就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと夏の長距離ドライブへ!子どもを飽きさせないコツと注意点

子どもと夏の長距離ドライブへ!子どもを飽きさせないコツと注意点

夏の時期には、子どもを連れて車で遠出するパパやママも多いのではないでしょうか。しかし、長時間車に乗る場合には、夏の暑さや、子どもが途中で飽きてしまわないかどうかも心配ですよね。今回は、夏に子どもと長距離ドライブする際の注意点と、子どもを飽きさせないコツなどをご紹介します。

夏の子どもとのドライブは暑さ対策が必須

窓越しでも強力な紫外線!日焼け対策は必須

夏の日差しは強力なので、車で移動する際には、窓越しの紫外線も気になりますね。特に子どもの肌は敏感ですから、紫外線からしっかりと守ってあげる必要があるでしょう。

子どもがチャイルドシートに固定されている場合、窓越しに日差しが当たっても子どもは身動きが取れません。日よけがあれば、子どもも眩しい思いをせずに済みますね。

日よけには、吸盤などで窓に簡単に取り付けられるものや、カーテンタイプのものなどさまざまな種類があります。乗っている車や使いやすさに応じて選ぶとよいでしょう。

近頃はUVカットガラスを使用した車も増えていますが、すべての紫外線をカットできるというわけではないので、念のため車内でも日焼け止めを塗っておくのがオススメです。

夏の車内は高温に!熱中症を予防しよう

夏の暑さでは、屋外の気温も気になりますが、特にこたえるのは車内の温度なのではないでしょうか。車のドアを開けたときに、モワッと立ち昇るような熱気が体に降りかかってくると、大人でもげんなりしてしまいますよね。

子どもは体温調整機能が未熟なため、親がしっかりと温度調整してあげなければ、熱中症になる危険性もあるでしょう。

車内にあるチャイルドシートもかなり高温になっているはずですから、子どもが快適に過ごせるような対策が必要になりますね。熱中症予防として、チャイルドシートに次のような工夫をしておくとよいかもしれません。

例えば…
・背中部分に保冷剤を入れる
・タオルや汗取りガーゼを敷く
・車を離れる際は白系のバスタオルをかけておく

暑さで酔いが加速!酔いどめがあれば安心

あまりに暑いと車酔いも加速してしまいますから、あらかじめ子ども用の酔いどめを準備しておくと安心です。

市販されている酔いどめは液体タイプに錠剤タイプ、そのほかにもさまざまな種類があります。近頃はイチゴ味やぶどう味など子どもにも飲みやすい味に作られているものも多いので、子どもと一緒に選んでみてもよいですね。

薬は3歳から服用できるものと、5歳から服用できるものがあります。3歳未満の子どもの場合には市販薬がないので、不安なときはかかりつけ医に相談してみてください。

また服用するのは車に乗る30分前が効果的です。もし飲み忘れてしまったときや、途中で酔ってしまったときには、ドロップタイプかチュアブル錠なら子どもでも飲みやすいようです。

子どもを飽きさせない快適ドライブのコツ

快眠をうながす環境づくり

チャイルドシートに座っている子どもが、いつの間にか眠っているのはよくあることです。ただ、首がガクンと曲がったままの姿勢で寝てしまうと、首を痛める心配もありますし、息もしづらそうで見ているこちらが不安になりますよね。

そんなときにはやわらいかいネックピローで、子どもの首や頭を優しく支えてあげましょう。大人用のものは子どもには大きすぎますから、キッズ用のものを準備しておくとよいですね。

また車種によっては、前列と後部座席では車内温度もずいぶん違っています。前列が冷えていても後部座席は暑いままというのもよくあることなので、子どもが座っている付近の温度にもできるだけ気を配ってあげましょう。子どもに快眠をうながすような環境づくりが大切です。

こまめな休憩タイムを取りいれる

出発の前には、目的地に着くまでの間にある立ち寄れそうなトイレをきちんと確認しておきましょう。高速道路のサービスエリアやパーキングエリアであれば、授乳室やおむつ台が設置してあるところも多いですから、子どもがまだ赤ちゃんだったり、おむつが外れていなかったりする場合でも安心ですね。

またトイレ休憩のときに、子どもが「出ないから行かなくていい」ということがありますが、行ってみると案外出るものです。こまめな休憩タイムを取りいれて、できるだけトイレに行くようにうながしてあげましょう。

長距離移動では子どもも退屈しがちになってきます。子どもが遊べるような公園やキッズスペースのあるところなら、体を動かして気分をリフレッシュすることもできますね。

子どもが好きなDVDを持ちこむ

車で移動するときには子どもが飽きないようにポータブルゲーム機を与えたり、スマホで動画を見せたりするママも多いかと思います。しかし、手に持ったまま長時間使用すると、どうしても下を向きがちになるために子どもも車酔いしやすくなってしまいますよね。

車載用ポータブルDVDプレイヤーなら、前列シートのネックレストに取り付けられるものもあるので、DVDを見せる場合にも子どもが楽な姿勢で映像を楽しむことができます。

前もって子どもの好きなDVDを持ちこんでおくと、子どものぐずり対策にもなりますし、うまくいけば視聴しながら眠ってくれることもあるでしょう。お気に入りのDVDとおやつで、移動中に映画館気分を味わってもらうのもよいかもしれませんね。

家族で楽しめる車内遊び

しりとり・なぞなぞなど言葉遊び

子どもがある程度大きいのであれば、しりとりやなぞなぞなどの言葉遊びをしてみるのもおもしろいかもしれません。

一番簡単なのは言葉遊びの定番ともいえる「しりとり」です。普通にやるのももちろん楽しいですが、テーマを決めて考えながらやる方法では、時間が経つのもさらに早く感じられます。

〈しりとりのテーマ例〉
・好きな食べもの
・保育園や幼稚園にあるもの
・白いもの

また子どもでも解けるような、「なぞなぞ」の問題を出題してあげるのもよいでしょう。

〈なぞなぞの例題〉
Q「食べると安心するケーキはなに?」
A「ホットケーキ!」
Q「お空から降ってくる甘いお菓子はなに?」
A「アメ!」

これなら家族みんなで楽しむことができますね。

歌を歌ったり手を叩いてリズム遊び

歌を歌ったり、手を叩いてリズム遊びするのもオススメです。

【とんとんとんひげじいさん】
幼稚園や保育園でもよく歌われている遊び歌ですね。歌に合わせて両手をグーにして、交互にとんとん叩きながらあごや鼻などに重ねていきます。ひげじいさんのほかにも、アンパンマンバージョンやドラえもんバージョンもあります。

【グーチョキパーで何作ろう】
「グーチョキパーでグーチョキパーで何作ろう~何作ろう~」と歌いながらグーチョキパーのいずれかを出して、組み合わせて作ったものの名前を歌う手遊びです。作れるものもヘリコプターや、カタツムリにカニなど、レパートリーが豊富でいろいろなパターンを楽しめます。

車内なら大声で歌っても周りを気にせずに済みますね。

車の色当てなど風景を利用した遊び

一般道路をドライブするときには、周りの風景を利用して遊ぶのも一つの方法です。歌や手遊びなどに飽きたらぜひやってみてくださいね。

【対向車の色当てクイズ】
「よーいどん!」で数え始めて、10台目にすれ違う車の色を当てるというゲームです。色のほかにも、運転している人が女性か男性かを当ててみるというやり方もあります。車好きな子であれば、車のメーカーを当てるやり方に変えてみるのもよいでしょう。

また車だけでなく、「赤いもの」「動物の絵」などテーマを決めて、看板やお店などの風景の中から、テーマに合ったものを探す遊び方もあります。

風景を利用した遊びならすぐ始められますし、子どもに遠くを見てもらうことで車酔いの防止にもなるでしょう。

まとめ

家族でドライブするのは楽しいものですが、誰かの体調が悪くなったり、子どもがぐずったりすると車内の空気も一変してしまいますよね。特に、夏の子連れでのドライブでは、家族みんながいかに快適に過ごせるかが重要になってくるでしょう。

事前の準備をしっかりとしておけば、いざというときにも慌てずに済みますし、きっとママも心に余裕を持ちやすくなるはずです。車内ではできることも限られますが、逆に車内だからこそできる遊びもあるでしょう。子どもとコミュニケーションを取りながら、快適なドライブを楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018