就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

初心者でも野菜や果物が収穫できる!簡単家庭菜園のご紹介

初心者でも野菜や果物が収穫できる!簡単家庭菜園のご紹介

親子で野菜や果物を育ててみませんか?この記事では初心者でも簡単にできる家庭菜園を紹介していきます。自分で育てた野菜を食べることは子どもにとってもよい経験になることでしょう。世話をしなければ育たない植物は、命の大切さを学ぶきっかけにもなるはずですよ。

プランター栽培なら初心者でも簡単

プランター栽培のメリット

野菜を育てると聞くと、手間がかかるイメージを持っていませんか?そして最近はマンションに住んでいたり、庭がなかったりする人も増えています。そのため「家庭菜園をするなんて無理!」そう考えるママも多いと思います。

しかし限られたスペースで栽培できる方法がプランター菜園です。言葉どおり、プランターで野菜や果物を育てる家庭菜園の方法です。

畑は耕したり管理したりなどと大変ですが、プランターならその必要もないので簡単にはじめることができます。そして小さな子どもでも育てることができるので、土をさわり、水をあげて、お世話をすることで、子どもにも責任も芽生えますし、毎日食べているものを育てるという、素晴らしい経験になるでしょう。

プランター栽培に必要な準備物

さあ、いざプランター栽培をはじめようと思ったら、「何を準備すればいいの?」そんな疑問がでてきますよね。ここでは最低限必要な物と、あると便利な物を紹介していきます。

必要な物
・タネ or 苗
・野菜用の培養土(肥料入り)
・軽石(鉢底石)
・プランター
・肥料
・じょうろ
・スコップ

あると便利な物
・殺虫剤
・ガーデニング用手袋
・剪定ばさみ
・防虫・防鳥ネット

最近ではたくさんの種類の家庭菜園グッズがあります。プランターも大きさや、形、デザインもいろいろあり、軽石(鉢底石)の必要の無いタイプのプランターも売られています。ネームプレートなどもオシャレなものがあるので、好きなデザインを選んでみるとよいでしょう。

家庭菜園の決め手は苗選びと土作り

家庭菜園の決め手は苗選びと土作りです。はじめに苗選びですが、苗のよし悪しは、その後の野菜の生育に大きく影響するため、よい苗を選ぶことは、家庭菜園でとても重要なことです。

よい苗を見分けるポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

・病気や害虫に侵されていないかどうか
・茎の節間が短くて太く、しっかりしている
・葉が大きくて厚く、色が濃い
・子葉がしっかりしている
・ポットが大きい(根がよく張るため)
・売れ残っている苗ではない

これらを注意して苗を選んでくださいね。土もとても大切です。土に栄養が足りないと野菜の生育に大きく影響をします。初めは育てる植物にあった土を選んで購入することをおすすめします。

簡単プランター栽培、おいしいおすすめ3選

夏から秋にかけて収穫できる「シソ」

まず紹介したい野菜がシソです。とても栄養価が高く、シソに豊富に含まれているβカロテンには、抗酸化作用のほか、皮膚や粘膜を丈夫にする作用があるといわれているので、子育て中のママにぴったりの野菜です。

薬味やてんぷらなどよく使う野菜ですが、1枚2枚欲しくても、たくさん購入しなければいけないため残ってしまう、そんなことはありませんか?そんなときにプランターで栽培していれば料理のときに欲しい分だけ収穫することができます。

種まきを4月ごろ行い、収穫は5月~10月ごろまでできます。シソは乾燥がとても苦手なので、土の表面が乾きかけたらすぐに水をあげるようにしましょう。たくさん収穫したらジュースにするのもおすすめです。

7月から収穫できる「バジル」

次に紹介するのは栽培方法が簡単なバジルです。バジルもシソ同様に使うときに少しだけ欲しい野菜ですよね。ピザやパスタにトッピングしたり、サラダにしたりと活躍します。

春頃から植え付ければ、秋ごろまで収穫できるので長く楽しめます。バジルも乾燥に弱いので、土が乾いたら水をあげるようにします。

日当たりと風通しのよい場所に置き、葉が混み合ってきたらどんどん先端の芽をカットしてください。カットした部分から枝分かれして成長するので、葉の収穫量を増やすことができます。

たくさん収穫できたら、自家製のバジルペーストにすれば、長く保存することも可能なうえ、いろいろな料理にも使え、いつものレシピがオシャレにおいしくなるはずですよ。

見た目もかわいい「イチゴ」

次は見た目もかわいく、子どもが大好きなイチゴです。おいしくてビタミン豊富で、とても人気の高い果物のイチゴですが、ご自宅でプランターで簡単に育てることもできるのですよ。

イチゴは草丈が低く、支柱などをしなくても育てられるので管理も楽にできます。ママが植え付け方と水切れに注意すれば、毎日のお世話は子どもでもできるでしょう。

10月から11月ごろ、購入した苗を植え付けすると、5月ごろに収穫できます。少しずつ成長する様子を観察するのにも適しています。

60cm幅のプランターを使えば、4株植えることができ収穫量も多くおすすめです。収穫したイチゴは買ってきたどのイチゴよりも、子どもにとっておいしく喜ぶことでしょう。

ベランダがなくてもOK!家庭菜園あれこれ

キッチンガーデニングで野菜を再生させよう

ここからは、もう少し手間を少なく栽培したい人におすすめの家庭菜園を紹介していきます。まず初めはキッチンで野菜を再生させる方法です。

買ってきた野菜は全部食べ切りたいけれど、さすがに根っこはゴミ箱行きですよね。その根っこを使って野菜を育てる方法が再生野菜です。

育て方はその根を水や土に植えるだけととても簡単です。キッチンで野菜を再生してみませんか。再生野菜に向いている野菜は次のとおりです。

葉物野菜
●コマツナ・チンゲンサイ・モロヘイヤ・ミズナ・セリ・ミツバ・クレソン
薬味野菜
●ネギ・ニンニク

ここにあげた野菜は根を水に入れる方法がおすすめです。捨ててしまうはずの野菜をキッチンで再生してみてくださいね。

簡単に手作りできる水耕栽培

次に紹介したいのは水耕栽培です。文字どおり土を使わずに、水で育てる栽培方法です。土を使わないため、土作りの手間がなく、成長も早く収穫も効率的に行えるのもメリットです。

適している野菜は葉物野菜や、ミニトマトなど種類も豊富です。スポンジに種を蒔き、2週間ぐらいで根が定着したら、液体肥料を混ぜた水に入れて育てます。

簡単にキッチンや窓際でインテリアのように栽培でき、清潔で虫の心配もないので、土の栽培は少しハードルが高いと思っているママにおすすめです。

ペットボトルや、100円ショップで売っている物で始められるのも魅力です。自分のお気に入りの容器を使うなどして、楽しく栽培して、おいしく食べてくださいね。

インテリアにもなる、オシャレな栽培キット

最後に紹介するのは栽培キットです。種を選んだり、プランターを選んだり準備が大変というママにおすすめです。

ポット、土、種、説明書がセットになっているものが多く、育て方を調べたりする手間も省くことができます。そのためキットがあればすぐに始めることができます。

育てられる野菜の種類も多く、バジルやパセリなどのハーブ系から、ミニトマトやラディッシュなどの小さな野菜、さらにはにんじん、キュウリ、絹さや、といった野菜までキットで販売されています。

水やりを行うだけで失敗も少ないので、子どもと一緒に楽しくキットを選んで育てるのも楽しいですね。ポットが陶器のマグカップになっているなど、オシャレな物も多くあるのもうれしいですよね。

まとめ

いかがでしたか?野菜が苦手な子どものママも多くいませんか?子どもの野菜嫌いを克服するために家庭菜園はとてもおすすめです。自分で育てたものであれば、たとえ嫌いであったとしても食べられるかもしれません。

育てていると、ちょっとしたことで枯れたり、実らなかったりすることもあります。毎日食べている食べ物の大切さや、世話をすることの重要性を学ぶことで、子どもにも責任感が芽生えることもあるでしょう。

命の大切さを学び、おいしい野菜を食べられる家庭菜園をぜひやってみてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018