就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんに大きい音は悪影響なの?障害の可能性や泣くときの対応法

赤ちゃんに大きい音は悪影響なの?障害の可能性や泣くときの対応法

赤ちゃんへの音の影響について心配しているママはいませんか。大きな音は赤ちゃんの耳に悪影響があるのか、音に反応がなかったら障害があるのではと不安になりますよね。ここでは、そのような不安に対してお答えします。また、赤ちゃんが音に反応して泣くときの対処法などもご提案します。

大きい音は赤ちゃんを難聴にする危険がある

大きい音は赤ちゃんの耳に悪影響

コンサートなどの音楽イベントに行くと、音量を上げて会場を盛り上げていますよね。そういった場所に赤ちゃんを連れて行く場合、耳に悪影響がないのか心配するママもいるでしょう。

実際、大音量は人の耳にダメージを与えるそうです。これは音響外傷といわれる難聴で、繰り返すことで聴力が低下するのだとか。コンサート中は難聴に気付かなくても、終わった後に耳がぼーっとするようならダメージを受けたことになります。

軽症であれば自然に治癒しますが、ときには治療を必要とするケースもあります。赤ちゃんは大人よりも耳にダメージを受けやすいうえに、訴えることができないので気を付けなくてはなりません。大音量が予測されるイベントには赤ちゃんを連れて行くのを控えた方が安心でしょう。

難聴になると言葉の習得が遅れる

言葉の発達には、「聞く」と「話す」ことが大事だといわれています。言葉は耳から聞いて覚えるので、幼い頃から難聴になると言葉の習得が遅れてしまいます。

言葉の習得が遅れると、同じ年齢の子どもより話し始めるのが遅くなったり、言葉や文章をうまく使えなかったりします。さらに、お友だちとのコミュニケーションも難しくなってしまう恐れもあります。

ほかにも、難聴になることによって生活に支障が出てきます。話が聞こえないことや聞き返しが多いこと、外で車が近づいてきても気付かないようなこともあるかもしれません。

このような状況は子どもの心身に大きく負担がかかるので、できるだけ難聴にさせないように注意することが大切です。

イベント参加時は赤ちゃんの耳を守る工夫を

それではママが楽しみにしていたイベントを我慢すればよいのかというとそうではありません。それも選択の一つかもしれませんが、大変な育児中だからこそママのリフレッシュとして参加する選択があってもよいのではないでしょうか。

赤ちゃんを預ける先があれば安心ですが、そうもいかない場合は連れて行くことになります。イベントに参加するときは赤ちゃんの耳を守る工夫をしましょう。耳栓やイヤーマフなどで防音して、なるべく音響から離れた席を選びましょう。

また、コンサートによっては年齢制限がありますので事前に確認しておきましょう。大きな会場だと託児所が用意されている場合もありますので、利用するのもよいのではないでしょうか。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

大きい音がしても赤ちゃんが寝るのは障害?

大きな音がしても赤ちゃんは眠る

大きな音がしても眠っている赤ちゃんを見ると、耳が聞こえていないのかなと心配になるママもいるかもしれません。しかし、赤ちゃんは大きな音がしても起きない場合があります。

理由は、大きな音や騒がしい音など赤ちゃんにとって不快であるとき、そのような受け入れられない音を遮断して眠ることがあるからです。心地よい音は聞き、不快な音だけを自然と遮断することができる赤ちゃんの耳を「都合耳」と呼ぶこともあるそうです。

また、個人差によるところもあり、少しの物音にも敏感な子もいれば、賑やかな場所にいてもまったく起きない子もいます。第二子以降はよく眠るなどという意見もありますが、一概には当てはまらないようです。環境や体質も影響しているのかもしれませんね。

先天性難聴や自閉症の可能性も

新生児~生後2、3カ月頃は音に対して特に敏感なので、寝ていても音がすると手足がビクッと反応するそうです。しかし、先天性難聴や自閉症がある場合はそのような反応が見られないことがあります。

先天性難聴は音が聞こえないので、音に対して反応がないといった症状があります。大きな音を立てても反応がなかったり、音のする玩具にも興味を示さなかったりすれば可能性が出てきます。

自閉症は大きな音がしても驚いて泣くことが少ないようです。ぐっすり眠っていたり、音のする方を向かなかったりしないかよく観察しましょう。ただ、自閉症は音に対しての反応だけが判断の対象にはならないので、ほかの症状と合わせて見ていくことが大切です。

心配なときは専門機関に相談を

心配なときは専門機関に相談することをおすすめします。先天性難聴は小児1,000人につき最大3人という頻度であるといわれており、珍しくない病気です。気になる症状があれば、小児科などで早めに相談した方がよいでしょう。

発達障害の一つである自閉症の疑いがあるときは、市役所の福祉課や子ども課、市区町村の保健センターなどに相談をしてみましょう。保健センターには保健師や看護師、心理発達相談員などの専門の方がいるので、アドバイスをもらえるでしょう。

迷っているときはとにかく一度話を聞いてもらいましょう。話をすることで、ママひとりで抱えていた不安や悩みが解消されることもありますよ。早く診断することで、症状を早く改善することもできるといわれています。

赤ちゃんが大きな音で泣くときの対応は?

まずは抱っこして赤ちゃんに安心感を与える

赤ちゃんが大きな音に目を覚まして泣いたら、まずは抱っこして赤ちゃんをあやしましょう。赤ちゃんは泣くことでしか要求を訴えることができません。そのため、大きな音で不安を感じ泣いたときにあやしたりしてもらえると、赤ちゃんは安心することができます。

赤ちゃんはママに抱っこしてもらうことが大好きです。お腹の中にいるときはずっとママに守られていたので、ママに抱っこしてもらうと心地よく感じるのでしょう。抱っこによって安心感や信頼感を育むことができるのです。

ママは優しく声をかけたり、子守唄を歌ったりして赤ちゃんに安心感を与えましょう。外に連れ出して外気に触れさせたり、散歩やドライブをしたりしても効果が期待できますよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事