就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育ての感動は生活の中にある。子どもからの一言や子育てのCM

子育ての感動は生活の中にある。子どもからの一言や子育てのCM

普段育児を毎日同じようにしていると思いますが、その生活の中に、たくさんの感動がありますよ。辛いと思っていた育児がその感動によって、気持ちが晴れることもあるでしょう。どのような感動があるのか、どのような子どもからの言葉があるのか、また子育てをメインとしたCMを紹介していきますね。

いつもの子育て生活の中にある感動話

赤ちゃんが初めて笑ったとき

出産後、出産前の生活と比較してしまい、2~3時間おきに起こされる生活や、泣き続けられる辛さを経験したママは多いのではないでしょうか。

特に出産から3カ月くらいは、赤ちゃんも1日のほとんどを寝ていますし、日々成長しているのは見てわかるのですが、まだ生活リズムや体調が万全ではなく、気持ち的に難しい時期かと思います。そんな日々でも、ワァとニッコリしてしまい、1日中赤ちゃんの顔を見て過ごしたこともあると思います。

それは、赤ちゃんが初めて笑ったときです。まだ自分の意志で笑ったのではないにしても、ニコッと笑ってくれるだけで感動しますよ。次はいつ笑うのかなぁという期待をもってしまい、家事が手につかなくなるかもしれませんね。

子どもからもらうプレゼント

普段何気なく毎日一緒に子どもと生活をしていると、当たり前のことが当たり前ではなくなったり、その逆もあったりしますよね。

子どもが小さいうちはほとんど無いかもしれませんが、幼稚園に通いだす年齢になると、ふとした瞬間に子どもから母の日のプレゼントや、幼稚園でならってきた可愛い折り紙、ママの似顔絵などをもらうことがあるでしょう。また字の書ける年長くらいになってくると、ママの誕生日に直筆のお手紙や、幼稚園最後のお弁当のときには、感謝の手紙が付いて戻ってきたなどの話を聞いたことがあります。

子どもの年齢があがれば、花や物を買ってきてくれるなどプレゼントの幅も広がりそうですね。子どもからのプレゼントはどのような物でも嬉しいですね。

兄弟姉妹、子ども同士のやりとり

兄弟姉妹がいれば喧嘩も増え、叱ることも増えてくると思います。しかし兄弟姉妹は喧嘩だけでなく、その他色々な場面で、兄弟姉妹がいてよかったなぁと感じているママも多いのではないでしょうか。その中でも育児を通して、兄弟姉妹のやりとりで感動した出来事を紹介しますね。

団結し始めると凄いのが、兄弟姉妹です。ママを喜ばせようと企み始めたら、ニヤニヤしながら計画を練っていることでしょう。ママが疲れていそうなら、「今日はご飯の後の洗い物はやるよ」「お風呂掃除してくるね」や、手紙で励ましてくれることもあると思います。

他にも、ゲラゲラ楽しそうに笑いながら遊んでいる姿をみると、いつの間にかこちらも微笑んでいて、子ども達から笑顔をもらったと感じるママも多いようですよ。

じんときた子どもにかけられた一言

お母さん、大好きだよ

毎日毎日育児に追われ、逃げたいけど逃げられない状況にあると感じたママも多いのではないでしょうか。しかし、子どもが可愛いのは皆同じだと思います。

常日頃、変わりない毎日を過ごしていても、子どもは日々成長をしていて、急に思いがけない言葉を言ってくることもあるでしょう。その一つが「お母さん、大好きだよ」。初めてふいに言われたときは、えっ?と一瞬止まってしまうのではないでしょうか。我が子から言われた嬉しい言葉。誰に教えられたでも、言わされたでもなく、自分の気持ちが口から出てきたのでしょう。

こんな言葉を言われたら、日頃の疲れやイライラしていた気持ちも吹っ飛んでしまいますよね。嬉しすぎて抱きしめたというママも多いみたいですよ。

お母さん、大丈夫だよ

お母さんは100%完璧ではありません。時には落ち込むことも、失敗することもあります。いつも笑顔のお母さんが悲しそうな顔をしているとどうでしょう。子どもが心配して、お母さんどうしたの?と聞いてくるでしょう。

悲しい理由を話してみると、子どもから「お母さん、大丈夫だよ。失敗しても大丈夫。次はきっと上手くできるよ。」と大人顔負けの励ましの言葉を言ってくるでしょう。この言葉に心の中ではじんと感じ、顔はクスクスと微笑んでしまいますね。

日頃から子どもを励ましたり、叱ったりしているお母さんですが、子どもにはお母さんの表情もすぐ読み取れるのですね。いつもとは逆に子どもに励まされると、拍子抜けと同時にただならぬパワーをもらえる気がしませんか。

お母さんを守ってあげる

男の子を育児中のママから、男の子は小さい彼氏みたいだよ、とよく聞きます。「お母さんを守ってあげる」という言葉、女の子よりも比較的男の子から言われることが多いみたいですよ。

小さくてもママにとったら、男の子は異性です。自分の子どもから「守ってあげる」なんて言われたら嬉しくて仕方ないですよね。女の子から「守ってあげる」という言葉を言われるのは、なかなか少ないかもしれませんが、その代わりに「大きくなったら一緒にお出かけしようね」と女の子らしい言葉を言われることがあるようです。

男の子、女の子に限らず、いつ言われても嬉しい言葉を愛する子どもから言われると、心に響くのではないでしょうか。ますます愛おしくなりますね。

子育てをテーマに作られた話題のCM

日産「ママに贈るドライブインシアター」

このCMは、小学生の子とパパからママへのドッキリサプライズのCMです。

子どもなりに、普段のママの表情などを見ながら、様子の変化に気づいたのでしょう。どうしたら疲れているママが笑顔になるのか。子どもなりに悩み、考えたと思います。

小学生にもなると、素直な気持ちを直接伝えるのが恥ずかしくなってくる年頃でもあります。それでも、大好きなママに「ありがとう」を伝えたくて、今回は歌にして想いを伝えたのですね。

思春期の頃は、親の存在を煙たく思う時期が来るでしょう。しかし、ほとんどの子が思春期を終えると、再び親への感謝の気持ちが表れます。年齢によって感謝の表現の仕方は異なりますが、いつもママに「ありがとう」という想いを心に秘めているのではないでしょうか。
29 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事