就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

長時間の添い乳にぐったり!夜間断乳の方法と知っておきたいこと

長時間の添い乳にぐったり!夜間断乳の方法と知っておきたいこと

夜間断乳する前に知っておいてほしいこと

パパのサポートがチャレンジ成功のカギ

夜間断乳をするためには、ママと赤ちゃんだけではなく、パパにもサポートしてもらうことがチャレンジ成功のカギとなります。これまで添い乳をして寝ていた赤ちゃんの場合でも、夜間断乳をしたらあっさり成功する子もいますが、おっぱいが大好きで仕方がない子の場合だと成功するまでにかなりの時間を要する可能性もあります。

ママの体からは母乳のにおいが微量に出ています。赤ちゃんはこのにおいに敏感に反応してしまう恐れもあるので、あえてママは離れてパパが寝かしつけを担当するのもおすすめです。

ママが近くにいなければ、赤ちゃんも早々と諦めてすんなり寝てくれるようになるかもしれませんよ。これまでママは夜間授乳を頑張ってきましたので、夜間断乳はパパにも頑張ってもらいましょう。

無理せずゆったりとした気持ちで

夜間断乳をスタートさせると、数日間は赤ちゃんが寝つくまでに激しく泣いたり、いつまでたっても寝てくれないという事態になる可能性が高いです。長時間赤ちゃんに泣き続けられるとママもイライラしたり、焦りを感じてしまったりすることもあると思います。

しかし、無理をせずにゆったりとした気持ちでチャレンジしていくことが大切です。初日からすぐにとはうまくいくとは限りません。

ママがもう無理だと感じればその日のチャレンジはその時点で終了し、添い乳で寝かしつけをすればよいのです。案外日を改めればあっさりチャレンジが成功することもありますからね。

あくまでも赤ちゃんのペースを優先してあげます。ママも頑張りすぎないようにしてくださいね。

断乳しても夜泣きがなくならないことも

夜間断乳をすると、赤ちゃんの夜泣きがなくなり一度寝ついたら朝までぐっすり寝てくれる日が多くなりますが、そうでないケースももちろんあります。そもそも、赤ちゃんが夜泣きをしてしまう原因はさまざまで、おっぱいが飲みたいから、怖い夢を見たから、昼間に刺激の強い体験をしたなど考えられる原因はたくさんあるのです。

赤ちゃん自身がもともと神経質だったり、眠りが浅かったりすることも関係しているかもしれませんね。ですので、断乳さえできれば夜泣きが一切なくなるというものではないと考えておいてくださいね。

夜泣きはいつまでも続くというわけではありません。一時的な試練だとプラスに考えて乗り越えられる日がくるのを待ちましょう。

まとめ

添い乳は、寝かしつけの負担が軽減されるというメリットがありますが、ママの睡眠不足やおっぱいトラブルの原因になる恐れがあります。夜の断乳をやめることで赤ちゃんが夜の間ぐっすり眠れ、ママも体を休めることができるかもしれません。

夜間断乳を始める前には、事前に説明をして添い乳以外の入眠方法を見つけましょう。夜間断乳をスタートするときにはパパのサポートも成功のカギになるのでお願いしておくとよいです。

ただ、夜間断乳を始めると赤ちゃんが激しく泣いてしまう可能性が高いです。焦らずゆったりとした気持ちでチャレンジしましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND