就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ノーブラで寝るとスタイルに響く?メリットとデメリットを理解しよう

ノーブラで寝るとスタイルに響く?メリットとデメリットを理解しよう

妊娠中や産後の生活で、すっかりノーブラスタイルが楽で定着してしまったというママは少なくないでしょう。たしかにノーブラならではの解放感などメリットがある一方で、デメリットがないわけではありません。ノーブラ生活が続くとどんなメリットとデメリットがあるのか、一緒にチェックしていきましょう。

妊娠出産はノーブラ生活のきっかけに

つわり中に苦しくなってノーブラへ

妊娠するとホルモンバランスが変化するため、程度の差はあるもののほとんどのママが「つわり」を経験するとされています。中でも、胸やけや吐き気のつわり症状の場合、食べ物のにおいで気分が悪くなったり、空腹を感じると吐き気をもよおしたりすることがあるようです。

また、下着の締めつけが苦しくて、吐きそうになってしまうというママもいます。妊娠前まではワイヤー入りのブラジャーを好んでつけていたのに、ブラジャーのぴったりとした締めつけが苦手になってノーブラ生活へ移行したという先輩ママは少なくありません。

ブラジャーを外すことでつわりの苦しさが軽減されて、いつのまにかノーブラでいることが定着し、出産後もそのまま…というケースは多いようです。

妊娠によるサイズアップでマタニティブラへ

妊娠するとママの体は、産後に母乳を出せるように乳腺と乳管が発達してきます。そのため、個人差はあるものの、ママの胸は出産までに平均して2カップ大きくなるとされています。アンダーサイズも1サイズはアップするといわれているため、妊娠中は下着による締めつけが徐々にきつくなってくるでしょう。

また、単純にバストトップが高くなるというわけではなく、横へ広がるように大きくなるので、通常のブラジャーを使い続けるのは難しいです。

したがって、妊娠したらこれまでつけていたワイヤー入りのブラジャーではなく、マタニティ用ブラジャーの着用が推薦されています。マタニティ用のものはワイヤーが入っていないので、胸の締めつけ感が軽減されるでしょう。

産後は授乳用ブラジャーやブラトップが便利

産後の授乳期のママの胸は、赤ちゃんが母乳を飲む前はパンパンに張って、飲んだ後はボリュームがダウンするため、一日の中でもサイズが大きく変化します。そんなサイズ変化に対応できるのが、授乳用ブラジャーやブラトップです。

母乳はママの血行に左右されやすいので、締めつけの強いものは適していません。その点、授乳用のものならママの胸を優しくサポートします。

授乳用ブラジャーやブラトップなら、胸が出しやすくなっているので外出時にも授乳がしやすく便利ですよ。

なお、授乳がしやすくなるという目的は同じでも、商品によって素材やデザインが違います。実際のつけ心地やホールド感も異なるため、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

ノーブラ派が多い理由とうれしいメリット

寝るときはノーブラ派が多数

ブラジャーは寝るときもつけた方がよいのか、反対につけない方がよいのかというのは、女性にとって気になる話題です。ある下着メーカーのアンケートでは、寝るときに「ノーブラである」と答えた人は約7割で、「ブラをつける」と答えた人は約3割ほどにとどまりました。

この結果から見ると、寝るときはノーブラ派が多いことがわかります。寝るときにブラジャーをつけないノーブラ派の理由としては、次のとおりです。

・ブラジャーによる締めつけが不快
・寝返りを打つときにずれてしまう
・寝ている間くらいは解放的な気分になりたい

たしかに、ブラジャーによる強い締めつけによって、胸周りの血管やリンパ節が圧迫されてしまうとリラックスできませんよね。

理由はなんといっても解放感

長い時間靴を履いた後に、靴を脱ぐとなんともいえない解放感があります。ノーブラで寝るというのは、この感覚に近いものがあります。

日頃からノーブラで寝ているという人にとって、ブラジャーを着用したまま寝るというのは、靴を履いた状態で寝るのと同じくらい違和感を覚えることでしょう。

ブラジャーをしたまま寝ると、ブラジャーの締めつけによってリンパの流れや血流が滞りやすくなり、体調にも影響することがあります。また寝ているときにブラジャーがずれたりかゆくなったりする不快感から、ブラジャーをつけたままでは気持ちよく眠れないという人も多いです。

このように、寝るときのブラジャーは窮屈さがあるため、ノーブラの解放感は大きな魅力です。

むくみや冷え性、肩こり解消にも効果あり

脇の下から胸のつけ根あたりには、二つのリンパ節があります。ブラジャーの着用によって圧迫されやすい位置にあるので、リンパの循環が滞りやすくなります。そのため、寝起きにむくみが起こりやすくなるのです。

それだけでなく血液の循環にも影響します。ブラジャーによって血の巡りが悪くなると、手足の冷えや肩こりなどが起こりやすくなるでしょう。

しかし、ブラジャーを着用せずに寝れば圧迫されることがなくなるので、リンパや血流の循環がよくなるのです。女性に多い「むくみ」「冷え性」「肩こり」などの悩み解消に期待ができるのはうれしいですね。

締めつけによる不快感もなくなるため、快適に寝られるようになり睡眠の質も上がるでしょう。

ノーブラで寝ることのデメリットと対処法

クーパー靭帯が伸びてしまう可能性も

女性の胸は、本来「クーパー靱帯」という靱帯によって支えられています。しかし、クーパー靱帯は重力などで伸びやすく、一度伸びてしまうと完全には元に戻らないとされているのです。

ノーブラの状態で寝ると、胸は安定しません。就寝中の寝返りなどで胸が色々な方向へ向くため、その動きに合わせてクーパー靱帯が伸ばされることとなるでしょう。

クーパー靱帯がダメージを受けると、胸の形が崩れやすくなります。癖でいつも同じ方向の横向きで寝ると、片方の胸だけが伸びる恐れもあるので気をつけたいですね。

また、寝る前や起床時にノーブラでストレッチや体操などを行っているママは、胸が揺れることで、クーパー靱帯がより伸びやすくなるので気をつけましょう。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事