就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと冬旅行にレッツゴー!家族で楽しめる旅行をジャンル別に紹介

子どもと冬旅行にレッツゴー!家族で楽しめる旅行をジャンル別に紹介

冬、子どもと旅行に行く計画を立てているパパやママも多いでしょう。しかし、寒い冬はどのような場所に旅行に行くのか悩みますよね。ここでは、冬におすすめの家族で楽しめる旅行を、「温泉編」「雪遊び編」「テーマパーク編」と三つのジャンル別にご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

子どもと冬旅行に出かけよう「温泉編」

家族で風情ある雪見風呂を楽しもう

冬といえば、温泉旅行を思い浮かべるパパやママは多いのではないでしょうか。温泉は全国のさまざまな場所にありますが、雪の降る地域に旅行に行き、雪見風呂を楽しむのも風情があってよいですよね。

小さい子どもと温泉旅行に行く場合は、お部屋のなかに温泉がついているところや、貸し切り風呂ができる旅館などがおすすめです。お部屋のなかに温泉がついていると、子どもが寝たあとや朝など、好きな時間にゆっくり入ることができるのでよいですよね。

温泉からの景色がきれいだと、大人だけでなく子どもも「きれい!」と、雪の景色に釘付けになること間違いなしです。冬の思い出に、風情を感じられる雪見風呂で体も心も癒やされたいですね。

温泉テーマパークなら湯冷めの心配なし!

冬場は寒いので、「旅館の露天風呂などでは子どもが湯冷めして、風邪をひかないか不安」というママもいますよね。そのようなママには、温泉テーマパークがおすすめですよ。

温泉テーマパークは、温泉だけでなくプールも一緒に楽しめたり、さまざまなお風呂に入れたりと体を温めながら遊べるので、子ども連れにはピッタリでしょう。また、温泉テーマパークでは水着を着たままご飯が食べられるので、1日中楽しめるところもよいですよね。

全国にはたくさんの温泉テーマパークがありますが、プールにスライダーがあって遊べるところや、ダンスなどのショーが見られるところなどもありますよ。屋内施設なので、お天気が悪いときでも安心ですよね。

冬旅行で子連れで温泉に行くときの注意点

冬の旅行で、子どもと一緒に温泉旅行に行こうと計画している家庭も多いでしょう。しかし、小さな子どもと行く場合、さまざまなことに気をつけなければなりません。

たとえば、天然温泉の場合はお湯の温度が高いところが多いです。子どもはお肌がデリケートなので、お湯の温度が高いとやけどしてしまうこともあります。温泉の成分によってはお肌がかぶれることもあるので、小さな子どもが入っても安全かを確認してから入るようにしましょう。

また、温泉に行くと広いお風呂にテンションが上って走り回ったり、騒いだりする子もいます。転倒すると大ケガをすることもありますし、ほかの方の迷惑になってしまうので、温泉に行く前に子どもと約束事を決めておくとよいですよ。

子どもと冬旅行に出かけよう「雪遊び編」

キッズ用スノーパークは子連れに優しい

冬の旅行に、雪遊びができるスポットに行く家庭も多いでしょう。スキー場に行くと雪がたくさんあるので、子どもだけでなく大人もテンションが上りますよね。しかし、スキー場で子どもと雪遊びをしたくても、スキーやスノーボードをしている方とぶつからないか心配になりませんか?子どもと雪遊びをするときは、キッズ用のスノーパークを利用するとよいでしょう。

キッズ用スノーパークは、スキー客などにぶつからない場所に設置されているので安心です。雪だるまを作ったり雪合戦をしたりと、子どもが自由に遊ぶことができますよ。

また、小さな雪山が作られているところもあり、ソリなどの貸出もあるので、子どもと一緒にいろいろな雪遊びで楽しめますよ。

2歳から遊べるスノーストライダーが楽しい

子どもは雪遊びが大好きですよね。最近雪遊びで流行っているのが、スノーストライダーです。ストライダーが雪遊び用に変身したもので、2歳から遊ぶことができるところも小さな子ども連れには嬉しいですよね。

スキー場によってはスノーストライダー専用のコースがあるところもありますよ。持って行かなくても貸してくれるスキー場が多いので、荷物も増えなくてよいですよね。

先輩ママの話では、冬になると雪遊びをしにスキー場に遊びに行くそうですが、スノーストライダーは小さい子どもでも1人で乗ることができるので、子どもも喜んで遊んでくれるそうですよ。2歳から乗ることができるので、兄妹で一緒に遊べて嬉しいと話してくれました。

子どもと現地で雪遊びをするときの注意点

子どもと雪遊びをしにスキー場などに行くときは、いろいろと準備して行くことが大切ですよね。ここでは、雪遊びで注意することをご紹介します。

・紫外線対策をする
冬場は、紫外線対策をしなくてもよいと思っているパパやママは多いでしょう。しかし、スキー場などの雪の積もっているところでは、雪に8割くらいの紫外線が反射してしまいます。ですから、紫外線対策をしっかりしないと日焼けをして肌荒れする可能性があります。

また、ゴーグルかサングラスを子どもにも着用させるようにしましょう。お天気のよい日に雪遊びをしていると、紫外線によって雪目と呼ばれる角膜症になることもあります。紫外線から子どもの目や肌を守りつつ、楽しく雪遊びをさせたいですね。

親子で楽しめる冬旅行「テーマパーク編」

泊まりでゆっくり「東京ディズニーランド」

子どもはテーマパークが大好きですよね。冬休みには、子どもが楽しめるテーマパークに行くというママも多いでしょう。東京ディズニーランドは2019年の3月25日までの期間、35周年のお祝いムードでいっぱいです。クリスマスやお正月などにもスペシャルイベントがたくさん開催されるので、ホテルにお泊まりしてゆっくり楽しみたいですよね。

キャラクターのお部屋にお泊まりできるディズニーホテル以外にも、ディズニーランドの周辺にはお手頃価格で泊まれるホテルがたくさんあります。ディズニーランドまでは無料のシャトルバスがあるホテルも多いので、子ども連れでも安心ですね。

ディズニーランドは、小さい子どもでも乗ることのできるアトラクションが多いので、家族みんなで楽しめますよ。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND