就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの喧嘩に備えた保険の検討を!傷害保険を選ぶ際のポイントとは

子どもの喧嘩に備えた保険の検討を!傷害保険を選ぶ際のポイントとは

子どもが大きくなってきたら友だちと遊ぶことが増えてきますね。仲良く遊んでくれたらよいのですが、喧嘩をすることもあるでしょう。友だちに怪我をさせてしまったら、どう対応したらよいのか迷いますよね。いざというときのことを考えて傷害保険に加入するのも一つですよ。傷害保険の説明と選ぶポイントをご紹介します。

子どもが喧嘩をして相手を怪我させたら?

早急に子どもと謝りに行く

子ども同士で喧嘩をした場合に、子ども同士のことだからと片付けられればよいですが、そうもいかないこともありますよね。相手の子どもに怪我をさせてしまったら、理由はどうであれ早急に謝りに行きましょう。

その際はママがひとりで謝りに行くのではなく、必ず子どもと一緒に行って、子どもも友だちにきちんと謝ることが大切です。当事者である子どもとママが一緒に行くことで、今回の怪我のことを真剣に受け止めて反省していることを相手にも伝えることになります。

それに、ママが謝る姿を子どもにも見せることで、子どもにも大変なことをしたと感じることでしょう。例え小さな子どもでも、ママが真剣に対応していればきちんと思いは伝わりますよ。

治療費がかかるときは負担を申し出る

友だちの怪我の状態がひどい場合、病院にかかって治療費がかかることもあるかもしれません。謝りに行った際に治療費がかかったかを確認し、治療費を負担をさせてほしいと申し出るとよいでしょう。

怪我をさせられた方から治療費のことは言いにくいでしょうから、ママから話をして相手が請求しやすい状況を作ることが大切ですね。誠意が通じれば治療費を求められることは少ないでしょうが、こちらから申し出ることがよいのです。

地域によっては子どもの治療費がかからないことはありますが、念のため確認しておくと安心ですね。こうした治療費がかかるような怪我をさせてしまったときに、治療費が下りる保険もありますから、いざというときに心強いでしょう。

園での怪我は先生に対応を相談する

子どもが保育園や幼稚園に行っているときに喧嘩をして、相手に怪我をさせてしまうこともあるかもしれません。園で怪我をした場合は、園の責任も絡んできますから、先生にも対応を相談してからどうするか決める方がよいですね。

園の中には子どもと先生で解決をしてママ同士を関与させない方針の園もあります。ママには子どもが誰に怪我をさせたのか、相手の子どものママにも誰に怪我させられたのかをいわないこともあるのです。

個人情報である相手の連絡先を教えてもらえないこともありますし、園が加入する保険から治療代を支払ってくれることもあります。園の対応にお任せすればよいですが、どうしても気になるようであれば、先生に相手を教えてもらい謝りに行くのも一つですね。

子の喧嘩の怪我にも対応できる保険に入ろう

保険を検討するタイミングについて

子どもが歩き始め行動範囲が広がったら、怪我をすることも増えるかもしれません。行動範囲は広がり怪我が増え始めたときが保険を検討するタイミングの一つでしょう。

また、子どもが友だちとかかわることが増えたときや、保育園や幼稚園へ入園時に傷害保険を検討するママも多いようです。入園する際に園から保険を勧められることもありますから、自然と検討することになるのかもしれません。

すでに子ども医療保険に加入する家庭は多いかもしれませんが、入園後は友だちを怪我させたときの損害賠償責任もカバーできる傷害保険の検討をするタイミングともいえます。保険の内容が保険会社で異なりますから、色々な保険を調べてからママの考えに合った保障をしてくれる保険を選びたいですね。

子どもの傷害保険の種類について

傷害保険は自分の怪我と、他人を傷つけたときにも備えることができる保険になります。子どもの傷害保険にもいくつか種類がありますよ。

まずは、子どもの怪我に特化した傷害保険があります。病気に対する補償はなく、怪我に関する内容を補償する保険です。子どもが怪我をさせてしまった相手の保障もしてくれますよ。

総合型保険は怪我だけでなく、病気なども含めた生活全般をトータルに補償してくれる保険です。損害賠償責任への補償がついていないものもありますので、特約でつけることができるのか確認してみましょう。

家族まとめて入れる傷害保険もありますから、ママやパパが傷害保険に入っていなければ家族みんなで加入してもよいですね。

加入済みの保険内容もチェックし検討を

子どもが怪我をしたときや友だちに怪我をさせたときに補償してくれる個人賠償責任保険に入ろうと決めたら、すぐに加入せずにママやパパが加入している保険の内容をチェックしてみましょう。ママやパパの保険に特約として個人賠償責任保険がついていることがありますよ。

自動車保険や火災保険などに特約としてついているときがありますから、加入している保険内容をすべて確認してみましょう。わかりにくいようならば加入する保険会社に直接確認してみるのもおすすめです。

子ども向けの共済保険にも特約として個人賠償責任保険がついていることもあります。後から同じ内容の保険に加入していたことが判明したなどということがないように、加入する前に調べておきたいですね。

子どもの傷害保険を選ぶときのポイント

補償内容をしっかりと把握する

子どもの場合は、悪気なく物を壊したり、友だちに怪我をさせてしまったりすることもありますよね。例えば、お店の中で走りまわり商品を落として壊した、友だちを押して机の角にぶつけて怪我をさせたなどがあるでしょう。

子どもが物を壊したり人を怪我させたりした場合は、子どもに補償責任はありませんが、保護者であるママやパパには賠償責任があります。賠償する額が高額になることもありますから、ママやパパも大変です。

ですから、怪我をさせてしまった相手への補償が手厚く、物を壊したときの補償もしてくれる内容の傷害保険がよいですね。傷害保険は公的医療保険でカバーされない部分も補償してくれるので、いざというときに心強い保険になりますね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC