就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ期はケア用品が必須!先輩ママたちの対処法とおすすめ商品

マタニティ期はケア用品が必須!先輩ママたちの対処法とおすすめ商品

お腹の赤ちゃんがすくすくと育つにつれて、マタニティ期のママの身体もどんどん変化していきます。妊娠線ができたり肌が乾燥しやすくて敏感になったりと、いろいろなマイナートラブルがあります。この記事では、ママの身体に起こる変化に合わせた対処法やケア用品などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

マタニティ期のママの身体は変化の連続

身体の見た目の変化は驚きがいっぱい

赤ちゃんがお腹の中でどんどん育つため、マタニティ期はみるみるお腹が大きくなります。また、乳腺が発達するためおっぱいも大きくなりますし、ママ自身の体重も増えるので、身体が全体的に丸みを帯びてきます。ですが、身体に起こる見た目の変化はそれだけではありません。

乳首やわきの下、おへその周りが色素沈着によって黒くなったり、お腹の真ん中に縦に茶色い正中線(せいちゅうせん)というものができたりします。また、お腹の産毛が濃くなってくる場合もあり、妊娠前の身体から大きく変わってしまうのです。

女性としては見た目が変わってしまうことへ抵抗感がありますし、次々と起こる変化に自分の身体ながら驚いてしまうママも少なくありません。

ホルモンの影響で異変を感じる人も多い

先ほど、身体の変化について具体的な変化をいくつかご紹介しましたが、この変化はホルモンの影響によって起こってしまうものも多く、その結果、身体に異変を感じるママも多いようです。

妊娠中のつわりや便秘、むくみや身体のかゆみなどのマイナートラブルの多くはホルモンの影響が大きいようです。もともと、女性の身体にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが分泌されています。このうちの黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌は、妊娠することで分泌量が通常よりも活発に増えます。

プロゲステロンが増加するとエストロゲンの分泌量との差が出てきます。このようにホルモンバランスが崩れると、ママの身体がいろいろな影響を受けて変化していくのです。

腰痛や腹痛など身体の痛みが出ることもある

妊娠の週数が進むとお腹の赤ちゃんも大きくなってくるため、5~7カ月の安定期の頃には、ほとんどのママのお腹が大きく膨らみはじめます。妊娠8~10カ月にかけてさらにお腹が張り出してくるので、ママは大きくなったお腹を支えようと無意識に腰を反らし気味になり、それによって腰痛を感じることがあります。

また、お腹が大きくなるにつれて子宮の収縮も起こりやすくなり、お腹の痛みを感じる張りが頻繁に起こるようになるのです。

そのような場合には、腰や背中への負担を軽減してくれる腹帯や腰ベルトなどを使用して、辛い腰痛や腹痛をサポートしましょう。出産後も使えるものなら、産後の骨盤の歪みなどの回復を手助けしてくれて役立ちますよ。

マタニティ期にケアしたいNo1は妊娠線!

妊娠線ができる理由と対策方法

お腹が大きくなりはじめると気になるのは、お腹にできる赤みを帯びた線(妊娠線)ですよね。妊娠線はお腹の赤ちゃんの成長に合わせて急激に大きくなったお腹の皮膚が、その伸びについていけなくて表皮の部分が断裂してしまうことで起こります。

妊娠線はお腹にできるイメージですが、実際はお腹だけでなくおっぱいや太もも、お尻、腕などいろいろな場所にできます。妊娠線ができる場所やその数には個人差があり、まったくできないという人もいます。

妊娠線を防ぐには、肌を保湿して弾力を保つことが欠かせません。お腹が膨らみ始めるとできやすくなるので、妊娠4カ月くらいからはじめて出産までコツコツと保湿剤でしっかりとケアを続けましょう。

妊娠線予防のケア用品の選び方

妊娠線は、一度できてしまったら完全には治らないともいわれているので、事前のケアがなによりも大切です。妊娠線を予防するためのケア用品を選ぶ際にポイントにしたいのは、肌への高い保湿力はもちろんのこと、妊婦でも使いやすいかどうかという点ではないでしょうか。

たとえば、妊娠中は肌が敏感になりがちなので無添加にこだわったような低刺激のものを選びましょう。毎日のケアに使うため、コストパフォーマンスがよいかどうかも気になります。

つわりが辛いママなら配合されている香料さえも気になるかもしれないので、できるだけ無香料のものか微香性のものを選びたいですね。ケアが必要な部位は広範囲であるため、のびがよく塗りやすいものだと使い勝手がよいでしょう。

妊娠線の予防にぴったりなケア用品

顔の保湿スキンケアに用いられるのは、一般的にまずはローションが多いですが、妊娠線の予防のためにはクリームやオイルなどの油分が配合されているものがおすすめです。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの高保湿成分も入っているとさらなる効果が期待できるでしょう。

クリームの方が水分も含まれているので肌になじみやすく使いやすいですが、保湿力の高さという点で比べるとオイルの方が上です。

それぞれに違うメリットがあるので、クリームにするかオイルにするかを迷うようなら、両方を組み合わせて使用するのもよいでしょう。水分の多いクリームで肌に保湿成分をなじませて、その上からオイルでフタをするように塗ると保湿効果がさらに高まりますよ。

マタニティ期の乾燥敏感肌も予防しよう

乾燥敏感肌になる理由と対策方法

ママの身体は妊娠によって大きくホルモンバランスが崩れることは先ほど説明したとおりですが、このホルモンバランスの崩れはママのお肌にも影響を与えます。

妊娠するとママの体内ではプロゲステロンの分泌が増え、肌の水分量を増やす作用やコラーゲン生成の促進作用のあるエストロゲンの分泌が低下します。このため、肌のハリやツヤが低下して肌が乾燥しやすくなります。さらに乾燥によって、肌のバリア機能も低下して外部の刺激に敏感になってしまうのです。

また、お腹の中で赤ちゃんの身体を作るためや羊水を保つため、ママの身体の水分が使われてしまうので肌がより乾燥しやすい状態に傾いてしまうといえます。乾燥敏感肌を防ぐには、こまめな保湿ケアが大切です。

乾燥敏感肌予防のケア用品の選び方

ホルモンバランスが変化することで、今までは問題なく使えていたスキンケア用品が身体に合わなくなってしまった、というのは珍しいことではありません。「妊娠線予防のケア用品の選び方」のところでも触れていますが、妊娠によって敏感になってしまった肌をケアするには、優しく使える低刺激性のアイテムを選ぶことがポイントとなります。

「香り」も重要な要素で、女性ホルモンの分泌を高めるとされるローズ系の香りのアイテムは避けた方がよいでしょう。妊娠初期でつわり中のママの中には香りによって気分が悪くなってしまうという方もいます。

保湿ケアは毎日続けることが大切なので、できるだけママ自身が心地よく使えて、高い保湿効果を得られるものを選びたいですね。

乾燥敏感肌の予防にぴったりなケア用品

妊娠中は体調に波があることも多いですね。いつもはスキンケアにじっくりと時間をかけているというママも、日によっては化粧水をつけるだけで精一杯ということもあるかもしれません。それでも、妊娠中の肌トラブルを避けるために乾燥しがちな肌はきちんとケアしておきたいですよね。

そこでおすすめなのが、オールインワンタイプの保湿剤です。香料や着色料、鉱物油、パラベンなどを使用していない無添加にこだわったものなら、敏感に揺らぎがちなママのお肌も優しくケアできます。

しっかりと肌にうるおいを与えられるのにスキンケアの時短も叶うアイテムなら、赤ちゃんのお世話が優先になる産後の忙しいときにも活躍すること間違いなしですよ。

まとめ

妊娠によって変わるのは、お腹が大きくなることだけではありません。お腹が大きくなることによってできる妊娠線や、ホルモンバランスの崩れで起こる肌の乾燥などさまざまな変化があります。

妊娠線も肌の乾燥も、まずは肌をしっかりと保湿してあげることが大切です。妊娠中の敏感になりがちな肌を優しくケアするためには、低刺激性のものを選びましょう。

マイナートラブルが多いマタニティ期も快適にケアできるように、自分にとって使いやすいお気に入りのアイテムを見つけてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018