就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

落書きをする幼児の心理!落書きがグンと減る対処法や予防アイテム

落書きをする幼児の心理!落書きがグンと減る対処法や予防アイテム

「上手に描けてるね~!」と素直に褒めてあげたい、けれど描かれた場所が壁やテレビの画面だとそうはいきません。落書き帳もきちんと用意してあるのに、なぜかいろんなところに落書きする…子どもあるあるですがママは困ります。落書きしてしまう子どもの心理状態や、対処方法をご紹介します!

どうして幼児は落書きをするの?

好奇心が旺盛で新しいことを試したい

子どもは歩けるようになると、行動の幅が広がり目が離せなくなっていきます。ママを悩ませる落書きもこの頃から見られるようになりますが、本当に困ってしまいますよね。

この頃の子どもは「色んなことを試してみたい、やってみたい」という欲求がだんだんと出てきます。その延長線上で落書きをすることも多いのだそうです。

好奇心を持つこと自体は悪いことではありません。好奇心は探求心に繋がっていきます。

「大きな絵を描きたい」という気持ちや「ここに書いたらどうなるんだろう?」という気持ちは好奇心の表れの一つでもあります。してはいけない場所への落書きは物事を探求する気持ちが芽生えてきた証拠なのかもしれませんね。

自分を表現したい気持ちの表れ

子どもは絵を描くことを通して自分の体験したことや、見たものを表現していることもあります。子どもの個性が絵には表れるのです。

ただの落書きだと大人は思いがちですが、子どもが自分の中にある世界を表現する手段の一つが絵を描くことです。「うちの子はよく落書きをする…」と悩んでいるママもいるかもしれませんが、絵をたくさん描く子どもはそれだけ自分の世界と向き合い、思っていることを表現できると考えるととてもよいことですよね。

子どもの絵が上手か下手かではなく、何のモチーフを描いているのかを観察してみると色々なことがわかります。何を思いながら描いているのか考えながら観察してみると、子どもが好きなものや興味をもっていることがわかるかもしれません。

親の気をひきたい「試し行動」の場合も

壁に落書きをしはいけないことを説明したのに何度も繰り返す、落書きをしながら親の方を気にしている場合には親の気持ちをひきたい「試し行動」の場合があります。

このパターンはママやパパに自分の方を向いてほしい思いが強くて、わざと怒られることを分かっていて落書きをしているのです。怒られたり、注意されたりすることも構ってもらえたことになるので、繰り返し落書きをしてしまいます。

仕事が忙しくてなかなかゆっくり相手をできない日が増えていた、きょうだいがいてついついそっちにかかりきりになっていたなどの場合は「試し行動」の可能性があるようです。

この場合であれば、子どもに向き合う時間をとることで落書きをしなくなることが多いようです。

幼児の落書きがグンと減る対処法はコレ!

どうして落書きをしたのか怒らず理由を聞く

まずは「どうしてそこに落書きをしたのか」を聞いてみましょう。なかなか自分の気持ちを口にするのが難しい年齢の場合もありますが、理由を知ることが解決の手がかりになります。

ここで何か理由がある場合は、その欲求を満たしてあげることで落書きは減ります。例えば、「大きな絵を描きたかった」という理由だった場合なら、大きな模造紙を用意してあげるなどの対処ができるでしょう。

頭ごなしに怒ってしまうと、子どもの気持ちは「怒られた」ことでいっぱいになってしまいます。それで描く意欲がなくなってしまっては、せっかく上手にお絵かきができるようになったのにもったいないです。

代わりのアイディアを使って、お絵かきを楽しんでみましょう!

子どもが自分で描いたことを褒める

大切な本に落書きされてしまった…、壁に落書きされてしまった…確かにショックです。しかし、ここで怒るのではなくいったん褒めてみる方法もあります。

自分で上手に表現できた、描けたことに注目して「すごいね」と子ども褒めてみましょう。慣れてくると簡単ですが、最初のうちは意識しないとついつい怒ってしまうかもしれません。

習慣化してしまうと、怒りよりも先に褒める気持ちが自然と湧いてくるようになるので続けてみてください。子どももママもパパも、怒ったり怒られたりはとっても疲れるし嫌な気持ちになりますが、この方法だと後味が悪くなりません。

ですがいけないことはいけないことです。褒めたあとにはしてはいけない理由をしっかり伝えるようにしましょう。

いけない理由を解りやすく説明する

では、いけない理由はどうやって子どもに伝えればいいのでしょうか。実はこの理由を子どもに説明するときにもちょっとしたコツがあります。

「ママが困るでしょ」「掃除が大変でしょ」など、大人の都合からくる理由をいわないことです。子どもには大人の都合はなかなか理解できないことも多く、関係ありません。

なるべく、子どもに伝わる理由や言葉を選んでわかりやすく教えてあげられるとベストです。「壁に書いたら消えちゃうけど、こっちの大きな紙に書いたらかざっておけるよ」など説明するついでにプラスな方向に誘導できるとさらによいと思います。

悪意があって落書きをしている子どもはいないので、怒るだけではなく描きたい気持ちに向き合って伸ばしていきましょう!

落書きを予防するためのコツやアイテム

お絵描きの道具はママがきちっと管理する

しかし、なんといっても一度描かれてしまうと落とすのは大変です。なるべくならば落書きされる前に防げるならば防ぎたいですよね。

子どもが理解できるまでは自由に手の届くところに置かないようにするのも一つの手です。ペンやクレヨンなど落書きできるアイテムはママが管理して、使うときにだけ出してあげましょう。

この方法を取ると、ペン先が目やのどなど危ないところに刺さる危険も防ぐことができます。とくに歩き始めた子どもはよちよち歩きなので、事故が起こる可能性も高く、ママやパパが近くにいるときだけにしておいた方がよいでしょう。

パパやママも一緒にお絵かきを楽しめると一番よいのですが、忙しくそうもいかない人には少し手間がかかる方法かもしれません。

簡単に落とせるクレヨンやペンを用意する

壁に描かれるのも困りますが、そうでなくても服が汚れることも困りますよね。夢中でお絵かきしているうちになぜか服にも色がついてたり、袖口が汚れてしまったり。一度つくとなかなか落ちません。

そこでおすすめなのが簡単に落とせるペンやクレヨンです。ママにはとっても嬉しい、水で落ちるものがほとんどで服についても普通に洗濯するだけで落ちます。

今は色々な種類が出てきており、水で落ちるものからフリクション色鉛筆もあります。そして対象年齢は3歳以上になっているそうですが、顔にも描けるクレヨンもあるそうです。

どれを使うかは子どもとママの好みになりますが、クレヨン、ペン、クレパスなど種類も豊富です。落書きされても大丈夫なように準備をしておくのも手ですね。

落書きをしてもよいスペースをつくる

いっそのこと、描いてよい壁を設置してしまう方法もあります。描いてはいけないスペースと、ダイナミックに描いてよいスペースを分けてしまうことで、ほかへの落書きを防ぐ方法です。

最近では、壁に貼るポスター状の薄いホワイトボードや黒板テープがあるので、あらかじめそれを壁の一部分に貼っておきます。あとは好みで、おしゃれに囲いをつけてみるのもよいし、板に貼って子どもの絵がそのままインテリアの一部になるように額縁風にするのも自由です。

これらの道具はホームセンターで手軽に入手できるのでDIYにチャレンジしてみてください。また、これからマイホームを建てる人なら黒板や落書きできる壁紙を子ども部屋に設置する方法も使えます。

まとめ

子どもの落書き、微笑ましいけれど困りますよね。落書きに似ていますが、スタンプも子どもは大好きなのでスタンプブームで色々なところに押されてしまって困ったママの体験談もあります。

ついつい怒ってしまう気持ちはとても分かりますが、ぐっとこらえて「この子はどんな理由で書いたのかな?」とまずは共感してみて、ママと子どもも嬉しいお絵かきの方法を探してみてくださいね。

子どもの成長だ…と優しい目で見守りながら、頑張っていきましょう!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018