就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

人生設計にはお金が必需品!ライフプラン作成で賢いママになろう

人生設計にはお金が必需品!ライフプラン作成で賢いママになろう

忙しさできちんとライフプランを立てられていないというママも多いのではないでしょうか。いざ子どもが大きくなってお金が入用になったときに、貯金がないなんて事態は回避したいですよね。今回は住居費、教育費、老後費の三本柱を中心にライフプランニングについてご説明します。

これからかかる大きな出費をおさらい!

【住居費】購入も賃貸もどちらも高額出費

子どもができると部屋が手狭になって、次第に引っ越しを考えるようになったパパ・ママは多いですよね。そのとき問題となるのが、引っ越し先をどうするかです。

賃貸に住み続けても、不動産を購入しても、トータルの支出額は高額になります。大切なのは自分・家族に合っているのがどちらかということです。

賃貸の利点は、初期費用が少なく済むことです。必要となる頭金は敷金と礼金あわせても数万〜数十万程度ですが、自分の資産とはならないため賃貸物件に住み続ける限り月々の家賃が発生します。

不動産を購入する場合は、最初にいくらかの頭金を支払ったうえ、住宅ローンという形で毎月出費はかかります。ただ、持ち家は自分の資産となるため家族に残すことができます。

【教育費】子どもの希望進路を叶えよう

住居費以外で、大きな支出になるのが教育費です。家族が増えるのはよいことですが、子どもが増えれば増えるほど教育費に回すお金も増えるのは、少し困りもの。

大学まですべて公立学校に進学して、実家から通ってくれれば家計としては大助かりですが、子どもがどんな進路を希望するかはそのときになってみないと分かりませんよね。

一般的に、1人の子どもが成人するまでにかかるお金は数千万円単位だといわれているものの、進路しだいでは大きな差が生まれます。子どもがどんな進路を希望したとしても、経済的な理由で叶えてあげられないのはママも子どもも悲しいでしょう。

教育費は少しずつ貯めておくのがよいです。学資保険など、貯蓄型の保険を活用するのもおすすめです。

【老後費】不測の事態に備えて貯めておこう

若いパパ・ママには縁遠いと思われがちな老後費。子どもが手を離れない期間はそちらにかかる支出が大きく、老後費にまで手は回らないでしょう。

しかし、いつなにが起こるかは誰にも分かりません。年齢が上がるにつれて病気で入院することも増えますし、「備えあれば憂いなし」とはよく言ったものです。

老後費も教育費と同じで、コツコツためていくとよいでしょう。子どもが小さいうちは少ない額からで構いません。仮に毎月5,000円を老後費に積み立て貯金したとすると、10年で60万円になります。

また、貯蓄型保険を活用するのも一つの手です。入院したときの保障がついていて、必要なときに引き出すことができるタイプを選ぶと、普通に貯金するよりもお得になることもあります。

不安とサヨナラするには貯蓄しよう

子育て世帯の平均貯蓄は1,729万円?

私立学校に行くか、公立学校に行くかによっても教育費の総額は変動するとはいえ、1人の子どもが大学を卒業するまでにかかる費用は、最低でも1,000万円以上が必要となります。

「1,000万円もかかるの!?」「いくら貯金しておけばいいの?」と気になることはたくさんですよね。そこで大切となるのが、子育て世帯の貯蓄の平均額です。

若ければ若いほど、貯金している期間が短くなりますから、当然貯金額は低くなります。20歳代ではおよそ500万円、30歳代ではおよそ700万円と増えてゆき、全子育て世帯の平均は1,729万円となっています。

これは株や投資信託、保険などの「金融資産」を保有している世帯の平均であり、金融資産を保有していない全世帯の平均額は1,151万円となります。

先取り貯金で確実にお金を貯めよう

「そうはいっても、何かと物入りでお金が増えない!」「家計簿をつけている余裕もないし、貯金は無理かも」という声もあるでしょう。

そんなママのお悩みは、生活支出用と貯金用の口座を分けることで解決できます。また、月末に残った分を貯金しようとすると「まだ使っても大丈夫」と油断してしまう場合は、先取り貯金がピッタリです。

貯金用の口座を作っておいて、お給料が入ればそこに移しましょう。その手間が面倒な場合は、職場で申請すれば複数の口座へお給料を入金してくれます。

現在は銀行口座の利率が平均的にとても低くなっていますが、普通預金よりも定期預金の方が利率が大きいです。長期的な貯金の場合は定期預金にすることを考えてみましょう。

貯蓄が殖えて来たら投資でお金を増やそう

ある程度の貯蓄ができたママならば、一度は「もっとお金を貯めるにはどうすればいいのかな」と考えたことがあると思います。地道に月々の貯金をしていく以外にお金を殖やすには、投資をやるのも一つの方法です。

投資はハイリスク・ハイリターンのため、損をするのではと手が出しにくいですよね。また売りどきがわからずそのままになっているママもいるのではないでしょうか。

初心者が簡単に投資で利益を上げられる方法として、「ほっぽらかし投資」と呼ばれる投資方法があります。毎月同じ日に株価をチェックして、同じ金額を投資に使う方法です。

一度に大きなお金が得られることはありませんが、その代わり大損をする危険性も低いため、投資の足がかりにはぴったりです。

無料でできるライフシミュレーション3選

視覚的に作成できて楽しい「ソニー生命」

中堅企業で働く会社員と、パートタイマーの配偶者という家庭設定で、一般的な世帯収入が割り出せます。1歳単位で年齢を入力して診断することができるため、ライフプランも具体化することができ一石二鳥です。

ソニー生命のライフシミュレーションで特徴的なのが、具体的に「いつなにをするのか」、そのため「いついくらかかるのか」を入力できる点です。家を建てる目標があるとすれば、元金をいくら払ってどれぐらいでローンを返済するのか。購入する前にちゃんと計算しておくと安心でしょう。

子どもにかかる費用も簡単に計算することができます。すでに生まれている子どもと、家族計画のなかで今度生まれる予定の子どもを含め4人までの進学にかかるお金が把握できるため便利ですね。

9つの質問に答えて診断「日本FP協会」

日本FP協会のシミュレーションの売りは、収入・支出・貯蓄残高から簡単にライフプランをグラフにして出すことができることです。入力した内容をもとにして、90歳までのマネープランを見える化できるのが特徴です。

流れとしては、まず20歳代から50歳代までの各年代と、年金世代の5区分を男女別を入力します。世帯主の職業、配偶者の有無・職業、子どもの人数、世帯年収のほか、生活費や住居費、貯蓄額などのライフスタイルも合わせて診断ができます。

また診断後は、入力した条件から予想されるマネープランにひそむ思わぬ穴や、住居に関するコメント、老後の資金についてのアドバイスが受けられます。思わず「なるほど、こんなリスクがあるのか」と納得すること請け合いです。

本格的な診断可能「生命保険文化センター」

生命保険文化センターのe-プランニングには、ほかの二つと少し違う点があります。それは、より具体的なマネープランを算出できる点です。

実際の家計状況、貯蓄状況を入力したうえで、ママとパパ、子どもの情報を入力しましょう。一生涯のライフプランと直近10年のライフプランのグラフがそれぞれ出力されます。

入力項目が多いため面倒に感じてしまうママもいるかもしれませんが、よくわからない項目は放っておいても構いません。あらかじめ平均的な数値が入力されているため、わかるところだけを入れて診断結果を見ることもできてしまうのです。

新年になって、次年度のマネープランをどうしようか計画している時期におこなうと、スムーズに診断し計画していくことができるでしょう。

まとめ

今回は多くのママを悩ませるライフプランについてご説明してきました。出費がかさむ住居費、教育費、老後費の貯蓄ではありますが、共通していえるのは毎月コツコツと計画立てて貯金していくことです。

もちろん、状況によっては貯蓄額を減らさざるをえないときもあることでしょう。そんな場合も落ち込まず、長い目で続けていくことが大切です。

子どものためにも、先立つものがなければ将来の不安は膨らむばかりです。まずは無料のライフシミュレーションを試して、計画を立てることで不安を少しずつなくしていければよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018