就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

40代の体の変化とスキンケアについて!ケアの仕方や美肌作りの習慣

40代の体の変化とスキンケアについて!ケアの仕方や美肌作りの習慣

40代になると若いころと比べて、肌トラブルが増えてくるなど体に色々な変化が出てきます。けれど、いつもハツラツとしたママでいたいですよね。そこで、今回は40代ママの体の変化に合わせたケア方法や、子どもも一緒に取り組める美肌を保つ習慣をご紹介します。

まずは40代ママの体の変化について知ろう

新陳代謝が低下してシミが目立つようになる

肌は一定の周期で生まれ変わりをくりかえし(ターンオーバー)、肌のバリア機能を保つことでさまざまな肌トラブルを防いでいます。しかし、年齢とともに細胞の働きが低下するので新陳代謝が滞りがちになります。

もともとシミというのは、紫外線のダメージから肌細胞を守るために分泌されたメラニンです。本来、メラニンは肌のターンオーバーによって、古い細胞とともに少しずつ表面へ押し上げられ、最終的には垢として表皮から排出されます。

しかし、加齢によって新陳代謝が低下することで排出が滞って、シミになってしまうというわけです。

肌が紫外線を浴びることで増えるメラニンの量と、排出されるメラニンの量のバランスが崩れてシミが目立つようになります。

ホルモンの分泌量が減り乾燥しやすくなる

女性は「エストロゲン」と「 プロゲステロン」という2種類のホルモンを分泌します。

このうち、美肌ホルモンとも呼ばれ、女性の美容に密接に関わるエストロゲンは、8~9歳ごろから卵巣で分泌され始めます。エストロゲンの分泌は30代半ばをピークに、加齢で卵巣機能が低下していくのに従って少しずつ分泌される量が減っていきます。

このように、ホルモンのバランスが崩れてくることで、肌質が変化しやすくなり、肌トラブルが増えてくるのです。

エストロゲンには、肌の保湿に役立つヒアルロン酸やコラーゲンの分泌を促す作用があります。しかし、分泌量が減る影響で保湿成分の分泌も低下し、肌が乾燥しやすい状態へと陥ってしまうのです。

筋肉が萎縮したるみやすくなる

40代になると体に起きる変化の一つに「筋肉の萎縮」があります。40代の筋肉は、1年で約1.0%萎縮していくともされており、それは顔の表情筋にも関係してきます。

肌の内側には顔の表情を作る筋肉である「表情筋」がありますが、この筋肉も年齢とともに委縮することで顔全体がたるみやすくなってしまうのです。40代になって目元が下がったり、頬のラインがぼやけたりするのは筋肉の萎縮も大きな要因とされます。

肌は乾燥すると皮膚の弾力性を奪われて、シワやたるみができやすくなります。そのため、アンチエイジングとして肌の保湿はとても重要ですが、肌のたるみの点では表面的なケアだけでなく、内側の筋肉による影響にも目を向ける必要があるといえます。

40代のママが実践したいスキンケアのコツ

親子で保湿を重視したケアを行う

肌を健やかに保つには、まずは保湿を重視したケアを取り入れることが大切です。40代の肌は、エストロゲンからの美肌作用を受けにくくなってしまうため、肌の潤いを保つために必要な水分量や皮脂量、セラミド量が減少しがちです。

その結果として、肌トラブルを起こしやすい状態であるといえるので、これまで以上に保湿力の高い化粧品を使うことが重要になってきます。

高保湿成分が配合されていて、なおかつ低刺激の化粧水などであれば、子どものデリケートな肌にも使えます。

肌の乾燥は年齢問わずに肌トラブルを引き起こす原因となるので、ママのスキンケアタイムに子どものお肌も一緒に保湿ケアをしてあげるようにしましょう。親子のコミュニケーションにもなるので一石二鳥ですよ。

コラーゲンを含む化粧品やサプリを使用する

若々しい肌を保つために必要なものといえば「コラーゲン」です。コラーゲンは肌の土台を支える重要な役割を果たしていて、肌のハリを保ってくれます。しかし、コラーゲンは加齢とともに減少するため、40代半ばになるとピーク時の7割まで減ってしまうともいわれています。

さらにコラーゲンは紫外線やストレスなどで劣化するともいわれているので、子どもの外遊びに付き合って紫外線を浴びたり、家事や仕事でストレスを抱えたりしている40代ママは、コラーゲンが不足している可能性があります。

そこで、大切なことはコラーゲンを体内に摂り入れることです。コラーゲンは食べ物からも摂れますが吸収効率がよくないため、化粧品やサプリメントの使用がおすすめです。

表情筋を鍛えてたるみを予防しよう

顔のたるみ改善には表情筋のトレーニングも欠かせません。表情筋を鍛えるのに手軽なのは、顔のエクササイズです。

ここでは簡単にできるものをご紹介します。その名も「バルーンエクササイズ」です。頬を風船のように思いきりふくらますだけなので、道具も使わずにどこでも手軽にできますよ。

ます、両頬に空気を入れて思い切りふくらませましょう。その状態を5秒キープします。さらに、そのままの状態を保って口の中の粘膜を舌でなぞるでように動かしましょう。これを3回繰り返します。

ポイントは、空気と舌でたるみやしわをのばすイメージで行うことです。毎日、少しずつ継続して行うことで表情筋が鍛えられて、肌のリフトアップに役立ちますよ。

親子でできるキレイな体づくりの三つの習慣

親子で紫外線対策を徹底しよう

紫外線を浴びることで肌から分泌されるメラニンはシミのもとではありますが、一方で、紫外線による肌への影響を抑えるために紫外線を吸収して肌を守るという重要な働きがあります。つまり、メラニンの生成は紫外線を浴びることで起こる肌の正常な反応といえます。

そこでポイントになるのが、あらかじめ紫外線を防ぐということなのです。特に紫外線による肌への負担は大人よりも皮膚の薄い子どもの方が大きいため、子どもにもきちんと紫外線対策をしてあげてくださいね。

帽子や日傘の使用、低刺激性の日焼け止めなどをこまめにぬるなどして肌に当たる紫外線の量をできるだけ少なくすることが大切です。年齢とともに気になるシミは、親子で紫外線対策をして防ぎましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版