就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ノーブラで寝るとスタイルに響く?メリットとデメリットを理解しよう

ノーブラで寝るとスタイルに響く?メリットとデメリットを理解しよう

ノーブラで寝ることのデメリットと対処法

クーパー靭帯が伸びてしまう可能性も

女性の胸は、本来「クーパー靱帯」という靱帯によって支えられています。しかし、クーパー靱帯は重力などで伸びやすく、一度伸びてしまうと完全には元に戻らないとされているのです。

ノーブラの状態で寝ると、胸は安定しません。就寝中の寝返りなどで胸が色々な方向へ向くため、その動きに合わせてクーパー靱帯が伸ばされることとなるでしょう。

クーパー靱帯がダメージを受けると、胸の形が崩れやすくなります。癖でいつも同じ方向の横向きで寝ると、片方の胸だけが伸びる恐れもあるので気をつけたいですね。

また、寝る前や起床時にノーブラでストレッチや体操などを行っているママは、胸が揺れることで、クーパー靱帯がより伸びやすくなるので気をつけましょう。

バストの脂肪が流れてしまう

女性の胸の1割は乳腺組織でできていますが、残りの9割は脂肪でできています。このように、胸のほとんどが脂肪ですが、脂肪は流れやすい性質があるため、ノーブラの状態で寝ると胸の脂肪が脇や背中に流れてしまう可能性があるのです。

そして、徐々に胸の脂肪がほかの場所へと定着して、胸自体が小さくなってしまいます。ふとしたときに脇や背中にお肉がついてきたと感じることがあるなら、それはノーブラでの就寝によって胸の脂肪が流れてしまったためかもしれません。

もともと胸がそれほど大きくはないという女性でも、油断は禁物です。日本の女性は欧米の女性に比べて胸の脂肪の割合が多いため、ハリが少なく垂れやすいので注意しましょう。

睡眠時も胸をキープするなら「ナイトブラ」

就寝中にノーブラでいると、クーパー靱帯が伸びたり脂肪が流れたりして胸の形が崩れやすくなります。できれば寝るときにも、ブラジャーをつける方がよいでしょう。

とはいえ、ブラ特有の締めつけ感はやはり辛いものがありますね。そこでおすすめは「ナイトブラ」です。

ナイトブラは、睡眠時の胸の動きを意識したつくりになっています。寝ている間のブラ着用による不快感を軽減するための工夫が施されているため、ナイトブラをつければ胸を全方位から支えることができ、胸を正しい位置に固定しつつも心地よく眠ることができるのです。

寝返りによるクーパー靭帯へのダメージの予防だけでなく、脇や背中に流れた脂肪を戻してスタイルアップの効果も期待できますよ。

まとめ

女性の胸の大きさは、妊娠や出産で変化します。特に、授乳期は赤ちゃんへの授乳の前後だけでもサイズ変化があるため、それに適応できるブラジャーの着用が望ましいです。

けれども、寝るときくらいはブラジャーの締めつけから解放されたいですよね。とはいっても、支えがないと胸の形が崩れやすくなるのが悩ましいですね。

そこでおすすめなのが、ナイトブラです。就寝中の着用に特化したブラジャーなので、快適に眠れるのにしっかりと胸の形をサポートしてくれるでしょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版