就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

排水口のつまりをなんとかしたい!場所別の原因から予防する方法まで

排水口のつまりをなんとかしたい!場所別の原因から予防する方法まで

台所やお風呂場、洗面所などの毎日使う水回りの掃除をしているつもりでも、いつの間にか排水口がつまって困った経験はありませんか?そこで、排水口のつまりをなんとかしたいと考えているママのために、排水口のつまりに関するお役立ち情報をまとめてみました。

排水口がつまる原因は場所によって異なる

台所の排水口つまりは油や洗剤などが原因

食事の仕度をしようと台所に立ったとき、シンクの水はけが悪くなったと感じることがありますよね。それは、見えない排水口の中がつまってしまうからです。
排水口のつまりに気づいたときには、ママが考えている以上に配水管の中が汚れていると考えた方がよいでしょう。

台所の排水口つまりの主な原因は、油や洗剤などです。フライパンや食器などについた油汚れや余分な洗剤が配水管の内側の面に付着して、水の通り道を狭くしていきます。

配水管の内側の面に油や溶け残った洗剤が付着すると、食べ物のカスも吸着してますますパイプの中を狭くしていきます。このような状態が続くと汚れが付着した部分にカビや雑菌などが繁殖して、においやぬめりとなって表れてくるのです。

お風呂場は石けんカスや髪の毛などがつまる

お風呂場の排水口も、つまりやすい場所の一つです。つまりの主な原因は、ママやパパの髪の毛であることが考えられます。

私たちの髪の毛は、男女差や年齢に関係なく1日に50~100本程度は自然に抜けてしまいます。お風呂場で髪の毛を洗った際に、シャンプーなどと一緒に排水口に洗い流されていくのです。

体を洗うときの石けんやボディソープも、排水口つまりの原因になります。体を流すときの石鹸やボディソープのほとんどはお湯と一緒に排水口から流れていきますが、それでも少しずつ排水口の内側に付着していくのです。

また、体を洗ったときの垢や皮脂も排水口つまりに関わっています。毎日わずかずつではありますが、排水口に付着していくのです。

洗面所はヒゲなどがつまりやすい

洗面所はママやパパが毎日顔を洗ったりヘアセットをしたりするだけに、つまりやすい場所です。ママのメイク場所であり、パパのヒゲ剃り場所でもありますよね。

つまる原因のほとんどが、髪の毛であることが多いようです。たとえ洗面所で髪を洗わなくても、ドライヤーやヘアワックスで髪をセットするときに髪の毛が抜けて排水口に流れていきます。パパのヒゲ剃り後のヒゲも、排水口に流れるとつまる原因になることも知っておいた方がよいでしょう。

お風呂場と比べると洗面所は排水口や配水管が細くできていることが多く、つまる回数も多くなります。日常的に掃除をしないと排水口がつまってシンクに水が溜まりやすくなるので、気をつけてくださいね。

ママでも簡単!排水口のつまり解消法

道具を活用してつまりの原因を除去する

自分の家の排水口がつまってしまったときには、道具さえあればきれいに掃除をすることができます。一般的に「スッポン」と呼ばれているラバーカップを使うと便利です。

ラバーカップは、トイレがつまったときだけではなく、家庭内のさまざまな場所のつまりにも役立ちます。排水トラップなどを取り外し、ラバーカップのゴムの部分を排水口に押しつけて何度かつつくようにしてみてください。ほかにラバーカップよりも強力な真空式パイプクリーナーを使う方法もあります。

専用の道具が用意できないときには、ペットボトルを代用してみましょう。排水口をペットボトルの口の部分で塞ぎ、ラバーカップと同じように押したり引いたりすることでつまりを取り除くことができますよ。

市販の洗浄剤か重曹とクエン酸を使う

長年積み重なってできた汚れは、市販の洗浄剤を使うとよいでしょう。液体パイプクリーナーで掃除するときには、排水口からだけでなく排水トラップを外してその先の排水管にも流します。排水トラップを取り外さずに洗浄剤を使うと、十分な効果が得られないこともありますよ。

また、重曹とクエン酸を合わせて使うと、泡の力で汚れを落とすことができます。用意するものは、粉末の重曹とクエン酸、スポンジ、歯ブラシです。

掃除をする前に見えるゴミなどを取り除きましょう。ある程度きれいになったら100gの重曹と50gのクエン酸を排水口に満遍なく振りかけます。そこにお湯をかけると泡が出て、約5分待つと汚れが浮いてきますよ。最後にスポンジや歯ブラシを使って磨き、お湯で流せば終了です。

ヘアピンなどの固形物はトラップを外す

洗面所では、うっかりヘアピンなどを排水口に落としてしまうことがあります。このようなときには、洗面台の下にある配水管のトラップを外してつまったものを取り除きましょう。マスクとゴム手袋をして作業することをおすすめします。

始めに蛇口を締めたらスパナやモンキーレンチでトラップを外します。このときトラップ内に水が溜まっていることが多いので、こぼれないようにバケツに捨ててください。

次に、つまっていたものを取り除いて、もう一度トラップをセットしましょう。スパナやモンキーレンチで締めた後、水を流して漏れていないかを確認してくださいね。

工具を使うのが苦手なママは、無理をせずにパパにお願いするとよいでしょう。

排水口のつまりを予防するための一工夫

水切りネットでゴミによるつまりを予防する

家庭内の水回りでは、知らない間にさまざまなゴミが排水口に流れています。これらの小さなゴミを入り口で防ぐだけで、排水口のつまりを事前に防ぐことができるんですよ。

もし掃除の回数を減らしたいときには、水切りネットを使うと便利です。ゴミ受けの隙間から流れ出ていた小さなゴミを水切りネットがガードしてくれるので、大きな効果が期待できます。台所では食材の切れ端を気にせず料理ができるので、ママは大助かりです。

排水口用の水切りネットは、スーパーや100均などで簡単に購入できます。ストッキング状に編まれた水切りネットであれば、水はけがよい上に細かなゴミもしっかりキャッチしてくれるでしょう。三角コーナーにも使うことができますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC