就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

エコー写真について知りたい!種類や見方と保存の仕方について

エコー写真について知りたい!種類や見方と保存の仕方について

ママがつけている育児日記やブログと一緒に

エコー写真専用アルバムの中には貼るだけでなく、その瞬間のママの気持ちや赤ちゃんの様子を書き込めるものもあります。妊娠中の赤ちゃんの成長を書くものと妊娠中から出産後もつけられるものとがありますよ。

ただし、写真の特殊保存加工をできないものが多いので、印画紙に印刷するかスキャンしてから印刷したものを貼ることをおすすめします。

ブログをしているママ、または赤ちゃんを授かったことが分かったママの中にはブログで日記風に赤ちゃんの成長を綴っている人もいますよ。あまり拡散したくないからと、非公開設定にして楽しんでいるママもいます。

ブログにするということは、必然的にエコー写真をデジタル処理することになるのと、時系列での整理がしやすいのが利点でしょう。

場所に困らず家族みんなで共有できるアプリ

「エコー写真を保存しておきたいけれど、アルバムはかさ張るし、持ち運びしくい」と思うママもいるでしょう。そんなママにはアプリはいかがですか。アプリでデジタル保存しておくことで、パパとママが同じエコー写真を共有することも可能ですね。

・トツキトオカ
エコー写真のほかに、赤ちゃんの成長記録や健診日を管理できます。ママの体調や赤ちゃんの様子をパパと共有したり、パパからママへ応援メッセージを送信したりすることもできますよ。

・エコーフレーム
エコー写真保存のためのアプリです。様々なフレームの中からお気に入りを選び、使いたいエコー写真を選択して週数を入れるだけの簡単さですよ。アプリを立ち上げると、かわいいフレームの中に我が子のエコー写真が納まっています。

まとめ

生まれる前のエコー写真を見るだけでも、我が子への愛しさがこみあげてくるものですね。エコー写真に映し出される顔を見ながら「パパ似かな?ママ似かな?」などと話すこともあるでしょう。

2Dエコーしか扱っていない病院に通うママのなかには、3Dや4Dに対応した病院を求めて他院を訪れる方もいるようです。健診費が余分にかかりますが、かわいい我が子の姿を少しでも残しておくためには仕方がないでしょう。

エコーのためだけに対応してくれるかは病院次第ですから、事前に確認しておいた方がよいかもしれませんね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND