就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ズボラ主婦でも頑張れる貯金術とは?無理なく成功する秘訣をご紹介

ズボラ主婦でも頑張れる貯金術とは?無理なく成功する秘訣をご紹介

「私ってズボラだなぁ…」と思っている主婦ママでも、貯金を諦めることはありませんよ。ズボラならズボラなりに、無理なく頑張れる貯金術を見つけて実践すればよいのです。まずは貯金に失敗してしまう原因を見極めて、自分に合った貯金方法を探っていきましょう。

ズボラ主婦が貯金に失敗しがちな原因とは

節約を頑張ろうと思い無理をし過ぎてしまう

多くの主婦ママが、必要に迫られて貯金をしていることでしょう。しかし、「貯金のために、今日から節約を頑張るぞ!」と意気込んだものの、三日坊主で終わってしまった経験がある人は「ズボラ主婦」である可能性が高そうです。

家事に子育てに忙しいママは、少しズボラなところがあるくらいの方がちょうどよいのかもしれません。それもまた自分の個性と認めつつ、性に合わない無理な節約生活は諦めた方がよいでしょう。

節約生活最初の数日で息切れしてしまうと、「もういいかな」「やっぱり私には無理」と、二度と節約に手を出さなくなることも考えられます。それどころか、節約したことの反動で、散財してしまうという逆効果さえあり得るでしょう。

なんでもクレジットカード払いで済ませる

現金の管理というのは、意外と細かくて手間がかかるものですよね。ズボラ主婦はこの手間を惜しんで、ついクレジットカード払いで済ませがちです。クレジットカード払いならお財布にお金が入っていなくても買い物ができるため、使い過ぎてしまうことが多くなります。

クレジットカード払いは、現金払いと違って目に見えてお金が減っていくのを実感しにくいですよね。そのため毎月の支払額が確定して、初めて「使い過ぎた!」と気づくこともあるでしょう。

利用明細のチェックをしない人は、お金が貯まりにくい人ともいえます。こまめに明細をチェックして、今月どのくらい使ったのか把握することが大切です。ズボラ主婦がクレジットカード払いをすると、うまく貯金ができないことが多いでしょう。

ボーナスをあてにしてお金を使い過ぎる

主婦には嬉しいボーナスの季節、何に使おうか考えて心待ちにしているママも多いでしょう。しかしズボラ主婦はボーナスの使い道に注意が必要です。ボーナスをあてにして、クレジットカードのボーナス払いでお金を使い過ぎないようにしましょう。

ボーナスが給与口座に振り込まれたら、そのままにせず早めに別口座に移すことがポイントです。それをしないと残高がたくさんあると勘違いして、お財布のひもが緩くなってしまうでしょう。

住宅や車のローン、保険の支払い、教育費など、まとまって必要になるお金を、あらかじめボーナスから差し引いておくことで、使い過ぎを回避することができますよ。数カ月後、何に使ったのか分からないままボーナスが無くなっている、ということがないようにしたいですね。

貯金ができないと悩む前に見直したいこと

光熱費や通信費などを使い過ぎていないか

ズボラ主婦が見落としがち、もしくは見て見ぬふりの「家計の収支」を、貯金ができないと悩む前に今一度見直してみましょう。まず最初に着目したいのは、光熱費や通信費など、毎月一定額がかかるものです。

2016年の電力自由化、2017年のガス自由化により、電力会社やガス会社が自由に選べるようになりました。供給会社によっては、毎月の電気料金やガス料金がこれまでよりも安くなるでしょう。

また、携帯電話料金も「格安スマホ」の登場で、大幅に安く契約することが可能になりました。光熱費や通信費の乗り換えは、検討にも時間がかかりますし、面倒な手続きも必要です。ズボラ主婦の苦手分野ともいえますが、うまくいけば毎月コストカットが望めますので、一度検討してみる価値はありますよ。

ライフスタイルに合わせて加入保険を見直す

家計における固定費の中でも占める割合の高い「生命保険料」ですが、定期的に見直しはしているでしょうか。独身時代の契約のまま…なんてズボラさんもいるかもしれませんね。保険というのは、ライフスタイルによって加入すべき内容が変わってきます。

結婚や出産などで家族構成が変わったら、見直す必要があるものと考えましょう。特に注意したいのは「掛け捨て型の医療保険」です。毎月の保険料は安く設定されていても、何十年と掛け捨てしていくのはもったいないですよね。

高過ぎる保険料は家計を圧迫し、貯蓄の失敗に繋がります。死亡保険に特約としてプラスしたり、貯蓄型の保険に切り替えて使い道に融通を利かせたりするなど、無駄のない保険に見直してみてもよいでしょう。

現金払いの徹底でお金の流れを把握する

クレジットカード払いにしても、ボーナスの自然消滅にしても、貯蓄ができないズボラさんの特徴は「使途不明金」があるところです。家のお金の流れを把握するために、現金払いの徹底を実行してみてはいかがでしょうか。

現金払いは食費や雑費などの変動費中心に行います。光熱費や通信費など、毎月一定額がかかるような固定費は、カード払いや銀行引き落としのままでよいでしょう。

現金払いにして気づくことは「お金が無くなると物が買えなくなる」ということです。至極当たり前のことですが、カード払いに慣れてしまっているズボラ主婦が見落としがちな点なのです。持っている分で何とかやりくりしようと、節約意識も自然に湧きますし、何に使ったのかはっきりと分かるようになるのがポイントです。

ズボラ主婦でも今日から始められる貯金術

小銭貯金は無理なく頑張れるはじめの一歩

貯金に対して苦手意識を持っているズボラさん、張り切り過ぎてすぐに挫折してしまうズボラさん、まずは定番の「小銭貯金」から始めてみませんか?「もっと大きく貯金したい!」と思うかもしれませんが、大切なのは無理なく貯金して、成功体験をすることです。

小銭貯金のやり方は人それぞれありますが、一つは「50円・100円・500円」だけを貯金する方法です。小銭とはいえ貯まればそれなりの金額になるので、達成感を味わうにはおすすめです。

もう一つは「1円・5円・10円」だけを貯金する、まさに「小銭貯金」。小銭が出たら貯金箱に入れるという軽い気持ちで始められるので、本当に貯金が苦手というズボラ主婦にはこの方法がおすすめですよ。きっと、塵も積もれば山となるでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC