就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで紅葉が楽しめる関東のスポットは?子どもと自然を楽しもう

子連れで紅葉が楽しめる関東のスポットは?子どもと自然を楽しもう

家族で紅葉を楽しみたい!でも、子どもも飽きずに楽しめるか心配…。そんな方には、都内から北関東まで幅広い関東の紅葉スポットから選んでみてはいかがですか?アクセスも抜群で、紅葉だけでなく子どもも楽しめる遊び場のあるスポットも。そこで今回は、都内、南関東、北関東でおすすめの紅葉スポットをご紹介します。

アクセス抜群!都内で紅葉が楽しめる場所

大人も子どもも楽しめる新宿御苑

元々は皇室の庭園だった新宿御苑。今では一般に開放され、都会のオアシス的存在です。東京メトロ丸の内線の「新宿御苑駅」で下車、出口1から徒歩5分で行けます。子どもを連れていくにも楽ですね。

紅葉の時期は10月下旬から12月上旬までと、長い期間楽しめます。まず10月下旬にはハナミズキが紅葉のピークを迎えます。この時期は見物客が少な目でおすすめです。11月から12月上旬にかけてはイチョウ並木やカエデが見頃を迎えます。

また、公園内の芝生広場ではレジャーシートを敷いて家族でお弁当も楽しめますよ。

入園料がかかりますが、大人200円、小中学生は50円とお安め。開園時間が9:00~16:00のため、早めの入園がおすすめです。

国内最大級の広さを持つ昭和記念公園

昭和記念公園は東京ドーム40個分もの広大な敷地をもつ、国内最大級の国営公園です。JR中央線「立川駅」で下車、公園のあけぼの口までは徒歩約10分です。

紅葉の時期は11月から12月上旬が最盛期となります。人気スポットは、立川口から入ってすぐの「カナールのイチョウ並木道」。全長200mの道の両脇にイチョウが植えられており、イチョウのトンネルの中を子どもとゆったり歩いて楽しめます。

ほかにもモミジ、サクラなどの様々な種類の紅葉が楽しめ、コスモスなど季節の花も同時に楽しめるのも魅力の一つ。

園内には遊具もあり、お子さんも一日中楽しめます。入園料は大人が410円、子どもが80円、開園時間は9:30~16:30です。

カラフルなコントラストが素敵な日比谷公園

銀座や有楽町などのおしゃれな街からも近い、日比谷公園。ママのショッピングの帰りにも立ち寄れる、人気の紅葉スポットです。東京メトロ日比谷線、「日比谷駅」A10、A14出口から徒歩8分の距離です。

紅葉の時期は11月下旬か12月上旬と短めですが、モミジ、イチョウ、ケヤキの紅葉が楽しめ、最盛期には赤、黄色、緑のコントラストが青空に映えます。

「鶴の噴水池」の周辺は撮影におすすめのスポットです。池を取り囲む鮮やかな紅葉に加え、水面に紅葉がうつり、風情を感じられます。この風景をバックに家族で写真撮影してみてはいかがですか?

池の周りにはベンチもあるため、素敵な紅葉を眺めながらお弁当も食べられます。入場料は無料で、常に開園しています。

ファミリーで行きたい南関東の紅葉スポット

牧場や遊具も充実!横浜市のこどもの国

横浜市こどもの国は多摩丘陵に作られた自然の遊び場です。アクセスもこどもの国線の「こどもの国駅」で下車してすぐと、子連れには嬉しい立地。

紅葉の時期は10月下旬から12月上旬。多摩丘陵の様々な樹木が順に色づきます。10月下旬頃はイチョウ、ケヤキ、11月にはカエデやカイノキ、12月頃にはメタセコイアやクヌギ、コナラなど、自然の山の紅葉を見れるのが魅力です。

また、広大な敷地には牧場や様々な遊具もあります。牛や羊と触れ合ったり、親子で110mローラーすべり台に乗ったり、一日中楽しめる施設がたくさんありますよ。

入園料は大人600円、小・中学生200円、幼児100円です。開園時間は9:30~16:30、毎週水曜日が休園日となります。

日本の歴史も感じるなら松戸市の本土寺

本土寺は源氏の名門平賀家の屋敷跡に建立されたといわれ、紅葉だけでなく日本の歴史を感じるスポットです。JR「北小金駅」から徒歩10分と、電車でも行きやすい場所にあります。

紅葉の時期は11月中旬頃から。こちらのお寺のおすすめは、なんといっても約1,000本の真っ赤なモミジの紅葉です。山モミジ、大盃、秋山紅(シュンザンコウ)という三種類のモミジが真っ赤に染まる景色は圧巻です。

秋山紅は徳川家康の側室である秋山夫人のお墓の近くにあったことが由来とされています。紅葉と、五重塔や仁王門などの歴史ある建物の組み合わせに風情を感じます。

参拝料は中学生以上500円、小学生以下無料、受付時間は8:00~16:30で、いつでも開放されています。

紅葉と冬桜のコラボが素敵な城峰公園

35 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事