きれいであること」を意識して服を選ぶとよいですね。

30代とは変わった体型を把握した服選びを

40代になると10代や20代はもちろん、30代と比べても体型が異なります。「中年太り」という言葉のとおり、体全体に脂肪がつき、お腹や腰周りのサイズが大きくなります。

なかでも男性はお腹に脂肪が付きやすく、顔や腕はほとんど変わっていないのにお腹だけが目立つというケースも少なくありません。30代の頃に購入した服を着ると、前がパンパンに張ってしまうパパもいるのではないでしょうか。

また、40代になると頬がたるんで首が太くなる傾向があります。首周りが詰まりすぎたシャツを着ていると実際よりも太って見え、全体的にだらしなく、ダサい印象になってしまいます。

とはいえ、サイズが大きい服もダサくなります。体格を把握してジャストサイズの服を選ぶようにしましょう。

色や柄を盛りすぎない!

おしゃれなファッションを意識して服を選ぶときにありがちなのが、「色や柄を盛りすぎる」という失敗です。

例えば、ボタンホールに色糸を使ったドレスシャツ、裾の折り返しにチェックの布がついたパンツ、ストライプのジャケットは、一点だけを見るとおしゃれかもしれません。しかし、同時に着ると「うるさい」と感じるのではないでしょうか。

また、赤いセーターにマスタードイエローのジャケット、濃いグリーンのパンツというコーデも、落ち着かない印象がありますね。

メンズファッションは基本的にシャツ・パンツ・ジャケットの三つで構成されますが、色柄物を使うのは、このうち一点だけにしましょう。モノトーンと無地を中心に組み立てると、大人っぽい落ち着いたコーデに仕上がりますよ。

40代パパに最適なファッションアイテム

オーソドックスな襟つきのシャツ

オーソドックスな襟付きシャツはTシャツよりも「きれいめ」に見える、40代パパのマストアイテムです。チノパンやジーンズに合わせてもカジュアルになりすぎず、清潔感があるファッションに仕上がりますよ。

なかでも、スポーツシャツが起源のボタンダウンシャツは、ビジネスファッションのような印象になりにくく、適度なカジュアル感を出すことができます。ノーネクタイでも襟が崩れない点も魅力です。

また、柔らかさと光沢がある「オックスフォード生地」のシャツはシワがつきにくいため、簡単な手入れだけで「きちんと感」を出すことができます。

ただし、襟付きシャツはサイズがフィットしていないとダサくなってしまいます。フィッティングを受けるか、イージーオーダーがおすすめです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事