就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが白湯を飲まない原因は?対処法と上手な水分補給のコツ

赤ちゃんが白湯を飲まない原因は?対処法と上手な水分補給のコツ

「水分補給のために赤ちゃんに白湯を飲ませたいけれど、なかなか飲んでくれないので困ってしまう」と悩んでいるママは多いですよね。そのようなときに考えられる原因やその対策、白湯以外での水分を補給するためのコツなどについてご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんが白湯を飲まない原因とは

白湯は味がないため苦手な赤ちゃんもいる

一昔前は沐浴後などに白湯を飲ませる人が多かったため、「水分補給に白湯を飲ませなさい」と祖父母世代からすすめられた経験のある方は多いでしょう。

近年では、母乳やミルクで十分に水分が取れているのであればわざわざ白湯を飲む必要はないといわれていますが、便秘気味のときや脱水になりかけているときには水分補給が必要ですので、白湯を飲めるにこしたことはありません。

ただし、ママが白湯を飲んでほしいと思っているときでも、母乳やミルクの味に慣れてしまっている赤ちゃんはおいしいと感じることができず、飲んでくれないことも多々あります。とくに完全母乳の赤ちゃんはほのかな甘みのある母乳以外を口にしたことがないため、白湯を嫌がる傾向にあるようです。

哺乳瓶に慣れず白湯を飲むのを嫌がる場合も

沸騰させたお湯を人肌程度まで冷ました白湯(湯ざまし)は飲みやすく身体に吸収されやすいため、暑い時期やお風呂上がりなどに与える水分としては最適でしょう。

母乳以外のものを口に入れることになるので離乳食デビュー時のよい練習となる、水分補給ができて口の中がさっぱりする、粉薬を処方されたときに飲ませやすくなる、などのメリットが聞かれます。

しかし母乳だけで育ってきた赤ちゃんの場合には、哺乳瓶自体を嫌がって飲まないこともまれではありません。いずれ職場復帰するときに保育園に預けたい方、たまにはパパに赤ちゃんのお世話をお願いしたい方にとっては哺乳瓶の練習も必要ですので、哺乳瓶の種類や乳首を変えるなど工夫して飲ませてみるのもよいですよ。

甘い飲料に慣れた子は白湯を飲まなくなる

赤ちゃんに白湯を飲ませはじめるタイミングは離乳食デビューの生後6カ月ごろが多いようです。離乳食がはじまって母乳やミルクの摂取量が減り、便秘になりやすくなることも関係しているでしょう。

脱水症状が気になるときなどには飲んでほしいものですが、白湯や薄めた麦茶のような味のしないものを受け付けない赤ちゃんはめずらしくありません。

そのようなときに、なんとか水分を取ってほしいとベビー用の甘いドリンクを与えてしまう方もおられますが、これでは甘い味に慣れてしまい、さらに白湯を飲まなくなるでしょう。虫歯や肥満、小児糖尿の原因にもなりかねませんので、脱水時以外はイオン飲料のような甘いものは控えたほうが無難です。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんが白湯を飲まないときの対処方法

哺乳瓶やマグなどを使い飲ませ方を変える

便秘気味のとき、離乳食の練習をしたいときなどには白湯を飲んでもらいたいものですが、赤ちゃんによっては何度挑戦しても嫌がることもあるでしょう。赤ちゃんによって抵抗のない飲ませ方はさまざまですので、以下のような方法をまずは試してみるとよいですよ。

・哺乳瓶や乳頭を変えてみる
・ベビー用のスポイトなどで少しずつ飲ませる
・離乳食を開始する月齢であれば、赤ちゃん用のスプーンやマグなどで試してみる

母乳以外の飲み物や哺乳瓶にはじめて触れた赤ちゃんの場合、最初のうちは嫌がってしまうかもしれません。飲ませるときに使うものを哺乳瓶からちがうものに変える、離乳食後に与えるよう習慣化するなど、工夫することで飲めるようになる場合もありますよ。

のどが渇いているときに白湯を与えてみる

赤ちゃんが白湯を飲むかどうかはその子の好き嫌いにもよりますが、飲ませようとするときの機嫌や気分も大いに関係します。

大人でも気分によって水分を取りたくないときがあるように、赤ちゃんに白湯を与えるのであれば入浴後や遊んで身体を動かした後などがベストです。空腹時や満腹のときに飲ませようとしても水分が必要でなければ飲みませんから、のどが渇いているタイミングだと意外と飲んでくれるかもしれませんよ。

白湯の量に関しては、母乳やミルクを飲む量や離乳食に影響しない程度がよいとされています。1回あたり20ml程度が理想的ではありますが、赤ちゃんの様子や離乳食を食べる量などを総合的に見ながら判断してくださいね。

白湯を嫌がったら無理に与える必要はない

汗などで奪われた水分を補うために白湯を飲ませようとしても、赤ちゃんは親が思う以上に飲んでくれません。「うちの子はどうして白湯を飲まないのだろう」と心配するママは多いことでしょう。

とはいえ、ほんのりと甘い母乳やミルクばかり飲んでいた赤ちゃんが、甘味のない白湯を飲もうとしないのは当然でしょう。母乳やミルクで水分が足りているのであれば、飲もうとしないときには無理に飲ませる必要はありません。

粉薬の練習などのために白湯に慣れさせたい場合には、少量の白湯をスポイトなどで舌につける程度からはじめてみるのもよいでしょう。慣れてくると自然と飲んでくれるようになりますので、あせらずゆっくり練習するようにしてくださいね。

白湯を飲まない場合の水分補給のコツ

白湯の代わりに麦茶などほかの飲み物も試す

新陳代謝が活発な赤ちゃんは、1年を通して暑がりでとても汗をかきやすいもの。気温の上がる夏場やお風呂上がり、たくさん遊んで汗をかいたときなどは、実に大人の3倍もの汗をかいてしまうこともあるそうです。

赤ちゃんを脱水症状から守るために汗をかいたときは水分補給をしてあげたいものですが、母乳やミルク以外のものはどうしても嫌がって飲んでくれないこともあるでしょう。

味覚や嗅覚が育つにつれて好き嫌いも出てきますので、白湯を飲まないときにはほかの赤ちゃん用の飲み物を試してみるのもよいですよ。ただしこのときに、ミルクを薄めて飲ませてみたり、甘みの強い飲み物や糖分を多く含むドリンクを与えたりしないよう注意してくださいね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事