就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママになっても同窓会を楽しもう!子連れでの注意やおしゃれな服装

ママになっても同窓会を楽しもう!子連れでの注意やおしゃれな服装

子どもを出産しママになってからも、同窓会に行くことがありますよね。子どもを預けられないときは、同窓会に子連れで行ってもよいのか悩む方も多いでしょう。ここでは、ママになっても同窓会を楽しむためには、どのような準備をすればよいのかや、服装選びなどをご紹介します。

同窓会に子どもを連れて行くのはあり?

場所によってさまざま!でも控えたほうが吉

同窓会に誘われたとき、ママは子どもを連れて行かなければならない場合も多いですよね。しかし、同窓会が行われる場所によっては子どもを連れて行きにくいことも…。

同窓会がホテルの会場で行われることもありますよね。ホテルによっては子ども連れがNGなところもあるので、子どもを連れて行きたい場合はあらかじめ場所を確認してみましょう。

少人数の会は、居酒屋で開かれることもありますよね。居酒屋ではお酒はもちろん、タバコを吸う方もいるので、子どもがいると周りの方が遠慮して楽しめない可能性があります。レストランで開催する場合は比較的連れて行きやすいですが、なるべく子どもを連れて参加するのは控えたほうがよいかもしれませんね。

まずは幹事に確認を取ろう

同窓会に子どもを連れて行きたい場合、幹事に確認をとらずに連れて行くのはやめたほうがよいでしょう。会場によっては子ども連れが難しいところもありますし、「大人だけで懐かしい思い出話をしたい」と思っている方が多いと、子連れでの参加は難しいですよね。

返事をする前に、子どもを連れて行きたいことを幹事に伝えることが大切ですよ。幹事から子連れOKの返事がきたときは、子どもの食事代などをあらかじめ確認しておきましょう。

子どもが小さいと、大人と同じメニューの食事が食べられないこともありますよね。そのような場合は子どものメニューがあるのかや、食事の持ち込みをしてもよいのかなど、気になることは先に確認しておくと安心ですよ。

連れて行く場合はマナーを守って

幹事から子連れでの同窓会参加をOKされたとしても、マナーを守って参加することは大切です。子どもが同窓会で騒いだり、走り回ったりしないように見守りましょう。

久しぶりに友だちと会うと、ママもテンションが上がりますよね。友だちとの会話に夢中になって子どもから目を離してしまうかもしれません。しかし、同窓会は自分だけでなく、みんなが楽しむものです。ママが目を離したすきに、子どもが周りの方に迷惑をかけている可能性も考えられます。

同窓会中は楽しい時間をすごしたいでしょうが、子どもを放置しないように注意が必要です。子どもが途中でぐずったときは、1度外にでて気分転換するとよいでしょう。外にでても機嫌がなおらない場合は、帰宅することも考えておきましょう。

ママになってからの同窓会に着ていく服装

トレンド感ばっちりなパンツスタイル

ママになってから同窓会に呼ばれる方もいますよね。「子どもが生まれてからはおしゃれをすることが減ってしまい、どんな服装で行けばよいのか分からない」と、同窓会に着て行く服装に悩むママも多いでしょう。

子どもと一緒に同窓会に参加するときは動きやすい服装のほうが安心なので、パンツスタイルを選ぶ方もたくさんいますよね。パンツスタイルでもトレンドを意識して、おしゃれをして行きましょう。

同窓会は開催する場所によってコーデを選ぶことが大切です。ホテルやおしゃれなレストランで開催される場合は、大人っぽいセットアップコーデもおすすめですよ。レースブラウスとガウチョパンツの組み合せなど、女性らしさを意識したコーデに仕上げましょう。

産後の体型もカバーできるワンピース

「出産してから下半身が太った」「妊娠前の体型にまだ戻りきっていない」など、産後の体型に自信がないというママも多いですよね。産後の体型が気になる方は、体型カバーができるワンピーススタイルがおすすめですよ。

ワンピースは1枚で女性らしいコーデができるので、「最近の流行りが分からない」「コーデの仕方が難しい」という方でも安心して着られますよね。Aラインなどのふんわりしたワンピースを選ぶと、お腹周りの体型カバーができてよいですよ。

赤ちゃんと一緒に同窓会に参加するときは、授乳口がついているワンピースを着て行きましょう。赤ちゃんが途中で泣いたときも、授乳口があると授乳スペースやトイレなどですぐに授乳ができますよね。

出席する友だちに相談できればベスト

同窓会は久しぶりに会う友だちも多いので、子どもを連れてでも参加したいと思うママは多いでしょう。しかし、育児で忙しくておしゃれをする暇もない毎日をすごしていると、同窓会にどのような服装で行けばよいのか悩みますよね。

同窓会に着て行く服装は、出席する友だちに相談するのがよいでしょう。同窓会だからと張り切ってドレスアップして行ったのに、ほかの方が普段の服装で来ていると自分だけ浮いてしまいます。

同窓会での服装は決まりがないことがほとんどなので、服装選びに失敗して後悔することもあります。服装が浮いてしまうと、同窓会当日に気になって楽しめないことがあるかもしれませんよ。同窓会では記念に写真を撮ることも多いので、同窓会の雰囲気に馴染むコーデをしましょう。

同窓会はマナーを守って楽しもう!

張り切り過ぎず年齢相応のきれいを目指そう

同窓会で久しぶりに友だちと会えるとなると、「育児に疲れている感じをだしたくない」「キレイなママだと思ってもらいたい」などと思い、いつも以上におしゃれを頑張りますよね。しかし、同窓会だからと張り切って若作りのしすぎはNGです。

同窓会では張り切りすぎず自然体で、年相応のキレイな女性を目指して服装を決めましょう。「若く見せたい」と意識して、ショートパンツや露出が多い服装は、かえって品がない印象を与えてしまいます。

年齢にあった服装や髪型、メイクは自然な印象を与えるので、久しぶりに会う友だちも話しかけやすいかもしれませんね。外見を気にすることはよいことですが、同窓会当日に笑顔で楽しむことのほうが大切ですよ。

子どもや家庭の話ばかりにならないよう注意

同窓会では、久しぶりに会う友だちがほとんどではないでしょうか。学生のときの友だちは、普段よく会うママ友とは違い未婚の方もいますよね。

子どもや家庭の話ばかりにならないように、気を配りましょう。久しぶりに会う友だちとは、学生の頃の懐かしい話をしたいと思って来ている方も多いでしょう。そのような場所で子どものことやパパの職業の話など、家庭のことばかりを話してしまうと、雰囲気が悪くなる可能性があります。

結婚していない友だちからすると、子どもや家庭の話は自慢話に聞こえてしまうかもしれません。聞かれたときには答えてもよいですが、自分から進んで話すことは控えましょう。なるべく学生気分に戻って、みんなが楽しめる会話を意識するとよいですよ。

プライベートに踏み込み過ぎない配慮を

同窓会では懐かしい友だちと久しぶりに会えることもあり、普段は育児で忙しいママもテンションが上がってしまいますよね。しかし、同窓会での会話には、気をつけておきたいこともあります。

久しぶりに会う友だちと話すと、お互いに近況報告をすることもあるでしょう。そのようなときに、プライベートに踏み込みすぎないように注意することが必要ですよ。

たとえば、友だちに彼氏がいると分かったとき「結婚はしないの?」「子どもはほしくないの?」など、心のなかにズカズカと踏み込んだ質問は相手を傷つけてしまう可能性があります。相手はプライベートな話をしたくないと思っているかもしれないので、学生の頃の話など、共通の話題を話すとよいですよ。

まとめ

子どもを連れての同窓会は、「久しぶりに会うみんなに迷惑をかけないかな」「どんな服装で行けばいいのかな」など、参加すると決めたあとも、当日まで不安なこともあるでしょう。行きたい気持ちがあるときは「子どもがいるから無理」と決めつけず、幹事や友だちに相談してみるとよいですよ。

同窓会では子どもが周りの人に迷惑をかけないように配慮しながら、久しぶりに会う友だちと楽しみましょう。同窓会でよい思い出を残せるように、マナーを守りながら楽しめるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR