就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

時短グッズで料理を楽しく!簡単にできるテクニックのご紹介

時短グッズで料理を楽しく!簡単にできるテクニックのご紹介

小さな子どもの育児や、仕事をしながら育児をしているママにとって、毎日の料理作りを負担に感じているケースも少なくありません。そこで今回は、便利な時短グッズを使った料理方法や、効率的に料理をする方法などをご紹介します。料理作りの負担が軽くなり、楽しく感じることができるとよいですね。

料理に時間がかかって面倒に思うのはなぜ?

料理を始めるまでに時間がかかる

料理を始めようとしても、準備に時間がかかるママもいるでしょう。

料理をするには、どのような献立にしようかということをまず考えますよね。献立の品数も多ければ多いほど時間がかかる場合がほとんどです。

献立が決まっても、自宅に材料がなければ、買い物に行かなければなりませんね。献立を考えるたびに買い物に行くと、それだけでも時間がかかります。

材料がそろったら、すぐに料理を始める環境ができていることも大切です。前に使った調味料を出しっぱなしにしていたり、洗い物が残っていたりすると、その片付けから始めることになりますね。

あらかじめ数日分の献立を考えてメモをし、買い物に行くとよいですよ。キッチンまわりも常に整理しておきましょう。

調理の仕込みや手間で時間がかかる

料理をしていて、調理の仕込みに時間がかかると感じるママも多いのではないでしょうか。野菜の皮をむいたり、カットしたり、下ゆでしたりと手間がかかりますよね。

毎日料理をするたびにこのような仕込みをしていると、炒める、煮るという調理までの時間が長く感じます。食材は買ってきたとき、または時間のあるときにまとめて切ったり、下味をつけておいたりするとかなりの時間が節約されますよ。

また、食材を千切りにしたり、細切りにしたりというような、食材の加工にも時間がかかりますね。加工に手間のかかる食材ばかりを使うのではなく、加工が簡単な食材も併用した献立にすると時短になりますし、ママにも余裕がでてくると思いますので、チャレンジしてみてくださいね。

料理の段取りが悪いので時間がかかる

時間をかけずに料理をするには、段取りが大切です。献立を考えるところから後片付けまでの流れをスムーズに行うことができるかということです。

段取りが苦手なママや、どうしても時間がかかってしまうママもいますよね。段取りよく料理をするには日々の積み重ねが大切ですが、ちょっとした心がけで、少しずつ解消されるかもしれませんよ。

料理中は、家電などに任せられることと手のかかることを並行して行いましょう。つまり、炊飯器のスイッチを押してごはんを炊いている間に食材のカットをしたり、みそ汁を温めながら使っていた調理器具や、キッチンまわりの片付けをしたり、同時に二つのことをすると効率がよいですよ。

電子レンジやトースターも活用して、短時間でできる料理を目指しましょう。

便利な時短グッズで料理を楽しく

圧力鍋は煮込み料理の時短に最適

時短料理を可能にする調理道具もはたくさんありますが、なかでも圧力鍋は煮込み料理の時短に最適です。すでに持っているママや、気になっているママもいるでしょう。圧力鍋は本格的な煮込み料理はもちろん、普段の料理もさらにおいしく、時短で仕上げることができますよ。

圧力鍋で料理する時間は、火をつけてから鍋が沸騰するまでの時間+加圧時間+火を消してからの減圧時間の合計です。この加圧時間が、煮込み時間を短縮してくれるのです。

たとえばカレーも、普通の鍋では野菜が柔らかくなるまで煮込むには20分程度かかりますよね。最新の圧力鍋だと、水分を調節すれば加圧0分で仕上げることができます。

また、仕上がりも柔らかく、ふっくらとした食感になるので、さらにおいしく感じますよ。

みそマドラーで計量を一瞬に

みそマドラーは、使いたい分量のみそを一瞬で計量できる道具です。使い方も簡単で、マドラーの先端をみそに差し込み、そのまま回して抜くだけです。

マドラーの先端は、大小と大きさが違っていて、それぞれ、一定量を軽量できるようになっています。また、泡だて器のような形をしているので、その部分にみそをからめて取り出し、そのまま、みそを溶かすこともできますよ。

泡だて器としても、もちろん使うことができますし、あわせ調味料をまぜるときなどにも使いやすいですよ。また、市販のみそを使用している場合、みその残りが少なくなったときに、容器内のみそを残すことなく、すくいやすくなります。

なんといっても、使いやすさが魅力ですよ。

レンジで焼き魚を作って掃除も簡単に

キッチンに魚を焼くグリルがない場合や、掃除が面倒でグリルの使用をためらっているママには、電子レンジで焼き魚を作ることができるキッチンプレートはいかがでしょうか。電子レンジで温めるだけで、簡単に焼き魚ができあがりますよ。

さらに、焼き魚だけではなく、肉や野菜を焼くこともできます。キッチンプレートの底面は波状になっているので、余分な水分や油が落ちます。焼き上がりはジューシーでありながら、ヘルシーなので家族にとってもうれしいですね。

調理後は、キッチンプレートのまま食卓に出しても見栄えもよいですし、洗い物も減って助かります。魚を焼くグリルだと、コンロにこびりついた汚れを落とすのに時間がかかりますが、このプレートなら片付けも時短できますよ。

時短テクニックで料理の負担を減らそう

献立表を作って買い物と考える時間を減らす

気がつけば、夕飯の献立を考えているというママは多いのではないでしょうか。朝から夕飯のことを考えたり、子どもから夕飯のことをたずねられたり、ママの頭の中が献立でいっぱいになってしまいますね。

そんなママの負担が少しでも軽くなるように、献立表を作ってみてはいかがでしょうか。理想としては、1週間分の献立があると気分的にもらくですが、慣れないうちは2~3日分でもかまいませんよ。

献立も、大ざっぱなもので大丈夫です。メインを決めて、次に付け合わせを決めていくと、案外スムーズかもしれません。

また、献立を決める際、冷蔵庫にある食材を意識すると、食材の無駄を防ぐことができますし、買い物で何を買えばよいかもわかりやすいですね。

味付けのパターンや調味料を上手に使おう

料理をするときに、味付けに悩むことがありますよね。そのたびに、レシピサイトやレシピ本を見ていては、それだけで時間がかかってしますます。

基本の味付けのパターンを知ることで、時短につながりますよ。たとえば、和食の基本の味付けは、しょうゆ、みりん、酒、砂糖です。

これさえ覚えていれば、煮ものやうどんの汁、肉や魚の漬けだれもつ作ることができますよ。また、基本の味付けに、みそや酢などの調味料や、しょうがやにんにく、ごま油などのスパイスを加えることで、味付けの幅がぐんと広がります。

よい調味料を使うことも、時短のテクニックの一つです。手間をかけずに、シンプルな調理方法でも、よい調味料を使うことで、より、おいしく感じるかもしれませんよ。

作り置きや料理別セットを作っておく

週末などにまとまった時間をとることができるママは、作り置きや、料理別セットを作っておいてはいかがでしょうか。

作り置きといっても、1品ずつを完成させる必要はありません。味付けや下ごしらえをし、小分けにして冷凍保存しておけば、必要なときにすぐ調理に使うことができて便利です。

きんぴらごぼうやひじきの煮つけは、まとめてたくさん作り置きすれば日々の食卓に一品増えますし、サラダなどにアレンジもできますよ。ハンバーグを作るときに倍の量でたねを作っておき、半分をその日に食べたら残りは丸めて冷凍してもよいですね。

野菜はいも類を除き、カットや下ゆでをしておけば冷凍保存が可能です。料理ごとに食材を1パックにまとめて冷凍する方法もありますよ。

まとめ

料理をすることが好きなママも、苦手なママも、それぞれの育児や家事、仕事をしながら、家族のために毎日料理作りをしていることでしょう。なかなか、思うようにいかず、それがストレスにつながる経験をしたママも多いと思います。

今回ご紹介した方法のなかで、できそうなものがあれば、少しずつ試してみてください。ちょっとした工夫をしたり、便利アイテムを使ったりすることで、少しでもママの料理への負担が解消されて、時間と心のゆとりにつながるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018