就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

母子同室で泣く赤ちゃんへの対応は?知っておきたい対応方法と心構え

母子同室で泣く赤ちゃんへの対応は?知っておきたい対応方法と心構え

産婦人科や病院では、母子同室を推奨しているところも最近は増えてきています。出産してすぐに赤ちゃんと同じ部屋で過ごすことは楽しみも大きいですが、「赤ちゃんが泣いたときはどうしよう」と不安なママもいるでしょう。ここでは、出産してから困らないために、赤ちゃんが泣いたときの接し方などをご紹介します。

母子同室のメリットとデメリット

母子同室にはこんなメリットがある!

産婦人科や病院では、出産入院中に赤ちゃんと別々の部屋で過ごすところと、赤ちゃんと同じ部屋で育児をしながら過ごすところがありますよね。母子同室の場合は、どのようなメリットがあるのでしょうか。

母子同室だと赤ちゃんとずっと一緒に過ごすので、24時間いつでもおっぱいを吸わせられ母乳が早くから出る可能性が高くなります。赤ちゃんと別々の部屋で過ごす場合は授乳の時間が決まっているところが多いですが、同じ部屋だと赤ちゃんが泣いたときにすぐにおっぱいを与えられてよいですよね。

また、出産入院しているときから授乳やおむつ交換など、赤ちゃんのお世話をスタートするので、入院中にある程度お世話をマスターできるのもメリットですよ。

注意しておきたい母子同室のデメリット

赤ちゃんと入院中に同じ部屋で過ごすことはメリットがたくさんありますが、デメリットもあることを知っておきましょう。「母子別室の産婦人科にすればよかった」と後悔しないように、デメリットも確認した上でどこで出産するかを決めるとよいですよ。

母子同室の場合は、出産してから1日も経たないくらいから赤ちゃんが部屋にきます。赤ちゃんのお世話を早いうちから練習できるのは嬉しく感じることもありますが、出産して疲れている体でお世話をするのは、「もっとゆっくり休みたい」「ゆっくり寝かせてほしい」などと辛く思う方もいるでしょう。

新生児の頃はおむつ交換や授乳など、お世話をする回数が多いだけでなく赤ちゃんがなかなか寝てくれないこともデメリットですよね。

母子同室を選ぶときに確認しておきたいこと

母子同室のところがよいと思ったときに、あらかじめ確認しておくとよいこともあります。「病院選びを失敗した」と後悔しないためにも、早い時期から気になることはスタッフの方に聞いておきましょう。

たとえば、食事の時間はママひとりで食べるのか、夜中もずっと赤ちゃんと一緒に過ごすのか、母子同室でもいろいろな人にお見舞いにきてもらってもよいのかなど、気になることがたくさんありませんか?

赤ちゃんと同じ部屋だとゆっくりご飯が食べられないことも多いので「入院中くらいはゆっくり食べたい」という方は、食事の時間は別室で過ごせるようなところを選びたいですよね。ほかにも、赤ちゃんと同じ部屋だとお見舞いが制限されるところもあるので、先に確認しておきましょう。

赤ちゃんが泣いてしまったときのママの対応

まずは落ち着くまで抱っこをしてみよう

出産し赤ちゃんと病室で過ごすようになってからは、本格的にママの仕事がスタートしますよね。部屋にきた赤ちゃんが泣いてしまったとき、「どうすればよいの?」「どう対応すれば泣き止むの?」などと、赤ちゃんのお世話に慣れていないと戸惑う方も多いでしょう。

赤ちゃんが泣き始めたときは、まずは赤ちゃんが安心するまで抱っこするとよいですよ。生まれたばかりの赤ちゃんは、心地よいママのお腹のなかから外の世界に出てきて、さまざまな刺激を受け不安な気持ちを抱えて泣いていることも多いです。

「ママがいるから大丈夫だよ」「かわいいね。抱っこしようね」など、赤ちゃんにたくさん話しかけながら抱っこすると、赤ちゃんは大好きなママの声やぬくもりで落ち着くことができるでしょう。

おむつを替えておっぱいをあげよう

新生児の赤ちゃんは不安な気持ちから泣くだけでなく、おむつが汚れて気持ちが悪い、おっぱいが欲しいなど、「ママに◯◯をしてほしい」という欲求から泣いていることもあります。抱っこしても赤ちゃんが泣き止まないときは、まずはおむつを確認しましょう。

おむつが汚れていたら、すぐに交換します。おむつをきれいにしてから、次はおっぱいを与えましょう。おっぱいは出産してすぐは出ないことも多いですが、赤ちゃんがたくさん吸っているうちに少しずつ出る量が増えてきます。

最初はおむつ交換や授乳に時間がかかるかもしれませんが、焦らずに赤ちゃんに話しかけながら赤ちゃんとふれあいましょう。ママが焦って対応すると、赤ちゃんも不安になりぐずることが多いですよ。

赤ちゃんの体や表情に注目してみよう

出産してすぐからずっと同じ部屋で赤ちゃんとふれあえる経験は、赤ちゃんの小さな変化をたくさん気づかせてくれるでしょう。赤ちゃんを抱っこするときやお世話をするときに、赤ちゃんの体に変化がないか確認したり、表情の変化を楽しんだりして過ごすと、ちょっとした変化に気づけるかもしれませんね。

生まれたての赤ちゃんの体は小さく、かよわいですよね。しかし、入院中にも少しずつ体重は増え続け、出産したときと退院するときでは体が大きくなり、見た目も変わる子が多いですよ。

また、表情も生まれたときと退院のときでは、違った表情を見せてくれる子もいます。最初は不安そうな表情をしていた子でも、入院中にママからの愛情をたくさん受けてやわらかい表情になる子もいますよ。

産後の入院生活を安心して過ごすために

赤ちゃんが泣き止まないときのあやし方

初めての出産を控えているママは、出産に対しての不安だけでなく母子同室への不安も抱えていることでしょう。同じ部屋で過ごしているときに赤ちゃんに大泣きされると、どう接してよいのか悩みますよね。

赤ちゃんのおむつ交換や授乳をしても泣き止まないときは、優しく声掛けをしながら抱っこして室内をうろうろしてみましょう。赤ちゃんにとってママの声は、お腹のなかにいたときから聞いているので心が落ち着きます。

優しい声を聞きながらゆるやかなゆれを感じると、自然と眠たくなっていきますよ。また、赤ちゃんを抱っこするときは、なるべく赤ちゃんの体をお腹にいたときのような丸い姿勢を意識しましょう。お腹にいたときの姿勢は赤ちゃんにとって心地よいものなので泣き止む子が多いですよ。

ママがお風呂やトイレに行きたくなったら

赤ちゃんと同じ部屋でずっと過ごしていると「いつトイレに行ってよいの?」「お風呂に入るときはどうすればよいの?」など、分からないことも多いでしょう。お風呂やトイレに行きたくなったときは、助産師さんや看護師さんなど、スタッフの方に赤ちゃんをお願いするとよいですよ。

お風呂やトイレに行くときに、赤ちゃんをひとりで部屋に残さないように注意が必要です。新生児の赤ちゃんはなにがあるか分からないので、常に誰かに見守ってもらうことが大切ですよ。パパや両親などがお見舞いにきているときは、パパや両親などに赤ちゃんを見てもらってもよいでしょう。

退院してからの生活をイメージしやすいように、入院中からパパにも積極的に赤ちゃんのお世話に参加してもらうとよいですよ。

遠慮せず周りのスタッフに助けを求めよう

赤ちゃんと同じ部屋で過ごして頑張っていても、「入院中全然寝られなくて、体が辛い」「夜中もずっと泣いているから、不安で胸が苦しい」など、赤ちゃんとの入院生活に限界を感じている方もいますよね。辛いときはひとりで我慢するのではなく、遠慮せずにスタッフの方に助けを求めることも大切ですよ。

スタッフの方に助けを求めたからといって「母親なんだからそれぐらい頑張らなきゃ」などと、ママを責める人は誰もいません。ママの不安な気持ちに寄り添いさまざまなアドバイスをくれたり、赤ちゃんを預かりママが休める環境を整えたりなど、ママに協力してくれるでしょう。

退院してからもママ自身から周りの人にサポートをお願いできるように、入院中も無理せず過ごしてくださいね。

まとめ

出産してからすぐに赤ちゃんのお世話をスタートできる母子同室は、赤ちゃんとたくさんふれあえる、退院までにお世話に少し慣れることができるなど、よいことがたくさんありますよね。しかし、入院中から睡眠が減るなど、ママの負担が大きくなり辛く感じる方もいるかもしれません。

出産後のことはそのときにならないと分からないので、体調が悪かったり辛いと感じたりしたときはスタッフの方に助けを求めましょう。誰もママを責めることなく、ママの力になってくれますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj